松姉さんの行方不明イベントはいきなり何なのこれ!? と面食らったんですが、この話、史実かどうかはともかくとして、資料にはちゃんと載ってる話なんですね。知らんかった。
ぶっちゃけ、その後どういうシチュエーションで見つかったのかが気になるところですけれど。

信濃の方も混迷を深め、昌幸自身方針を決めきれずに右往左往。
ようやく本能寺の変の報が届いた滝川一益から呼び出しを食らった時も、上辺の言葉を並べるばかり。まあ、一益からは信用されませんよね、あれじゃあ。
お前が一番信用ならん、と言われてしまいますし。

しかし、一報が届いたあとも一益は結局身動きが取れないまま。北信濃では、早速国衆たちが反旗を翻して一揆を起こし、そこを統治していた森長可を追い払っちゃってるんですよね。
この時、出浦さんは実際に森長可が信濃から脱出するまで裏切ることなく先導と警護を行っていたようで、森長可から感謝されています。
逆に、森さんを追い立てた連中は、後年生き残った森家の末の弟の森忠政が領主として赴任してきた時に徹底的に報復されまくる、という顛末を辿るのですがw

面白いのは、戦国の世の生き方として、表裏比興とする者も居れば一方でこういう世だからこそ、信義を大切にするのが良い、とする人も居る。北条氏政、徳川家康、真田昌幸がコロコロと態度を変える方だとすれば、お兄ちゃんの真田信幸、本多忠勝、出浦昌相なんかは信義を重んじる方なんだけれど、出浦さんが信幸や忠勝とちょっと違うのは、あくまでそれを生き残る手段として見ているあたり、独立した国衆と家臣との違いなんかなあ。

そういえば、信幸は自分のこうした生き方を「父上から教わった」と言ってるんですよね。さて、これって言葉の通りの意味なのか、それとも反面教師としてなのか。それによって、捉える意味も変わってくるのですけれど。
今回もお兄ちゃんは、松姉さんを守れなかった信繁を「責めないでやってください!」と庇ってるくれるんですよね。毎回、ほんとこの人優しいなあ。