東京レイヴンズEX4 twelve shamans (ファンタジア文庫)

【東京レイヴンズEX4 twelve shamans】 あざの耕平/すみ兵 富士見ファンタジア文庫

Amazon
Kindle B☆W

東京を中心に霊的災害が多発する現代。呪術で東京を守る陰陽師の中でも選りすぐりの存在、それが『十二神将』である。史上最年少で『十二神将』入りし、『神童』の誉れ高き大連寺鈴鹿。悲しくおぞましい事情から禁呪に手を伸ばす彼女に、痩せた黒猫が囁く―「鈴鹿は自分が死んじゃってもいいの?」「鬼どもに任すは惜しい故―少し遊ばぬか?」呪術犯罪捜査官として『黒子』の異名を持つ大友陣。夜光信者を捜査する彼の前に現れたのは、「法師」とあだ名される伝説で…。呪術界の陰日向に活躍する『十二神将』。あの日あの時、彼らは何を視、何を想ったのか。語られなかった物語が、ここに。
「twelve shamans」のタイトル通りに今回の短編集は十二神将にスポットを当てたもの。と言ってもメインは鈴鹿と大友先生の話でその他の人たちの話は殆ど掌編なんですけどね。三善さんとかふたご姫とか、もっと人柄とか過去編とか内面とかに掘り下げて欲しい人は居たんですけどねえ。
鈴鹿の話は、彼女が神将に選ばれて……というかこの場合は試験を突破してということになるのか、そこから『神童』と呼ばれるようになって例の春虎たちと出会うことになる禁呪事件を引き起こすまでの期間のエピソード。一度は兄を蘇らせるために道を踏み外すことになった彼女だけれど、父親に呪術改造された子供として作られ、慕っていた兄を喪って荒んでいた彼女に戻れるだけの余地が生まれたのもこの時期だったんですねえ。
天海部長と小暮さんがあれ、よっぽど親身になって構ってたんだなあ、というのがよく分かる。そして、彼女の慰めであり心の支えとなっていた兄の残した猫の使い魔も。もし本当に鈴鹿に現世の拠り所となるものが何もなく、兄への憧憬だけしか残っていなかったらあの事件でポイントノーリターンを過ぎてしまっていたんだろうなあ。生まれて初めて兄以外で鈴鹿の身を案じてくれて心を尽くしてくれた大人が居て、まるで友達のように打ち解けた関係になってくれた青年が居て、自分を作った兄ではなく鈴鹿の事を最期まで心配してくれた使い魔が居て……こそ、この世への未練が鈴鹿の中に生じていた、と。
出会ったばかりの春虎たちでは、やっぱり鈴鹿を止めきれなかったと思うんですよね。その意味では、天膳部長たち大人はやっぱりいい仕事してるんだよなあ。
大友先生の方はずっと話題にはのぼっていながら語られていなかった彼の片足が失われる話、芦屋道満との初遭遇であり初対決となったエピソード。そうか、この頃にはまだ業界界隈でもDこと道満の存在というのは伝説以前に正体不明そのもので、裏の裏でホソボソと都市伝説のように語られる存在だったわけですね。まだ夜行信者が集まって不穏な動きをはじめる前の段階であり、大友先生が唯一世の不穏な醸成を勘で感じ取り、その確証を得るために動き回っているうちにDの暗躍に気づき、そのうごめく闇へと踏み込んでいってしまったわけか。
相手を追いかけていると思っていたら、いつの間にか逆に目をつけられて絡み取られてしまっていたというサスペンス調の謀略戦みたいな攻防は、ハラハラさせられて非常に面白かった。
正直、想定していたヤバさよりも実際のDのヤバさが段違いだったんですよね。結果的に不用意にタブーに触れてしまった、とも言えるわけでその意味では大友先生のミスとも言えるのか。だからこそ、大友先生はなりふり構わず逃げ出すことになったのだけれど、この決断力が大友陣の真骨頂とも言えるわけで。そうか、片足を失うって、こういう事だったのか。そりゃ、道満師が感心するわけだわ。そこまで躊躇なく思いきれるというのは、やはり尋常ではないですし。
興味深かったのが、涼先輩と思しき人の反応で……電話越しとは言えこの人がああいう反応するのか、と驚かされたような新鮮な心地になったんですよね。何考えてるかさっぱりわからないスットボケたあの人の素の心情をはじめて垣間見たような感覚、とでも言うのか。
彼女と大友先生、小暮くんの三人のエピソードはまず間違いなくやるんでしょうけれど、ようやく涼先輩側の内面の取っ掛かりを得られたんじゃなかろうか。

本編はどうやら苦戦中のようですけれど、満を持して作品通しての秘密が全部解き明かされる話になりますからなあ、ここは腰を据えてやって欲しいところです。期待値あがりまくってますよ?

シリーズ感想