以下に収納



【背すじをピン!と〜鹿高競技ダンス部へようこそ〜】
リオ先輩は限界を感じていた。パートナーとの間に日々ひらいていく実力差から、彼女は目をそらせなかった。
そして選んだ決断が、ダンス競技からの引退だった。
どこかサッパリした様子のリオ先輩、それが彼女の本心かどうかはわからないけれど、結局最初から最後まで自分一人で決めちゃったのねえ。悩んでいたのかもわからないけれど、ともかく思っていたことを部長には相談しなかったわけだ。それをして、部長さん対話が足りなかったのは自分たちの方だったかなあ、と溜息をつくことに。
さてこの二人、ここから取り返しがつくものなのか。


【食戟のソーマ】
アリスがえりなのこと大好きなのはそりゃもう、えりな以外はみんなわかっていただろうけれど、こうやってはっきり言ってくれると、すっきりするなあ。
ガツンとアリスが一発あざみに食らわしてくれたのは、実に爽快だった。偉そうに出てきたからには、余裕があるのかと思ったら、悔しそうに影で爪噛んでいるあたり、本気で思い通りにいかなかったんだろう。
あの先輩、一発で首にされそうww
しかし、えりなは絶対戻ってくる、と余裕ぶってる薊氏だけれど、えりなの内面は彼の知らないところで更新サれ続けてるんですよねえ。結局、一度は戻って敵側になるのか、と思ってたんだけれど、今回のアリスの宣言を直接えりなに聞かせて、アリスが自分ともっと仲良くなりたい、と思ってくれていることを知らせるなど、丹念にえりなの心境に色々と積み重ねていっているのを見ると、意外と薊氏の目論見を正面からはねつけてくれそうで、ちょっと期待している。あの爪噛みは、薊氏の思う通りいってないというのを明示してくれましたし。



【ゆらぎ荘の幽奈さん】
うーん、マジでメインとなるヒロインや話の筋は絞ったほうがいいよ。ToLOVEるとかみたくやりたいんだろうけれど、ヒロインも話の筋立てもこのままだと中途半端で印象残らないんじゃないかな。今回の忍者の娘だってわるくないんだけれど、このエロ前提の展開がなあ。エッチい話前提ってのは全然いいんだけれど、話の持って行き方が……。



【銀魂】
母ちゃん、星に戻れば治るのかと思ったらもう今さら戻ってもダメだったのか。そりゃもう仕方ないけれど、だったら親父、ちゃんと一緒に居てやれよー。
結局、まわりまわって神威も親父とおんなじようなことを結論づけてしまっているあたり、男共は救いがたい。
そりゃ、神楽もひねくれるわ。