いきなり本陣に夜襲とか、仮にも和議を結んだ状態でなにしとるんだ牢人どもわ、と思ったら源次郎プロデュースですかいっ。
さらに、佐助に命じて家康暗殺を命じて、影武者とは言え実際に手を出しているなど、凄まじいまでの協定破りの数々。これもう逆に源次郎側が悪役と言われても仕方ないやりたい放題ですよw
佐助の、家康暗殺に向かう前にきりにプロポーズして間髪入れず断られたあまりの早さには笑ってしまいましたが。うん、きりちゃんとしても佐助は無理だよなあ、生理的にw

牢人たちの扱いについて、大蔵卿局の反対を押し切って秀頼は召し抱えてやりたい、との意見を表明し、そのことについて織田有楽斎が徳川に情報を流そうとしたのを、源次郎がついに現場を抑えて「あなたがスパイだったのですね」と詰め寄ることに。
結局、源次郎が有楽斎を追い出すことになってしまうのですが、有楽斎自身が言っていたようにこれで徳川方とのパイプ役を追放することになってしまったんですよね。勿論、これは非公式のもので片桐さんみたいな正式な交渉役ではなかったものの、有楽斎が彼なりに和睦のために頑張っていた、というのは決して嘘ではないと思うんですよね。それにチラリと本当に大坂方に不利になる情報は流していないと言っていた一言、源次郎には流されてしまいましたがあれって何気に無視できないセリフだった気がします。

ともあれ、有楽斎が城を出たために牢人に対する強硬派は大蔵卿局のみとなり、その彼女も先の和議の交渉の件で最後の信用も失ってしまっていて、息子である大野修理に引っ込んでいてください、みたいな感じで突き放されへそを曲げることに。
まあねえ、大蔵卿局の主張は何気に真理をついている、と評されることも多いようですし実際源次郎や牢人たちの意図を思うと彼女の言っていることは間違いではないと思うのですけれど、そもそも大坂方がこんな風に徳川と対立し、牢人たちをかき集めるに至ったのは大蔵卿局が片桐さん追い詰めて追い出したのが原因なんですからね!!

源次郎は最後の大どんでん返しを狙って、先の埋め立てられてしまった惣構よりもさらに外のラインに防衛戦を構築して徳川を迎え撃つプランを立てて大野修理に相談。修理どのは、自分が面倒を引き受けるから存分に力を尽くしてくれ、と最大限にバックアップを担うことを約束してくれる。実際、反対する大蔵卿局をガンと退け、源次郎を支えてくれることになるわけで、この大野修理は本当に頼もしい。他の牢人五人衆も概ね協力的で、少なくとも現行の大坂方の上層部の意見はほぼ統一した方向を向くことが出来たわけだけれど……。
その途端、逆に彼ら牢人衆の上層部の下の連中の統制が一気に取れなくなっていってしまうわけだ。なんて皮肉な話。ただでさえ金食い虫な軍を十万も抱えたままでは、そりゃ金蔵から底に穴の空いたバケツみたいに金がなくなっていくのも無理はなく、現状大坂方は統治システムが片桐さん出てって京都所司代の板倉さんなどの支援も受けられなくなっている以上、まともな収入が得られなくなっていて、貯金を取り崩している状態なんですよね。金の切れ目が縁の切れ目、というのは決して間違いではなく、金払いが悪くなるに連れて一般兵たちの雰囲気は急速に悪化していってしまう。
それを源次郎や大野修理たちは必死に取り持とうとあれこれ手をつくしている中で、よりにもよって指導者側である大野修理の弟である大野主馬治房が金蔵に押し入って自分たちの家臣にだけ金を振る舞うという暴挙に及んでしまうわけで……これ、叱責だけじゃなくて切腹ものの仕儀じゃないんですかね!?
さらに、兄に叱られてたのを根に持ってか、夜中に大野修理を襲撃して兄に大怪我をおわすことに。
この一連の出来事は、和議推進派だった大野修理を強硬派だった大野主馬が暗殺未遂事件を起こした事件、として伝わっているけれど、弟の兄への劣等感も混ぜ込みさらに母である大蔵卿局の暗躍も差し込んだものにしてきたのか。
見舞った源次郎に対して、これは身内の不始末で相済まぬこと、と謝罪する大野修理がもうね、もうね……。
それにしても、大野主馬のキャスティングに元格闘家の武田さんを当て込んだのって、まさかこのシーンのためだったんじゃなかろうか。兄を背後から蹴り倒してマウントをとって、顔面をフルボッコとか……それ武士の組討ちゃう、グラップラーやww
まあこれだけ暴走を許してしまう、ということが現行上層部の力不足を露呈している、と言う他ないんですよね。源次郎、徳川にもう一度勝利したら大坂の維持に拘らずに火種とならぬように秀頼の四国への国替えを提案してますけれど、徳川との決戦では総大将である家康を討つことを狙っているわけで、果たしてそこまでやっておきながら、穏当に徳川幕府から四国への国替えなんて認められるのか、という大きな矛盾が見受けられるわけで……。源次郎、自分が無茶苦茶言ってる自覚があるんだろうか。それでも、希望的観測を手繰り寄せるようなものでも、まだこの時点では諦めてはいなかったんですよね。
ところが、牢人たちの不満を解消するために金蔵の金を解放して牢人たちに渡した途端、牢人たちは勝手に武器を買い集めて傍から見ると戦争準備としか見えない行動に出てしまう。塙団右衛門なんぞ、二丁拳銃ならぬ二丁火縄銃、とばかりに両手に火縄銃を抱えて買ってきたどー、とはしゃぐ始末。コマンドーかww
さらに、大野主馬が主導して、一度埋めた堀の掘り返しまで初めてしまい、源次郎が予定していた徳川との合戦準備が何も整わない状態で、二度目の戦の火種に大坂方から油を注いでしまう羽目になってしまう。
真田丸の戦いの時には徳川方の兵を打ち払う時に嘯いてみせた、昌幸パパの遺言である、「軍勢を一つの塊と思うな。一人一人が生きて、一人一人が想いを持っておる、それを忘れるな」という言葉。それが今、源次郎に逆に襲いかかってきてしまったんだなあ。
そして、かつて北条との戦がどれだけ止めようとしても止めきれずに起ころうとする怒涛の流れを前に、石田治部が諦観とともに呟いた「戦への流れは一度始まると止まらない」というあの言葉を、源次郎が再びこの場で繰り返すことになるのである。

本当に、もうどうしようもなく勝ち目のない戦。そんな戦いを前に今までと違った心持ちとなる源次郎の内心を、弟の手紙から感じ取った兄信之。弟は、死ぬ気だ! 
文面からではなく、行間から弟の思いを汲み取る兄上の、この通じ合った兄弟の仲よ。あの矢沢三十郎ですら察せなかった源次郎の心境を読み取った信之兄ちゃん。この兄貴が本当に弟のことを可愛がり、心配し、愛しているのが伝わってきて、だからこそ何も出来ないもどかしさも伝わってきて、自分が大坂に行く!! と吠える兄ちゃんの姿が、ひたすら眩しく尊く見えるのでした。
最後までこの真田丸は二人の兄弟の物語でもあったんだなあ。

さて、最後の決戦を前に源次郎が手に入れたのは、元は利休の茶室であった源次郎たちが住まう部屋の中庭部分から農作業中に掘り出してしまった、馬上筒。
先の甥っ子たちとの面会の折に、若い頃から数々の戦場経験を持つ義兄小山田茂誠に総大将を討つにはどう戦えばいいか、と尋ねた際に出てきた答えが、馬上から鉄砲で狙い撃つべし、という内容だったのだけれど、同時に火縄銃では取り回しが難しく現実的に考えると難しいなあ、という話になってしまっていたところに、手に入れてしまった馬上筒。
しかも、史実ではこの時期に日本には上陸しているはずのないフリントロック式である。今は亡き利休がこっそり入手して、売り時がくるまで隠していたものを見つけてしまった、という話にしていたけれど、まさかあの畑にしていた中庭が、利休の茶室を潰したところだったとはなあ……。
昔、秀吉がボケてしまって利休の茶室が見つからんのだ、と途方にくれていたシーンがありましたけれど、あれって茶室が見つからなかったのって、場所を忘れてしまったのではなくて、茶室そのものをもう潰してしまっていた、ということだったのか、と今更ながらに理解した。というか、秀吉がちょこんと座り込んでいた庭石のあったところって、もしかして今、源次郎たちが畑にしているところなのか?
ともあれ、馬上筒である。フリントロック式というところはさておくとして、史実においても真田左衛門佐が
家康の本陣に突っ込んだ際に小型の銃を携えていて、それで家康を狙ったという話が伝わっていて、実物とされるものも残ってるんですよね。「宿許筒」の名で有名な連発銃。八連発、とからしいんだけれど、マジなんだろうかこれ。