ソードアート・オンライン オルタナティブ ガンゲイル・オンライン (5) ―サード・スクワッド・ジャム ビトレイヤーズ・チョイス (下)― (電撃文庫)

【ソードアート・オンライン オルタナティブ ガンゲイル・オンライン 5.サード・スクワッド・ジャム ビトレイヤーズ・チョイス(下)】 時雨沢恵一/黒星紅白 電撃文庫

Amazon
Kindle B☆W

"さあ、存分に殺し合え。かつての仲間は、今は敵だ"

生き残りチームから各一名がランダムに選抜され、ビトレイヤー(裏切り者)チームを結成する「特別ルール」が発動した第三回スクワッド・ジャム。優勝候補筆頭と目されていた最強チームからは、レンが最も戦いたくなかったプレイヤー・ピトフーイが選ばれてしまう。
激震が走る参加者たちをよそに、刻一刻と海へと沈むフィールド。その中央部分、濃い霧に隠されていた【UNKNOWN】エリアに鎮座していたのは、一隻の巨大豪華客船だった。行き場を無くした彼らは、やがてその客船に呑み込まれて――。
裏切りの銃弾が飛び交う、壮絶なバトルの結末とは……!?
結局、女子高生ズとの本気の決着はまたお預けかー。この「裏切り者」企画、プロデュースした作家先生はドヤ顔してたんだろうけれど、不評を通り越して参加者からは生命狙われかねないくらい非難轟々だったわなあ。そりゃねえ、チームの戦略とか目的とか色々あっただろうのを、一方的にお釈迦にされるわけだから面白くはないわなあ。今回の海が広がってってどんどんフィールドが狭くなっていく展開も、ちょっと運営側からの恣意が強すぎて、参加者側の自由度がかなり低めだったのが、見ている側としてもちょっとどうなのかなあ、と思うところではあった。誰が何をしでかすのかわからない先行きの不明さも面白さの要素でしたからね。かなり強制度が高くてどのチームもある程度行動が一緒になってしまいましたし。そんな中でもそれぞれチームが特色を見せてはいたのですが。
女子高生軍団のあの毎度の鋼鉄のチームワークはすごすぎるよね。初っ端から一糸乱れなさすぎてこええよ!
それだけに、彼女たちが幾つもの不自由を負って思うとおりに動けなかったのにはもどかしさを感じた次第。やっぱり、全力の彼女たちと全力のレンたちのバトルというのは見たかっただけに。

それにしても、ピトフーイは毎度毎度やらかしてくれることで。いや今回の場合、かなりの割合でレンが悪い気もするんだけれど。この巻の最初の方のあの反応ってそういうことだったのか。いやいやいや、気づかんよ。盲点すぎる、というかレンがはっきりしなさすぎだよこれは。優柔不断と言われても仕方ないんじゃなかろうか。
その分、ピトフーイさんはやりたい放題やらかしてたのでありますが。これ、あとから読み返してみたらホント、ピトフーイのやりたい放題っぷりは笑えてくる。裏切り者ルールのスカスカっぷりもアレなんですけれど。これ、あの敏捷性優先チームの人の裏切り者ルールに選ばれたけれど元のチームを裏切らないぜ、というのを全員がやってたら、企画自体成り立たなかったでしょうし。
まあ全体的にもどかしい部分が多い展開だったかなあ。大どんでん返しには文字通りひっくり返ったけれど。
ピトフーイさん、どれだけレンに対して抱え込んでるんだか。この人、横暴で傍若無人の割にやっぱり繊細だよなあ。その意味では、汲んでくれるフカ次郎ってリアルでもピトフーイと相性いいのかもしれない。いやさ、フカちゃんの場合、誰相手でも汲んでくれるフシがあるんだけれど。何気に面倒くさいレン相手もある意味そうだしねー。変に懐の深い女子大生である。
そして、SAOベータ版時代、ピトフーイさんと遭遇したイケメンがスカしまくってる件について。こやつ、素であんな言動してたんかー。なんか、こっちが恥ずかしくなってきてしまったんですけどっ。


シリーズ感想