以下に収納


サンデー

【MAJOR 2nd】
急造のキャッチャーの難しさがうまいこと描かれてるなあ。キャッチャーマスク、あれをフィールドプレイの時に取るのって、視界が妨げられているからだけじゃなくて、激しく動くとズレるのか、知らなかった。
最終回、先輩は怪我で離脱。控えピッチャーはストライクが入らず満塁のピンチ。急遽、光が投手として登板することになるのだけれど、光の球って急造キャッチャーが捕球できるんだろうか……って、別に豪速球投げるわけじゃなかったっけか。


【天使とアクト!!】
あ行だけで会話してみせろ、というお題。なにこれ、と思ったけれどこれがまた面白い。あ、い、う、え、おの短い発音だけで、見事に感情を乗せて喋ってみせたアクト。長々と喋るよりも、雄弁に今の彼の心情が、それも奥底にあるようなそれまでにじみ出てきていて、面白かったなあ。


【BE BLUES!〜青になれ〜】
後半に入ってもセットプレイで為すすべなく失点。それでも慌てないミルコ監督。時間はまだある、と言っているけれど、アイコがつぶやいているように五点返せる時間があると思ってるんだろうか。それとも、爺ちゃんが思い描く成長が遂げれれば合格なんだろうか。


【だがしかし】
サヤちゃん、可愛いなあ。本作ではおそらく初めての、学校のシーン。夏休みの補習で一人残るココノツに、二人きりで勉強を教えるサヤ。別に二人きりでも緊張したりはしないのかー。凄くリラックスして二人きりを楽しんでいるサヤちゃんが可愛くてねえ……。


【絶対可憐チルドレン】
これはあかんやつやーー!! ああ、それで男の子側が女の子に調教されてるカップルは参考にならなかったのか。ユーリってそういえば百合魔神だったんか。あかんやん、薫よりも変態やん!! 薫の一番大切な人が狙われるだろう、という危惧から来ているだろうに、その狙われている人を守るための手段が目的になってるよ、ユーリちゃん!! 欲望が溢れ出してるよ!! あんまりと言えばあんまりな展開に、思いっきり爆笑してしまった。
いやでもこれ、紫穂にはヒュプノ通じないんじゃないの?


【トキワ来たれり!!】
意外とトキワは人の目は気にならないタイプなんだっけ。魔法のケーキ屋さんの店主らしい女性、あの特徴的な帽子は、ゼンバイザーさんの回想に出てきた仲間の一人のそれに似てる気がするなあ。あの帽子の形、前作のジークフリートに似ていたので、覚えていたんだけれど。


【湯神くんには友達がいない】
自分のお父さんの転勤を、クラスメイトに教えられるちひろ。しかも、よりにもよって湯神くんに。お父さん、ブログに書いてる暇があるなら、娘にちゃんと説明しておきなさいよっ! そりゃ怒るわ。
しかし湯神くん、一人で初詣行って、一人で屋台堪能するんだ。本気で楽しんでるしなあ。こいつのボッチスキルは凄いなあ。


【マギ】
真正面からダビデですか、とか訪ねてはいそうです、と答えるわけないじゃない。いや、シンドバッドははいそうです、と答えちゃってるのだけれど。でも、嘘と真実が交じり合ってるっぽいんだよなあ。多分、ダビデに乗っ取られているわけじゃないのは間違いないだろうけれど、影響がないはずもないだろうし。

マガジン

【FAIRY TAIL】
作戦ぶっちして、イキナリ本陣突入ですか。意外と狙い目な奇襲かもしれないけれど、ゼレフ一人じゃないんだからやっぱり無謀だわなあ。そういえば、ナツにはゼレフ対策の必殺技があるんだっけか。


【UQ HOLDER!】
ああ、コピーロボットだw 九郎丸の偽装ロボットのおかげで正体を疑われずに済んだ女の子九郎丸。別に刀太が好きでも構わないと思うんだけれど、九郎丸の結論は剣士としての相棒じゃなく女の子として傍に居たい、と思ってるのか。そりゃ、上手いこと行かないだろうさ。別に、女の子の剣士として好きな男の子の脇を守る、でよかろうに。


【ベイビーステップ】
あー、難波江くん、池くんに6−4/6−4で敗退かー。やはり今の段階では叶わなかったか。せめて1セットでも取れれば、というところだったのだけれど。
えーちゃんも、第一セットは文字通り太刀打ちできず、と言った具合で6−0のストレート。これは厳しいかー。


【ACMA:GAME】
伊達さん、ファッションはどんな場合でも胡散臭く、がモットーなのね(笑
さて、SOJIの公開処刑と相成るのか。それとも、伊達さんがちょっかいかけてくるのか。