さて、大混乱の始まりである。これまでの大河だと、このあたりの混乱。天正壬午の乱なんて描かれなかったんだろうなあ、と思うと感慨深い。少なくとも、滝川一益なんてそれこそ一分位で信濃から去りました、で片付けられただろうし。

沼田城、岩櫃城を真田が奪還した、というのは実際の話なんだろうか。時間的には森長可らが撤退してくる前らへんに、沼田城で国衆による謀反で攻防戦があったみたいだけれど、その時は滝川軍が追っ払って上杉に逃げてったらしいのだが。
ドラマでは静観に徹した神流川の戦いですけれど、資料によってはちゃんと真田昌幸参戦してるっぽいんですよねえ。
神流川の戦いは、当初優勢に進めたものの、北条氏直率いる本隊と交戦するにあたって、兵力差三倍近くあったなかで、滝川一益率いる尾張衆は奮闘したものの、上州信州の国衆は日和見はじめて、結局衆寡敵せず滝川軍は敗走、という流れだった模様。
土壇場で、結局動いてくれなかったのねえ。

滝川一益って、かなりいい人として描かれてますけれど、実際本能寺の変のあとの対応見てると、かなり誠実な対応してるんですよね、戦国の人と思えないくらい。本能寺の変の事実を隠さず知らせて、人質も所領も返すよー、と皆に約束してたりして。
実際、神流川の戦いのあと、返してるみたいですし。

人質みんなぶっ殺した森長可とはえらい違いで。でも、あれは本能寺の変直後に早々追い出しにかかった北信濃の国衆の連中も大概なのですが。
あ、ちなみにその中心人物が今回最後らへんに出てた春日信達こと高坂昌元。武田家の四天王が一人高坂昌信の次男である。

別れの杯を酌み交わす滝川一益と昌幸。彼だけではなく、上州の国衆達と別れの宴を交わしたらしく、ここで国衆たちがさらに裏切って追い立てて来なかった、というのはそれだけ信頼を得ていたのか、国衆たちはその後のことを考えてそれどころではなかったのか。
でも、昌幸の娘と(お松さんじゃないよ)滝川一益の孫があとあと結婚し、大坂の陣の後も何かと真田家を助けてくれて、信繁の娘なんかも引き受けてくれたり、としてくれてるので、実は最後まで一益と昌幸あたりの関係は悪くなかったんじゃないかなあ、と思ってみたりもする。
この後の昌幸の立ち回りは、ほんとひでえもイイトコロな風見鶏なんだけれど。家康だけじゃなく、片っ端からこいつ信用ならねえ、と罵られたらしいし。
まあ今回の動き方みても、こいつだけは信用ならねえなあ、と思わされるような働きしかしてませんでしたからねえ、お父さん。
すでにこの段階でどれだけ滝川、北条、上杉にいい顔してみせただろうか。上杉に何回書状送ったか。弟派遣して、自分も赴いて、と。

しかし、あのきりのヘイトの集め方はなんなんだろう。無神経だし情もないしワガママで自意識過剰で頭悪くて、とわざとなんだろうけれど、ちゃんと意味合ってのことなんだろうか。
とてもじゃないけれど、信繁が好意抱く要素がかけらもないんですよねえ。ぶっちゃけ、かなり今の段階で本気で嫌われてますし。

ババ様奪還に失敗して、そのババさまに庇われて帰還することになり、落ち込む信繁。アニキに不器用に励ましてもらい、親父さんからは叱責を受けながらも、再度仕事を任すとまだ信頼してるぞ、と激励され。と、身内は優しいなあ。信尹の仕事を手伝え、と言われて飛び上がって喜ぶあたり、本当にこの叔父のこと好きで尊敬してるのね。
しかし、息子二人に対して二人で一つ、かー。一応、長男のことは正しく間違えが少ない、と評価してるのね、親父さん。ぶっちゃけ、この人自分の自己評価についてはどうなんだろう、と思うけれど。たまには間違う、ってたまにかー?