以下に収納


【食戟のソーマ】
え、その鮭どこから持ってきたの!? 冷凍モノとして、指導教官の回収から逃れていた、ということなのか。
ぶっちゃけ、ソーマにアリスにリョーくんに田所ちゃんに吉野の五人が揃ってこのくらいの料理、というのはいささか不満ではあるんですけどね。折角五人居るんだからそれぞれの得意分野を駆使しまくったオールスターな料理を見てみたかった、というところもあり。
しかし、美味しいものに関しては美味しいと正直に受け止めて合格させてしまうあたり、料理関係者としての最低限の矜持は捨ててないんだなあ、理事長派も。


【銀魂】
さらば、兄弟子。
相容れずにすれ違い続け、相まみえることなくここまで来てしまった最初の松陽の弟子と、松下村塾の子供たち。一つ噛みあいが違ったら、もう一人兄弟が、長兄ともいうべき人が増えていたかもしれない無かった未来を、遠くに眇める。
それでも、こうして出会えたのだ。相まみえたのだ。ならば、それもまた一つの幸いの終わりなのだろう。


【背すじをピン!と〜鹿高競技ダンス部へようこそ〜】
おお、良かった良かったよリオ先輩。今までずっと見たいと思っていた、女性側の魅力を引き立たせる実に色っぽくて優雅で激しさの中にしっとりとしたものを感じさせるダンスだった。
一方で、恵ちゃんは素人の花園くんをずっとリードしていたのもあってか、完全に体力を消耗。ここまでか、という空気の中で相方の花園くん。恵ちゃんにリードされているのを自分の実力と勘違いしちゃって調子に乗りそうで何気に乗らずに恵ちゃんの手綱を振り切って暴走しなかった花園くん。
ここで、諦めモードの恵ちゃんを激励してみせたのは、イメージを覆す良さだった。アイドルになったとはいえ、たくさんいる『代官山83』のメンバーの目立たない一人にすぎなかった恵ちゃん。ある意味堅実な手を打ち続ける彼女だけれど、それって小さくまとまってしまっている、とも言えるんですよね。それを指摘して、なおかつアイドルとして自信を持てていなかった彼女の気づいていない良さを本心から伝えるあたり、この子根っからのイケメンだわー。これ本物のイケメンだわーw