【ワンパンマン】
原作漫画の凄まじい作画ゆえに、アニメに求められる水準は尋常ではなかったはずで、生半可な代物では批判必至、という大変にハードルの高いアニメ化だったと思われるのだが、その求められた水準をほぼ十全、全話でクリアしてみせたのは、もう手放しで絶賛していいと思う。正直、地上波でやるレベルじゃなかったし。


【うたわれるもの 偽りの仮面】
2クールあるせいか、前半は波乱もなくひたすら平和な日常を描いてみせたのはまた大胆な構成だったなあ、思うのだけれどゲームもこんな感じだったんだろうか。全然、面白かったので文句も何もないのだけれど。
ただ、やっぱり前作に比べるとキャラに印象が残らない気がするんだけれど、これはあれかな、前作はゲーム先にプレイしていたからかもしれない。アニメだけ見てたら、こっちとおんなじような印象だったかもしれないので、そのへんはなんとも。
クオンは文句無しに可愛いです!


【俺がお嬢様学校に「庶民サンプル」としてゲッツされた件】
ツッコミ不在の恐怖、というものを存分に堪能させてもらった! 正直、あんまり期待していた作品ではなかったのだけれど、これが予想外に面白くってねえ。ただのハーレムラブコメ、というには所々に狂気めいたものを感じるはめに。それでいて、個々のキャラの感情の機微についてはわりと丁寧に描いているので、話の転がり方の狂いっぷりと相まって、変な味わいのある作品になってたんですよね。けっこうなダークホースでした。


【終物語】
このあたりから原作読んでないんだけれど、むしろ読んでないほうがシャフト演出を受け入れられた不思議。もうなんか、物語シリーズのシャフト演出は生理的にダメになってたんで、本作ももう見る気なかったのだけれど、たまたま別のことしながら「ながら見」してたら全然大丈夫だったので、結局シリーズ通して見てしまった次第。嗜好というのはわりと頻繁にかわるのかもしれない。


【牙狼 -紅蓮ノ月-】
これも2クールか。アニメ牙狼はねえ、前シリーズの「炎の刻印」があまりにも傑作すぎたので本作に対する目は厳しくなってる部分があると思うんだけれど、わりと普通には面白く仕上がってると思うんですよねえ。
何気に、登場する人物が平安時代の中でも渋いチョイスだなあ、と思う面々だったりするんですよねえ。なぜか、晴明の息子が信太丸とかいう謎の人物だったのが……。なぜ安倍吉平じゃあいかんのだw いや、吉平や吉昌が早世してたらマズいんでしょうけれど。


【ゆるゆり さん☆ハイ!】
【ご注文はうさぎですか??】
毎週の癒やしでした……。両方共、2シーズン、3シーズンに至ってかキャラの関係が熟成されて、掛け合いにも切れ味と安定感が増した感があって、前シーズンよりも随分面白かった気がします。定番のカップリングにとどまらず、組み合わせの妙も多岐に渡ってましたしねえ。チノちゃんは表情豊かになったなあ。
来季、この手のほのぼの癒し系枠が見当たらないんですが(涙


【K RETURN OF KINGS】
なにかとグダグダしていて退屈だった一期と違って、今回は人間関係もすっきりと整理されて定まってた上に緑のクランのわかりやすい目的に、青赤白のクランが一致協力して対抗する、というシンプルな構成が功を奏したのか、めざましく面白かったです。
八田ちゃんと猿比古の甘酸っぱい和解にドキドキときめいてしまったのは、我ながら相当に不覚でした(笑
男率の相当高い作品でしたけれど、健気なアンナとみんなのお姉ちゃんしてた淡島さん、そして出番少ないピンポイント登場ながら要所要所で存在感を見せてた菊理のお陰か、わりと女性分には不足していなかった気がします。しかし、淡島さん、最後青の王に平手打ちじゃなくてグーパンというのは……(笑
淡島さんに関しては出雲兄さんとのカップリングでいいのか。エンディングでもデートしてたみたいだし。エンディングというと、アンナとスクナの組み合わせは何気にツボかもしれない。
ちょっと「えー!?」と笑ってしまったのは、シロの依代になってた少年の扱いである。いや、この子目を覚ましたあとどうしたんだ!? 多分、ちゃんと元の生活には戻ったんだろうけれど、その後がまったく触れられてない扱いに吹いてしまった。いや、ラストで白米党にシロの中の人が本体のアドルフ・K・ヴァイスマンで復帰、が一番笑ったんだけれど。


【蒼穹のファフナー EXODUS】
……も、ものすごかった。最終話は相当に詰め込んでた圧縮っぷりだったのだけれど、ぶっちゃけEXODUSは最初からずっと凄まじい密度の濃さで無駄な描写らしい描写もなかったので、文句のつけようもないですよ。むしろ、よく収めた!!
特に後半入ってからは一話の中で希望と絶望がめまぐるしく交互に襲ってくるような、とてつもない密度だったもんなあ。泣いて喜んで絶望に喘いで希望に胸をなでおろして、が怒涛のように連続して押し寄せてくるんですぜ!? 圧巻過ぎて、30分の放映時間が消し飛んだかのような思いで毎週見てた。
しかしこれ、まだ終わってないですよね!? もう1シーズンとは言わないけれど、劇場版くらいは作れそうな最後だった。織姫が「芹ちゃん!」と叫んだところでもう色々と決壊してましたけれど。
美羽ちゃん、まだこの時点で四歳なんですよね。あのラストシーンの大人びた目、肉体年齢は10歳くらいにしても、あまりにも……。エメリーと弓子さん、親友と母親とあんな形で別れてしまったのだから、仕方ないのかもしれないけれど。この娘は、もう泣かないのかもしれないなあ。

……はあ、見終わってしばらく立ちますけれど、まだ何となく胸いっぱいです。十年来の再スタート。出来上がったファフナーは、間違いなく歴史に残る傑作でした。