面白かった! 凄く面白かった! ってか、大河ドラマを面白いと思ったのなんて何年ぶりだろう。それどころか、今まで見てきた大河ドラマ第一話の中で一番楽しみながら見てたかもしれない。
これまでずっと、歴史大河の皮を被ったホームドラマ(それも陳腐な)を見せ続けられた記憶しか無いNHK大河ドラマでしたが、今回は本当に「歴史」を感じさせてくれる、戦国という歴史の潮流の只中にある、というのを感じさせてくれる内容で、歴史好きとしては見てて楽しいのなんの。
最初の軍議で勝頼が座る背後にかけられた諏訪大明神の掛け軸にニヤニヤ。
穴山梅雪と真田昌幸が二人で武田を最後まで守ろうぞ、と誓い合ってる姿にニヤニヤ。
もう細かい部分に色々とネタが仕込まれ、歴史考証がなされ、先々への伏線が仕込まれ、と歴史モノとしてもドラマとしても骨太にしっかり作られてて、ほんと面白かった。

あの、武田勝頼の哀切に満ちた姿のなんと素晴らしいことよ。
滅び行く名家の悲哀を一身に背負いながら、その事実をしっかりと受け止めている勝頼のカッコいいことカッコいいこと。惚れ惚れしながら見てましたわ、勝頼には。
この勝頼の姿は、若き信繁に大きな印象を残したことは色んな描写からも明らかで、これがラストの大坂の陣に繋がっていくんだろうなあ。
この時点で、ちゃんと昌幸・信繁親子と嫡男の信幸の間に微妙な考え方の違いがあるのも描いているし。でも、その違いが感情のすれ違いや不仲には繋がっていってないことも伝わってくるんですよね。
大泉洋のお兄ちゃんも、凄く良かった。クソ真面目な性格っぽい信幸兄ちゃん、信繁に比べると知名度低いですけれど、様々なエピソード持ちですし、武将としても凄まじく、この後対北条戦や徳川戦での武功はかなりべらぼうなんですよねえ。

ちょっと驚いたのは、兄弟の姉である松さんの旦那である小山田茂誠。髭達磨で人の良さそうな雰囲気を見せていたこの人。主命により心ならずも勝頼を関で追い返す役目を負わされ、申し訳無さと悔しさに泣き崩れる名演を見せたこの人、見終わるまで知らなかったんですけれど、声優の高木渉さんなんですってね!
びっくりした。
いや、知らんと見ていて、髭達磨という見てくれのインパクトもありましたけれど、演技としてもドラマの中で存在感を見せてたんで、いいなあと思いながら見てたんですけれど、この人が高木さんだったのかー。出演するというのはちらっと聞いていたのですけれど、凄いいい役じゃないですか。
小山田茂誠って、たしか最後まで出番ある登場人物ですし。チョイ役じゃないぞ。

浅間山のシーンや、昌幸の表裏比興の者と呼ばれるに相応しい胡散臭さ、主人公の信繁の飄々としたとらえどころのなさ、と軽妙な場面も多くて、武田滅亡という重苦しい雰囲気の回にも関わらず、その哀切に胸打たれつつ、一方で意外と軽やかに見られたのも印象的でしたね。

今年の大河ドラマ「真田丸」は、本当に期待できそう。面白そう。真田丸はいいぞ!