以下に収納


サンデー

【天使とアクト!!】
出来レースのはずだったオーディションで、これほど活発に意見が交わされるというシチュエーションは気持ちいいなあ。しかも、本来なら予定通りに進める腹積もりだったプロデューサーが一番テンション高くアクトを推すという。

【マギ】
ああ、誰か一人が正しいことと間違っていることの定義を決めてしまい世の中がそれに従って動く、というのがおかしいというのであれば、そりゃソロモン王のそれも文句言われるか。彼の定義は本当に素朴な善性に基づくものなんだけれど、逆に言うとそんな善性を踏み外さなければならなかった人に対して非常に残酷でもあるんですよね。ただ、やっぱり誰か一人の意見を絶対に正しいと思うことが自然になってしまった世界というのは異常である。アリババがどういう見解を出すのか、実に興味深い。


【だめてらすさま。】
女同士、しかも貧乳幼児体型とリアル小学四年生のキスシーンを心から堪能できるって、主人公相当ヤバイなw
天照さまのテラスは照らすということで、天を照らす神様なわけだけれど、ダメテラスだと駄目を照らす駄目賛称の神様で、百合テラスさまだとあまねく百合を照らす神様になるのか。


【天野めぐみはスキだらけ!】
めぐみちん、不意にパンツ見られてしまって、それがまーくんだとわかったら安心するのって、見られても実はOKと思ってる証拠だぞ。
偶然、三年生の幼馴染の男女の告白シーンを目撃してしまった二人。そりゃ、意識しちゃうわなあ。


【BE BLUES!〜青になれ〜】
うわぁ、センターバック交代かー。イエローもらった以上そのまま置いておけないのは確かだし……、あれはココロ折れちゃっただろうからなあ。
しかし、ミルコ監督はこの程度じゃ満足しない、桜庭に求めている戦果はこの程度じゃない、というあたりに教育者とは違うハードなプロの監督としての凄みを感じる。


【魔王城でおやすみ】
もはや姫様が魔王城でどれだけ悪夢のように恐れられ、何をやらかしても不思議ではないと戦かれていることが如実にわかる話であった。そして、なければ作ればいいというTOKIO精神の宿った姫様は毛糸パンツですら自由自在w


マガジン

【不滅のあなたへ】
一応前回も狼という生物であった以上、生理現象については学んでいたはずなんだけれど、実際に人間にならないとマナーなんかは見ているだけでは覚えられないのか。まあなっても、誰かから教えられないとわからないか。
それにしても、ちゃんと外の世界には人間は暮らしていたのな。でも、かなり原始的である。子供である以上、建前とか抜きに生々しい感情というものを素直に出してくるので、影響を与えてくる相手としては強大だなあ。
それに、生贄になりかけていた、ということはそれだけ「生きる」ということに多大な執着を覚えているということでもあるし、生きる死ぬを全く理解していないものにとっては、刺激的だ。


【ACMA:GAME】
あ、なるほどその発想は死角だった。ゲームとして正式な質問以外でも、直接相手に問いかける、なんて真似も出来たのか。禁止はされてなかったもんなあ。このへん、やや照朝は発想の自由度が固いかもしれない。その辺を潜夜たちみたいなタイプが補えればよかったのだけれど。


【ベイビーステップ】
アイシングって、患部だけじゃなくて全身にやることもあるの!? ってか、氷風呂って凄いな。そりゃ、全身を絶え間なく使い尽くして消耗しているなら、全身をアイシングするのも理屈なんだけれど、凄いな。
諭吉くん、選手としては大成しなさそうだとは思っていたけれど、そうかその若さで早くもコーチという役割を目指そうというのかー。いや、考えてみると若い頃から実地と勉強で学ぶというのは大きいよ。経験をそれだけ沢山詰めるということだし。