新説 狼と香辛料 狼と羊皮紙 (電撃文庫)

【新説 狼と香辛料 狼と羊皮紙】 支倉凍砂/文倉十 電撃文庫

Amazon
Kindle B☆W

聖職者を志す青年コルは、恩人のロレンスが営む湯屋『狼と香辛料亭』を旅立つ。ウィンフィール王国の王子に誘われ、教会の不正を正す手伝いをするのだ。そんなコルの荷物には、狼の耳と尻尾を持つ美しい娘ミューリが潜んでおり―!?かつて賢狼ホロと行商人ロレンスの旅路に同行した放浪少年コルは青年となり、二人の娘ミューリと兄妹のように暮らしていた。そしてコルの旅立ちを知ったお転婆なミューリは、こっそり荷物に紛れ込んで家出を企てたのだ。『狼と香辛料』待望の新シリーズは、ホロとロレンスの娘ミューリが主人公。いつの日にか世界を変える、『狼』と『羊皮紙』の旅が始まる―!
まさか続編が出るなんてなあ。嬉しい、嬉しいよ。主役はホロとロレンスの旅に同行し、ロレンスの実質的な弟子として、或いは二人の子供のようだったあのコル。見違えるような立派な青年に成長したコル、それこそホロと出会った頃のロレンスと変わらない年齢になってたのか。
聖職者を目指すという夢は変わらないまま、ロレンスとホロの湯屋でずっと働いてたのね。彼のこの素直なままの成長具合を見ると、どれほどホロとロレンスに可愛がられて育ったのかがよくわかって、思わず微笑んでしまった。でも、妙に堅物に育ってしまった、特に女性に対して免疫なさそうな育ち方してしまったのはこれ、多分ホロのせいだよなあ。よっぽど過保護に構ってたんだぜ、きっと。旅の間のコルへの接し方を思い出すと、容易に想像できてしまう。ある意味娘のミューリよりも過保護にしてたんじゃないだろうか。でないと、湯屋
で働いていて相応に女性に接する機会、それも水商売系統の女性とまみえる機会も珍しくなかっただろう境遇であの免疫の無さはないでしょう。ミューリ対応にリソース全振りしてるっぽいもんなあw
そのミューリである。いやあお転婆だ。これぞおてんば娘という天真爛漫さで、容姿こそホロにそっくりだけれど性格はけっこう違いますよね。でもあの強かさと抜け目の無さはさすがホロとロレンスの娘だ、という強者っぷりで、兄貴分のコルを振り回すのですけれど……ホロのように尻に敷くのではなく、結構この娘コルのこと立てるのよねえ。ある意味ホロと違った甘え上手ではあるのですけれど。
そして、ホロとはまた違った意味で拠り所を一人の男性に得ているんですよねえ。ホロの場合は長い長い有給の旅路の中での安息をロレンスに求めたわけだけれど、まだ見た目通りの少女であるミューリは人間と狼のハーフであるという自身の存在の立脚点をコルに得ているのである。人間ではない周りと違う存在である、本性を秘密にし続けなくてはならない自分が、この世界に居て良いのだという許しを、彼女はコルによって得ているのだ。自身の存在の肯定、ミューリをミューリ足らしめたものこそ、コルの絶対味方宣言なんですよね。今のミューリを形作ったものの根源こそは、コルなんですよね。そりゃあ、ミューリにとってコルは唯一無二だわ。
生まれたときから側にいたから自然に、という曖昧な流れではなく、ミューリとしては絶対的な意思と必然によってコルでなければならなかったわけなんですよね。そりゃあ、どこまでもどこまでも、住み慣れた街をあとにしても、愛する両親に別れを告げてもコルと離れられなかったのも理解できる。
時系列が同じロレンスたちが主役の方の番外編で、ミューリの出奔が家出でも物見遊山でもなく「駆け落ち」と認識されてしまっていたのも、これは無理からぬ話だなあ。だって、当事者であるコルと無駄な抵抗をしているロレンスを除けば、誰からどう見てもそして事実として駆け落ちそのものだもんなあw

しかしだ、今のコルは夢追い人。コルを追いかけついてきたミューリだけれど、兄様の視線はいつだって遠くを見つめていて、なかなか自分の方を見てくれない。寂しい思いをすることもしばしばで、このあたりの構い方はまだまだミューリはホロには敵わないなあ、と。いやミューリの場合はコルに対して遠慮と言うか配慮がたっぷりあるうえに、ホロみたいにグイグイと絶妙な押し引きがまだ経験不足で出来ないのだから仕方ないのだけれど。それに、コルってばあれだけいつも夢の方に熱中しているくせにミューリのことは頭の片隅においていて絶対に忘れてないんですよね。ちゃんと、見るべき時にはミューリの方を振り返って彼女のことを見てくれる。
ほんと、出来た青年である。そりゃあね、このちょっと頼りない兄様のためなら、なんでもなんでもしてあげよう、という気になっちゃうわなあ。淡い思いに一杯一杯になってるミューリの可愛いこと可愛いこと。子供っぽいといえばそうなのかもしれないけれど、幼いながらに自分の想いに本当に一途で一心不乱で、この一生懸命さは愛しくなります。
コルの方も、さすがはロレンスの薫陶を受けて育っただけあって、ただ世間知らずの堅物の学者もどきではなく、此処ぞというときには商人視点の視野の奥深さや、純粋さのなかに駆け引きを駆使するクレバーさも持ち合わせていて、まだまだミューリが自分がいないと駄目だなあなんて思ってしまう頼り無さや青臭さだけではなく、決めるときは決める頼もしさも備えていて、ほんと良い青年に育ちましたよ。
さいごの、王子がずっと抱えていた秘密に関してはちょっと反則ですよね。あれはコルが気がつかないのも仕方ないですよ。なんでミューリがあれだけピリピリしていたのかも納得できて、思わず微苦笑。コルさんや、この妹さんまじ可愛いですよ、もう。

シリーズ感想