ひえぇぇぇ。こわい、大坂城がブラックすぎる。なにこの一歩間違えばデッドエンド空間。それも、最大の死亡フラグはどれだけ逃げようとしても向こうから寄ってくる、という。

しかし、あれだけ前回幸せな光景を見せていた秀吉一族や大坂城の内部が、これだけ闇に覆われていたと見せつける構成がまたエグいなあ。秀吉だけじゃないじゃん! みんなダークサイドに足突っ込んでんじゃん!!

初っ端から、上杉主従から一言もなく置き去りにされて呆然とする源次郎からはじまるという酷さ。結局、景勝さまも源次郎に合わす顔がなかった、ということなのか。それを笑顔で源次郎に告げる秀吉がまた黒すぎるんだけれど。
そして、前回茶々姫が色目つかっていた青年・立花権三が今回すでにこの世のものではなかったことが発覚。彼の後釜で源次郎、馬廻の黄母衣衆に加わることになったのだけれど……。
まさか、これほど迅速に抹殺されているとは。それも、まさかの加藤清正の手によって。これ、後々清正は自分が勝手にやったことだ、と噂を肯定しちゃってるんだけれど、まさか本当に勝手にやったはずもなく、秀吉は明言せずに匂わすカタチで促したんだろうなあ、というのが想像つく。清正の忠誠心の狂気もそうなんだけれど、子飼いの身内にそういう処理やらせる秀吉の悪辣さがなあ。
この辺、同じ忠誠の士であっても、清正と違って本多忠勝の方は、非常に面倒くさい人間だけれど主君への諫言などは厭わないんだろうなあ、と思いを馳せてしまう。

しかし、馬廻りの直属の上司が、あの平野長泰とはw その筋では賤ヶ岳の七本槍で唯一大名になれなかった男、としてある意味糟屋とか脇坂安治なんかより有名なあの平野さんである。
まー、これじゃあ大名は無理だよなあ、と思わせるダメっぽい頼りにならなさそうな上司感がまたなんとも素晴らしいw でも、この人もあれやこれやで後々まで源次郎に関係ある歴史イベントに参加し続ける人でもあるので、もしかしたら長い付き合いになるのか?

茶頭、もしくは前回のように秀吉の相談役としての役割で描かれることの多い千利休だけれど、今回石田三成が語っていたように、堺の商人としても大いに活躍していて、茶道宗匠としての立場や権威も利用して大いに儲けまくってたんですよね。そのへんを、サラッと異国の珍品を山程揃えて秀吉に買わせるなどして見せてるわけで、後々の千利休の処分の遠因がここに垣間見えてくる。
謎とされている千利休の切腹理由だけれど、彼が金貸しとして各地の大名に多大な貸付をしていたこともその一因じゃないか、なんて囁かれてるのですけれど、この金融問題には羽柴秀長も大きく絡み、さらには秀次にも引き継がれてたんじゃないか、なんて話もあるので、想像の闇は広がるのである。
秀長が早世せずに長生きしていたら、なんてIFはよく語られますし、この真田丸でも秀長さん、闇多き成り上がりの豊臣一門の中でも自分たちの有様を客観的に見ている良心の人として描かれていますけれど、だからこそ病没せずに長生きしても、秀次みたいに排除されていた可能性も、なきにしもあらず、なんだよなあ。
ちなみにこの秀長、作中でも源次郎が大和宰相殿なんて呼んでますけれど、非常に評判の良い人物として知られていますけれど、金に汚く派手好きで結構無茶苦茶やらかしてて、そうそう万民から慕われていた人だったかというと、怪しい部分もあったとかなんとかw

異国伝来の帯を、秀次の見立てで利休から購入する秀吉。センスの良さは、秀次の方が圧倒的に上なのね。それはもう周知の事実なのに、誰が見立てたかお寧さまに見抜かれたとき、参りましたなあとカラカラ笑ってみせた秀次に対して、認めようとせずに怒りを露わにした秀吉の姿が、今回一番印象に残ったシーンだったかも。
本来、秀吉のイメージ、信長麾下で活躍していたころの秀吉のイメージというのは、むしろこの秀次の方なんですよね。実際はどうだったのか。少なくとも、権力の頂点に立った今となっては、秀吉はこんな事ですら笑って流せず、恥をかいたと怒りを隠さない、自らの情けない部分、劣ったところを気心のしれた女房にすら見せることを許さない。狭量、嫉妬心、猜疑心、劣等感、こういったものがグツグツと煮こまれているようじゃあないですか。
こんな秀吉に、孫七郎秀次、まったく危機感を抱いてないんですよね。自分がどれだけ危ない橋を渡っているか、自分が使えている伯父さんがどれだけ恐ろしい人か、この呑気な人は全然感じていないのだ。
なんて危うい。いい人なんだけど。善良な若者なんだけれど。善良というだけで、この真田丸では死亡フラグなのだよ!

件の帯、お寧さまに与えたものよりも茶々さまに与えたものの方が派手なのはご愛嬌。

その茶々さまも、天真爛漫さが怖くなってきた。色目をつかっていた立花が死んだ、と聞かされても全く悲しむ様子も動じる様子もなく、次の興味は源次郎に移っていてガンガンと距離を詰めてくる。
そのあっけらかんとした様子は不気味ですらあったのだけれど、大蔵卿局が鋭く言い放った、茶々様は哀しむことをやめてしまったのです、という一言がこれまでの彼女の壮絶な人生を思い出さされて言葉を失う。
彼女もまた、壊れているのか。

しかし、徳川の真田攻めが秀吉によって容認されてしまい、真田滅亡が確実となった時、それを止めることが出来ずに焦りのまま大坂城を彷徨い歩く源次郎が、最後に遭遇したのが茶々だった、というのは、なんかすごかったなあ。
茶々に近づけば、嫉妬した秀吉によって謀殺される。こちらから近づこうとしなくても、馬廻りとして秀吉に従ったら自然と茶々と顔を合わせてしまうし、なんとか接触を避けても向こうから呼び出してきて親しくしようとする始末。必死に、マジで必死にそんな死亡フラグから逃げ回っていた源次郎にとって、その死亡フラグそのものがお家のための起死回生の切り札、となり得るのか。なってしまうのか。

彼女との縁が、大坂の陣まで続くのを思うと、これもまた奇縁というか、とても豊臣にいい印象など持ちそうもない体験をし続けている源次郎が、最後に大坂に入場したのかを想像させる、このラストシーンだったなあ。


あと、引っ張り続けてたら上杉にまで裏切られて、秀吉が想像していたどころの存在ではなく、上杉にも徳川にも上から命令を下せる、戦するにも許可を与えるまでは動くのを掣肘できるような巨大な存在であることに気づいた時にはにっちもさっちもいかなくなってしまっていた昌幸パパ、ざまあw
そして、前回あれだけ父上は源次郎ばっかり、と拗ねていた信幸兄ちゃん。どうしよう、とパパに相談されたのに兄ちゃんも結局、源次郎頼りじゃん!!w

B01EIYE8CE【Amazon.co.jp限定】真田丸 完全版 第壱集(「真田丸」扇子付) [Blu-ray]
ポニーキャニオン 2016-07-20

by G-Tools