当然のように、今年は終了しました、はい。
中山金杯でなんか返還金が出てたので、どうしたんだと思ったらベルーフが入場の時に大暴れしたみたいで。
放馬したあと馬場内じゃなくて、ウィナーズサークルに入っちゃったのか。けが人なくてよかったですけれど。
京都金杯も見事に粉砕。もう外枠はばっさり切り捨てていたんで、テイエムタイホーは頭になかったなあ。岩田騎手は今年もしばらく様子見した方がいいんだろうか。初日、勝ち鞍もあったし複勝圏内けっこう入れてたので、大丈夫だとは思うんだけれど。



BookWalkerの年越しキャンペーン。コイン使いきってやったぜー、と思ってたんですが、その購入した際のボーナスコインが即座に戻ってきていたのを失念していて、どうも年越し時にコインが残ってたみたいで……キャンペーンのコイン還元ゼロじゃないすか、これー。あうあう。


この年末年始、旧年アニメの終了から新年アニメのスタートまでしばらく間隔があくので、なんか時間があくなー。その間、作業を進めればいいのだけれど。



新年最初の電撃文庫。注目はこの二作品。

サムライ・オーヴァドライブ ―桜花の殺陣―】 九岡望(電撃文庫) Amazon
セブンサーガ 七つの大罪 赤き竜は憤怒に燃えて】 和泉弐式(電撃文庫) Amazon


【サムライ・オーヴァドライブ】の方は、先日見事に完結した近未来アクション巨編【エスケヱプ・スピヰド】の作者九岡望さんの新シリーズ。そして、もう一作は悪の組織の戦闘員を主人公にした隠れた傑作【VS!!―正義の味方を倒すには】の和泉弐式さんによる、ちょうど三年の沈黙を経ての復活作品。
【サムライ・オーヴァドライブ】の方はね、もう九岡さんの作品ということで、アクションの出来栄えとして燃えることを疑いもしていないんだけれど、それ以上にもう新作は出ないのかと諦め気味だった和泉さんの新作が読めるというのは、嬉しい。ほんと嬉しい。この新作2本は要注目、ということで。