ロクでなし魔術講師と禁忌教典 (6) (ファンタジア文庫)

【ロクでなし魔術講師と禁忌教典(アカシックレコード)6】 羊太郎/三嶋くろね 富士見ファンタジア文庫

Amazon
Kindle B☆W

講師として頑張ることを決意した矢先の解雇宣告。クビを回避するには自腹での古代遺跡の調査が必要で―金欠のグレンが思いついた手段は…生徒を利用するという相変わらずロクでもない方法で!?天使ルミアの厚意で生徒たちの協力を得られたグレンだったが…なぜかセリカも同行することに!?遺跡に眠る世界の深淵に触れた時、家族の絆が試される!!
グレン先生って大概大人げないというか性根がガキというか、この普通にロクデナシなのはそろそろ何とかした方がいいんじゃなかろうか。その意味では講師という真っ当な職につくことで真人間としての再教育を受けているようなものなんだけれど、本来教わるべき生徒たちに負わされる余計な負担を思うと、なんともはや。まあそのグレンが持ち込んでくる要らんことが、生徒たちにとっても良い経験になっているのだから、結果としては悪くはないのだけれど、毎回理由が理由だからなあ。
今回の首騒ぎもいい加減自業自得なのだけれど、その挽回に生徒たちを巻き込んで利用しようとするあたり、本当にロクデナシですね、と言いたい。
そんなグレンに負けず劣らずの面倒臭さを発揮しまくっているのが白猫シルフィーナである。この娘も成長せんというか、自縄自縛の素直になれなさにはホトホト可哀想になってくる。いくつも修羅場を潜ったことで土壇場の度胸とかメンタル面の強化はなされているはずなのに、性格に関してはあんまり成長してないあたりグレンと似た者同士なのかもしれない。でも、白猫のこの本気なダメダメ感が常につきまとうヒロイン像って結構好きなんですよね。ルミアがパーフェクト・エンジェルすぎて、ヒロインとしてどう成長しようとも太刀打ち出来ないのを、敢えてヒロインとして弱点となる要素をゴテゴテと身にまとうことでダメダメで面倒くさくて余裕がなくて古代文明オタクという本来アカン方向から迂回突破しようという姿勢にはなかなか見るべきものがあるんじゃないか、と思うのだ。
ダメな子ほど可愛い理論である。
とはいえ、今回のメインヒロインは圧倒的にセリカだったのですけれど。前回のセリカの過去を語る短編はまさにこの第6巻のために用意された前菜だったわけですなあ。
セリカの抱えている寂しさ、絶望感はすでに染み入るように理解できているだけに、それを埋めるためにセリカがどれだけ必死なのか、セリカにとってグレンという「家族」の存在がどれほどのものだったかを改めてつきつける、家族の絆の物語でありました。セリカもグレンも心に悲鳴のような軋みを抱え込んだ人間なだけに、それを癒やすためにも本当の意味で掛け替えのない関係なんだよなあ。一歩間違えれば共依存になりそうな深みでもあるのだけれど。グレンにしてもセリカにしても、親バカマザコンがいささか度が過ぎてるくらいだし。母親と息子という関係と言うには、ちょいと偏位がありますし不思議な距離感でもあるんですけどね。これ、グレンをお婿に貰ったらもれなくセリカもついてくるよなあ。口では色々と保護者らしいことを言っているけれど、このセリカさんがグレン離れ出来る要素を微塵も感じないのですがw

セリカの暴走に端を発して、怒涛の勢いで世界の秘密というべき情報が詳らかにされていってしまったんだけれど、果たしてそこにグレンの存在がどう絡んでくるのか。ルミアが重要なキーパーソンであることは間違いなさそうなのだけれど。しかし、あっさりと最強キャラであったセリカの戦力をダウンさせてしまったなあ。こういう師匠系キャラの戦力を削るパワーバランス調整はありがちだけれど、結構なあからさまさだったのでうちっと上手いことやって欲しかった気もする。

シリーズ感想