このライトノベルがすごい! 2016

この書影、発売日になっても変わらないのか(苦笑

今年も協力者枠で参加させていただきました。今年に関しては例年に比べて取りこぼしが多くて、手を伸ばせる範囲を網羅してそこから選び抜いた、という手応えにいささか欠けた感があり、ちと悔いが残ってるんですよね。
せめて月30は最低限読んでおかないと。歳なのかなあ、仕事から帰ってから一冊読んで感想一つ、というペースがなかなか保てなくなりました。疲れて起きてらんないのよさ。
と、愚痴はともかくとして、今年も第一位は俺ガイル。これで三年連続ということで殿堂入りらしいんですけれど、殿堂入りってもうランキング除外ということですか。凄いなあ。
この作品、然るべき時に読むぜー、と6巻あたりから大事に置いておいたら然るべき時が来なくて
今まで最新刊まで読まずに積んじゃってるんですよね。完全にタイミングを逃してしまってるのです。読もう読もうと思うのですが、暇があって余裕があってガッツリ読みふけって浸れる時間を図ってたら、来ないんですよそんな時間(苦笑
同じように大事にしすぎて抱え込んじゃってるシリーズが他にもけっこうありまして、気合入れて読みたいと思う作品ほど積んじゃってるんですよね。【とある飛行士】シリーズなんか、そのままついに完結しちゃいましたよ、あわわっわ。
出た時にこそ読むべき、とわかってるんですけどねえ。あれもこれも、とどんどん積み本が溜まってきてしまっていて、今となってはどれから読んでいいものか途方に暮れてる次第です。
俺ガイル、結局アニメ第二期は内容知りたくないから一切見なかったもんなあ。

今年のランキング、やはり目立つのは新作部門の【エイルン・ラストコード】と【終末なにしてますか? 忙しいですか? 救ってもらっていいですか?】の2タイトルでしょう。【エイルン・ラストコード】に関しては完全に予想外で、この名前を見た時は驚きました。私、一巻しかまだ読んでないんですよね、これ。かなりハードな世界観で歯応えある内容だったのですが、これも読まないとなあ。
終末こと「すかすか」については、私も二位で投票していました。20位以内くらいは食い込むかなあ、と期待していたのですけれど、これも想像以上の位置で。
本作の打ち切り予定からの復活劇は、私も感激した口です。今まで、どれだけ打ち切りにしないでっ、と願っても覆った試しなんてなかったですからね。いつだって、続きを見ないまま去っていく名作、傑作を歯を食いしばって見送ってきたか。そんな中で、こうして打ち切りから蘇った作品の存在は、言わば希望の種。【魔法遣いに大切なこと】【echo 夜踊る羊たち】以来の枯野さんファンとして、本作の続きが読めることも然ることながら、こうして復活の前例が出来たことは嬉しい限りです。

さて、今回私が投票した作品は【異世界から帰ったら江戸なのである】【終末なにしてますか? 忙しいですか? 救ってもらっていいですか?】【はたらく魔王さま!】【ソードアート・オンライン オルタナティブ ガンゲイル・オンライン】【問題児たちが異世界から来るそうですよ?】でしたが、ガンゲイルとはたらく魔王さまがそれぞれ36位と41位。他はランク外。江戸はまあ個人的趣向に走りまくってたんですが、問題児はあれ発売時期的なのかな。

ランキングを見ていて、ふと感じたことなのですが今年猛威を奮っているなろう出身小説なのですが、意外なほどランキングには姿を見せてないんですよね。いや8位の「ダンまち」、11位に劣等生。ソードアートも含めれば上位にちゃんと顔を出しているといえるのですけれど、これらはもう数年前から既に地位を築いているタイトルばかり。明確に新顔と呼べるのは、【異世界食堂】くらいなんですよね。さり気なく、ランク外からにょきにょき上にあがってきている【薬屋のひとりごと】もありますけれど。あとは【Reゼロ】と【オーバーロード】くらいか。60位以内でわずかこれだけ、というのはちょっと意外な結果でしたね。

ともあれ、ランキングにあがっている中でも積んでいる作品がこれでもか、と散見されてあうあうとなってしまいました。エイルンは早く読まないとなあ。

コメントはガンゲイルで採用されてるの、一つ発見w