週刊少年サンデー 2017年8号(2017年1月18日発売) [雑誌]


以下に収納

【マギ】
そうだよなあ。白龍たちとは、友達であり仲間であり恋敵であり思想相容れぬ敵であり和解した相手であり、全力でぶつかり続けた相手だったわけだ。シンドバッドの世界では、決して生まれ得ない関係だったわけだ。
そんな四人だからこそ、シンドバッドの世界を打ち破るに相応しい。
ネルヴァさん、改めて出てこられてもやっぱり覚えてない。アリババくんたちも覚えてないしw
堕天しているとシンドバッドの世界の影響を受けない、というのは白龍の時に説明されてたか。でも、他にはもういないのか、堕天した人。


【舞妓さんちのまかないさん】
舞妓さん、朝七時くらいに起きて午前二時に帰宅って、かなりキツイ仕事なんだなあ。もっとも、一番売れっ子クラスなんだろうけれど。若い女将さんがやってる屋形なので所属してる舞妓さんたちどうなのかと思ったけれど、花魁道中みたいなのを大々的にやっているのを見ると、一流ドコロもちゃんと居るのね。
でも、所属している舞妓さんたち、キヨさんのこと本当に可愛がっているようで、仲良さそうな様子には安心した。道中、観客の壁の隙間から銭湯帰りのキヨと目があって手を振ってくれたりとか、夜中に騒いでもう寝ているキヨを起こさないように気を使ったりとか。


【初恋ゾンビ】
ああ、変なところで誤解が生じている。例のホラー好きの失恋仕掛けていたゾンビの宿主の恋路を立て直してやるために、告白までのプロセスを書き出していたのを間違って他の人に見られたことから、てっきりタロウが江火野に告白するものだと誤解され、それが江火野にも伝わってしまう。
それを真に受けてずっとドギマギしてしまっている江火野も、完全にその気なんだよなあ。これ、漫画開始当初なら、笑い飛ばしてただろう案件だったのに。


【天野めぐみはスキだらけ!】
グロスリップはなかなか難易度高いですよー。何か変わったかと聞かれてついついブラの方に意識がいってしまうのもまあ仕方ない。でも、唇が油っぽいは酷いなあw
ちゃんと大人っぽい色気が出てたと思うんだけれど。


【双亡亭壊すべし】
あの様子だと海の人と同化した人たちは肉体や心の在り様も変質してしまったみたいだけれど、戦闘自体はずっと優勢だったっぽいのよねえ。青一以外の人たちにも脱落者が居たようには見えないし。
もしかして、戻ってきた青一以外の人たちもまだ向こうの星で生きてるんだろうか。


【だがしかし】
ほたるさん、自分の会社立ち上げようとしているのかーって、まだほたるさん高校生だよね!? いくらなんでも早すぎないだろうか。お小遣い、起業できるくらい貰ってるの!?
ともあれ、自分の会社で働いてもらうために引き抜き、ということは駄菓子屋の後継者を奪うということでもあるのだから、そりゃあヨウさんも許してくれないか。でも、尾張さんにあげちゃえば?

【だめてらすさま。】
だ、ダメだ!! この月詠さま、半端なくダメだ!! ダメテラスさまがまだマシに思えるくらいダメだ!!
凄まじいコミュ障で、さらに変態を拗らせてるって、あかん。この人が黒幕かー……おう。
入院した犬神さまを、自ら御見舞に行こうとするあたり、上司としてはむしろ良い人なんだろうけれど、ヤンデレストーカーなのはアウト!

【BE BLUES!〜青になれ〜】
さ、桜庭ーーっ! あんな状態になりながら、もう一歩も歩けない状態になりながら、敵陣ゴール前に仁王立ちして、ボールもってこいジェスチャー。ここまでものすげえ俺様キャラがかつて居ただろうか。
しかし、面白い。あんな敵陣にぽつんと居たら、オフサイドになるからパスも出せない状況で、こいつは面白くなってきた。


【魔王城でおやすみ】
安眠するためにあらゆる残虐非道傍若無人を貫いてきた姫様、ついに安眠しすぎて眠れなくなる!! 
むしろ、この姫さま寝かしておいた方が魔王城平穏なんだろうに、寝かせ過ぎたら眠れなくなったからと城内徘徊され出すとか、いったいどうしろとw
しかも、ゲームに乱入してきてそもそもゲーム自体を理解しようとしないって一番面倒くさいプレイヤーだw