早速、対北条戦がはじまるのかと思ったら、戦端って違う意味だったのか。


家康、わざわざ自ら出向いて北条氏政と対談し、上洛して秀吉に頭を下げて生き残れ、と説得。家康さん、本心から北条には滅んでほしくない、と思ってるのか。何の益もないどころか、徳川家の利益を思えば北条家には滅んでもらった方がいいにも関わらず。
そんな主君に眉をひそめるのではなく、だからこそ仕え甲斐がある、と目をうるませる本多正信がすごい好き。この正信は謀臣というよりも本当に側近というか、心の通じた家臣という感じですごい好き。
武田家が滅んだ時も、あれだけひどい目に合わされたにも関わらず、全然嬉しくないっ、と言ってたけれど、家康公は他家が滅びるのを好まない人なんだなあ(どうでもいい小規模な国衆は除く)。
この様子だと、豊臣家の滅亡も家康が率先して滅ぼしに掛かったのではなく、家康当人は滅ぼすつもりなかったのに大坂方の暴走や徳川秀忠の主導で大坂の陣に転がっていった、という筋になるのかも。

家康の説得、ある程度は聞いたんでしょうね。これまで大坂からの上洛命令を一顧だにしなかった氏政ですけれど、家康の言葉にはかなり考え込んでいたようですし、この後条件をつけたとはいえ上洛して秀吉に拝謁するむきを伝えてきたわけですし。
もっとも、その条件こそが「沼田よこせ」というもので、沼田問題の再燃である。
戦を起こしたくない石田治部たちは、それで事が収まるなら、と受け入れる方針。勿論、真田としては沼田だけは受け入れられない。源次郎も頑としてはねつけるものの、あの石田治部が懇願、という形で親父殿を説得してくれ、と頼み込むくらいだから本気でこの落とし所で事を収めようとしていたのがわかる。
とはいえ、昌幸パパが言うこと聞くはずもなく。
すごすごと戻ってきた源次郎に、「ふん、最初から期待してなかった」と言っちゃう石田治部、最初の頃だったら、じゃあ最初から説得なんてやらすなよ嫌味な奴だなあ。と思うところだけれど、今となっては、ああ源次郎が責任を感じて気に病まないように気を遣ってくれたんだなあ、とわかるようになってきてしまったw


大坂では、秀吉に北条攻めを進める千利休と、大戦を避けようと尽力する石田三成、大谷刑部という奉行衆という構図が。千利休、あれは秀吉に耳障りの良い事ばかり進言する奸臣、というスタイルというよりも、堺の豪商・田中与四郎の顔を前面に出していた、と見た方がいいのかも。
北条との大戦ともなると、商人としては大いに儲けどころですし、金貸しとしても動員される大名に貸付して儲けられるし。

秀吉が北条攻めを性急に進めようとするの、どうやら「お捨て」が生まれたことによって急いで天下を平定して、生まれてきた子に苦労させまい、とする親心、という所なのか。それにしては、焦っているようにすら見える余裕のなさである。それだけ、捨てを溺愛している様子が今回だけでも随所に見受けられたのだけれど、この溺愛、執着が瓦解した時が本当に怖い。最初の子の時でこれだもんなあ。
世間では、秀吉に実子が生まれたことで後継者とされていた甥の秀次が不満を抱いている、と見られているようで、徳川家康と正信も秀次の後継者問題に豊臣家の凋落の予感を感じている。
のだけれど、当の秀次は全然そんな気ないんですよね。むしろ、天下を継ぐ器ではないと自覚していて、そこから外れたことにホットすらしている。そして、お捨が成人するまでは自分みたいな不出来でも頑張って踏ん張って天下を保って、ちゃんと渡してあげないと、と気合を入れなおしてすらいる。ほんと、いい人過ぎて、泣けてきた。今から泣けてきた。
子供生まれて喜んでる秀吉を遠くから見ていて、秀次くんなんか寂しそうなんですよねえ。あれは、安堵とともに自分では尊敬して敬愛する伯父にあんな顔をさせてあげられなかった、と自分の不甲斐なさをかみしめているのか、なんか胸を打つ表情だったんですよねえ。優しい、いい人なんだよなあ。
史実の秀次は、小牧・長久手の戦いでの不始末が取り上げられて無能のレッテルが貼られがちだけれど、あの頃ってまだ十代。その後、各戦いでは武功をあげてますし、大領の統治でも瑕疵なくしっかりつとめていましたし、決して無能じゃないどころか、秀吉の一族の中では秀長に継ぐ確かな実力の持ち主だったんじゃないだろうか、と思う所。
いずれにしても、今から憂鬱ですよ、この愛すべき甥っ子のことを思うと。

ほんと、暗澹たる大坂や天下の情勢からすると、ゴリゴリSAN値が削られている信幸兄様の家庭内事情とか、平和だなー、とすら思えてしまう(苦笑
毎週のように襲来する舅・本多忠勝。なんで駿河か信州上田までそんな毎週来れるんだよ! 暇なのか、この義父殿はw あんたの主君、わりと忙しく大坂や伊豆やとあっちこっち行って働いてまわってるのにw
体調を崩して伏せるおとり婆様、あの真田を体現したような女傑も、そろそろこの時期なんだっけか、亡くなるのって。家族みんなで心配そうに世話を焼くなかで、稲姫はこの場にいないんですよね。それが、まだ彼女が真田家という家族の一員ではないことがわかってしまう。
一方で、なんか元気ハツラツになってきているおこうさん。病弱キャラはどうしたんだ、本当にw この人、初登場の段階で、ああすぐに病気で死んじゃうんだなあ、とみんな思っただろうに。どうしてこうなったw
でも、このおこうさんもおとり婆様からすると、源次郎や源三郎と同じ孫なんですよね。長男の娘なわけですし。そりゃ、可愛いだろうなあ。

真田家の京屋敷、昌幸パパが自慢気に隠し扉も作ったぞ、と言っているのを実に胡乱げに見ている信幸兄ちゃんに、隠し扉とか要らないので作りませんでしたー、とあっけらかんと報告する信繁くん(笑
なんか、大坂での沼田問題の解決は、北条・真田、そして関係者兼見届け役として徳川の三者が関白の門前で討議して、話し合いで解決する、という形に。槍を合わせての戦ではなく、言葉による戦、という意味での戦端、というタイトルだったのか。石田治部たちからすると、これからの戦はこれだ、という意気なんだろうけれど、なぜ「逆転裁判!」な感じになってるんだ!?(笑
しかし、昌幸パパ。せっかく、北条も徳川も名代を出してきて当人出席してこないんだから、自分が出ればまず心証は良いだろうし、名代なんかきりきり舞いに蹴散らせるだろうに、チャンスをのがしてもったいない。
と、思ってはみたんだけれど……でも、昌幸パパってしれっと嘘をつくのは得意だけれど、そう言えばあんまり論理的に喋ったり、相手を説得したりするのって見たことがなかったような。裏でコソコソ暗躍するのはともかく、面と向かって相手を説き伏せたり、説得力のある言葉で翻弄したり、って実は出来ないんじゃないのか!? そう言えば、初っ端から武田勝頼公の説得にも失敗してたし!!
源次郎に丸投げしたのも、意地とかだけじゃなく、その辺の自覚あったんじゃなかろうか。ぶっちゃけ、昌幸パパって大坂来てから公式の場では「ボェェェェ」としか唸ってるだけだったし。秀吉に対しても気の利いたセリフとか全然言えてなかったしw