前略、英雄候補は強くなるためにセンセイと××します。 (MF文庫J)

【前略、英雄候補は強くなるためにセンセイと××します。】 葉村哲/ たかしな浅妃 MF文庫J

Amazon
Kindle B☆W

七十年に一度、一人の英雄と六の霊魔が世界の命運を賭して闘争する霊魔大戦。だが、12度目の霊魔大戦からたった7年で霊魔が復活。しかし英雄側に現れたのは、力を持たぬ不完全な2人の英雄候補だった。英雄候補の1人、心を凍らせた剣士アリスは自らの強さの探究から、かつて六の霊魔を封じた元英雄グレイブに教えを請うが――
「私は剣士です。××の相手など誰でも構いません。強さのために魂でも売りましょ
う」
彼女が選んだ方法は常人の想像を超えるもので――
「グレイブ先生、××とは難しいものなのですね」
「…………そうだね」
先生(元英雄)×少女(英雄候補)の世界救済ラブコメディ始まるっ!
ああ、やっぱりだ。ポンコツラブコメを演じつつ、その裏側では濃密な終末譚が淡々と繰り広げられている。世界を救うためと嘯きながら、その実最も破滅と退廃を内包しているのはむしろ主人公サイド、というのはお馴染みの葉村哲ワールドだ。
おちゃらけふざけきった軽薄な態度で昼行灯を気取りながら、元英雄であるグレイブは新たに誕生した欠陥品の二人の英雄候補を鍛え上げ、本物の英雄に仕立てあげる仕事を任されたものの、何をしているかというと彼女たちにセクハラしながらキャッキャウフフするばかり。これで一応、ちゃんと彼女たちの英雄として欠けてしまった部分を埋めるために必要なあれこれ、なんだけれど。スチャラカで真剣さを全力投擲してしまっているグレイブと、世間を知らず常識を知らずひたすらマイウェイをテクテク進んでいるポンコツヒロインのアリスとのラブコメの掛け合いは、テンション高く突っ込んだりボケたりして賑やかすエミリアも相まって、どっかズレていてこれはこれで実に楽しい。
かつてバケモノだった生き物が、今バケモノと呼ばれバケモノとして扱われバケモノとして生きている人の域を超えた天才を、バケモノとして誰もが、自分すらもが思って疑いもしなくなってしまった少女たちを、そうして人間へと戻していく。ただの、女の子へと引き戻していくのだ。
世界を救う英雄は、バケモノなんかではなくただの女の子でなければいけないのだ、と言わんばかりにして。

そうして、彼女たちの凍った心が溶けていく。彼女たちは、ただの恋する女の子に戻っていく。使命でも義務でも正義でもなく、ただ恋する想いが世界を救うのだ。
恋する女の子はそれほどに強い。世界なんて、滅びから救ってしまうほどに恋の力は、パワー・オブ・ラブは容易に少女を最強に仕立てあげる。

それが表。正なる方向。あるべき形。素敵な有様。

そうして……勿論、当然のごとく、そうあからさまなほど堂々と、表裏は反転する。
恋の力は最強であり、だがしかしそれは正義でもなく世界を救う使命を帯びているわけでもなく救済の義務を負っているわけでもない。
その対象は世界ではない。たった一人の愛する人だ。
だから、容易に反転する。
恋は呪い。愛は憎悪。それが喪われた時、その最強は簡単簡潔に向けるべき方向を逆巻ける。恋は盲目、恋は呪詛。これほど、人を破滅させ滅ぼし絶望に突き落とす想いがどこにあるだろう。幸福は、喪われて失墜する。恋すれば恋しているほど、人はそれに耐えられない。あらゆるすべてが根こそぎに削り落とされる。
破滅である。滅びである。それか、世界を救うに十分な強さであり、同時に滅ぼすに足る最強だ。

いつかその事実を突きつけられた時、自分たちの恋の現実を知った時、恋する少女たちはどんな答えを導き出すのか。
彼女たちは恋をしている。世界を終末から救うためではなく、世界を滅びから救うためではなく、ただ恋をしている。
もろともに、破滅するのもまた幸福の形であると、彼女たちはいずれ知るのだろう。甘い甘い誘惑であると、彼女たちは思い知るだろう。果たして、彼女たちはそれを甘受するのだろうか。それとも、愛するがゆえに殺して永遠に至るのか。そんなハッピーエンドを彼女たちは受け入れるのだろうか。
どうにも、彼女たちが亡霊を否定する姿が思い浮かばない。その在り方を拒絶する様子があまり思い描けない。その上で世界を滅ぼすか、殺し愛うのか。
それでも、受け入れた上で覆す物語を眺めてきた。閉ざされた運命に逆らわず、乗り越えていった物語を見てきたのだ。破滅を求め恋い焦がれた末に行き着くところまで行き着いた物語も目の当たりにした。
作者の描く、破滅の物語はいつだって儚く切なく狂気を孕んでいながら、優しい。
本作も、正しくその系譜を引き継いでいる。どんな形の破滅の終端を迎えるのか、ラブコメられながら見守りたい。

にしても、このアリシエル。アリスってクーデレをさらに煮詰めたような、チョロ系超肉食型小悪魔式クーデレ、という凄まじい属性持ちなんですなあ。恋を知らぬ世間知らずの天然無感情少女でありながら、防御を知らぬが如く、黙々と攻めて攻めて攻め倒し、折々に触れて男心を弄ぶ言動を絶やさない淡々とした積極性は、威力満点すぎてちょっとたまらん。

葉村哲作品感想