源三郎兄上の、大名じゃない父上三連発に昌幸パパキレる! いや、そりゃ怒るよ、しつこいよ!!

てっきり、行ったっきり帰ってこないと思っていた信繁、ちゃんと上杉家に人質として戻ったのか。あの見送られ方、完全に帰ってくるといったな、あれは嘘だ! の流れだと思ったのにw

奥さんの梅ちゃんを亡くしたことを慰めてくれる景勝さまが優しくて優しくて。なんという慈愛の人。大天使と言われるのも無理カラン。でも、いつでも上田に戻っていいんだぞ、ってそれもう人質じゃないよ? 隣で兼続が呆れてらっしゃるぞ。

んで、景勝さま、賤ヶ岳の戦いに勝利して上方を握りついに各国に我に降りゃあ、と脅しかけてきたのに応じて、上洛することに。自分は会うけど、秀吉なんかに屈しない、屈しないからね! と言い張る景勝さまだけど、見え張ってるのがあからさますぎて、すぐに兼続が信繁追いかけてきて、御屋形さまいたわってあげてよ、と頼んでくるくらいの状態で、不憫じゃー。

そして、いざ大坂へ向かおうとした上杉一行の前にしれっと現れるきりちゃん……あんたー、前回梅ちゃんの亡骸を前に、この娘は自分が育てる! と誓ってたじゃないかっ!! 
あっさり……ではないんだろうけれど、育児ノイローゼにかかり娘のすえちゃんは結局伯父の堀田作兵衛預かりに。で、自分は信繁にくっついてくるとか。それで信繁が相変わらず嫌がってるのがわらた。そろそろ打ち解けてくるころかと、最近の雰囲気的に思ってたら全然そんなことなかったしw 
信繁本当に嫌なのねww
一方、信繁から離れ国元に戻ることになった矢沢三十郎がきりちゃんを見る目が、完全に嫉妬の鬼だったんですが。目が怖えよ、三十郎!!

まそれはともかく、今回の見どころはやはり一番の目玉となる石田治部少輔三成の登場である。石田役は山本耕史さんかー。図らずも、大河新選組で土方歳三と山南敬助を演じた堺さんの二人がこうして揃うのか。
ともあれ石田ですよ、石田。
人好きする信繁が、人を不快にするなにかを持っている! と言わしめるほど、他人をどこかイラッとさせる振る舞いや言動が目につく一方で、決してそれらは悪意からくるものや人を見下しているわけではない、という内実が、けっこう親切にあれこれしてくれていることからも窺い知れるんですよね。
信繁だけ別の宿を用意する、と言ってきた時はてっきりあばら屋でも連れてかれるのかと思ったら、空いているところがないからとわざわざ信繁を自分の邸宅に泊めてあげたりとか。
三成、なるほどこれは死ぬほど誤解されやすいわー。真意が実にわかりにくい上に杓子定規で、あまり他人の気持ちを慮らない。そりゃ、カチンと来る人続出だわなー。でも、三成当人はなんで反発されるのか、さっぱり理解してないわけだ。
一方で、なんでか初対面で恐ろしく好印象を抱いている直江兼続さんww なんであんな対応であんな好評価なんだよ! シンパシー感じすぎ!!(爆笑

これは思わずハートをがっちり掴まれてしまった人も多いんでしょうけれど、加藤清正と石田三成がこの頃はまだ仲が良かった、というのを匂わすシーンが。
どうも、頻繁に石田宅に押しかけてきて飲み倒して愚痴りまくった挙句に寝入ってしまうらしい加藤清正と、そんな清正にうんざりしながらも毎回ちゃんと付き合ってあげて、寝入ってしまったあとの彼の面倒まで見てあげる三成、という構図がまた……素晴らしい!!

大坂城で遭遇した、まだ無邪気な頃の茶々もそうだけれど、家康みたいに一般的なイメージと少し異なる、でも現状の歴史研究に沿った感じのキャラの造形が見られそうで、期待してしまうなあ。

そうそう、家康側にも大事件勃発である。石川数正の出奔、この時期だったんですよねえ。石川数正と言えば、秀吉との折衝、取次を行っていたことからもわかりように徳川方の大重臣。それも外交を任せられるほど、文治にも長けた、脳筋揃いの三河モノの中でも特筆すべき人材で、何より家康とは人質生活にも付き合った幼なじみ。筆頭家老、と言ってもいいくらいだったのかな、これ?
そりゃあ、家康も狂乱します。あの冷静沈着な本多正信が、あれだけ取り乱して慌てふためいていた、という姿だけで事態の深刻さが伺えるかと。
この事件については、未だに確かな理由がわからないんですよね。色々な説が出ているものの、どれも確たるものではなく、謎に包まれている。
この真田丸では、立場的にハシゴを外され家臣の中でも孤立感を深めていたところを真田信尹に唆された、という体をとっていたけれど、数正本人もなんで裏切っちゃったかなあ、と頭抱えていたあたり、やっぱりよくわからない事件ではある。
そして、しれっと代わりに徳川の家臣に取り立てられている信尹叔父。この人の有能感、パないよなあ。ぶっちゃけ、昌幸じゃなくてこの信尹叔父が真田の家督をついでも梟雄真田家として名を馳せそう。まあ、このやたらカッコいい叔父御も、歴史の闇に消えていくこと無く、きっちり家を残すのですが。

徳川を出奔したことを後悔しまくっている数正が、何の因果か信繁の滞在を知って面会を要求。若造を呼び出してなにをするのかと思ったら、恨み言をぶつけてきて……って八つ当たりじゃん!
それに対して、裏切っちゃったもんは仕方ないですよ、ってけっこう身も蓋もないことを言ってしまう源次郎くん。
梅ちゃんをなくして、ずっと覇気を取り戻せず、ニコニコ笑顔は変わらないもののどこか元気がなかった信繁だけれど、数正を励ますことで自分もなんとか前に進んでいこうという気力を取り戻したのか。
わりと酷いこと言われながら、何となく頑張ろうという気になって、信繁に酒を注ぐ数正さんが、この人根っからチョロかったんじゃなかろうか、という疑惑が。

そして、さあついに第二部の目玉というべき人物、豊臣秀吉の登場ですよ。
小日向秀吉、予告でも見せたシーンがラストで来たかー。すげえ、一発でなんか色々持ってったぞ!?