我がヒーローのための絶対悪(アルケマルス) 2 (ガガガ文庫)

【我がヒーローのための絶対悪(アルケマルス) 2】 大泉貴/おぐち ガガガ文庫

Amazon
Kindle B☆W
少年は悪へと身を落とし続ける――。

正義のヒーロー・ガイムーンの勝利に終わった、あの正義と悪の激闘から二週間。
かつて正義に屈したと思われていた悪の総帥の出現に人々は恐怖したものの、時間が経つにつれてまた月杜市は平穏を取り戻しつつある。悪の組織・新生リヴァイアサンもそれ以来、表立った活動は控えていた。だが二代目ヘルヴェノム卿――沖名武尊はまだガイムーン打倒を諦めてはいなかった。
一方そのころ、二代目ヘルヴェノム卿の存在を重く見たリヴァイアサンの元幹部である第一種たちはヘルヴェノム卿の抹殺を画策。さらにミアも本来味方であるはずの【財団】の思惑により思いがけないピンチに晒されてしまうこととなる――。
第一種、【財団】、そして新たな存在「外種」。さまざまな試練が立ち塞がる中、武尊はガイムーンの正体・天羽ミアという最愛の少女を救うため、どれだけ自身が傷つこうと、月杜市のすべてを巻き込み絶対悪であることを渇望し続ける――。

青春ヒーローピカレスクロマン、新たな波紋を生む第二巻!
これはひどいなあ。財団やリヴァイアサンの過去や実情が明らかになればなるほど、これがどんなに無慈悲で惨たらしい話なのかを強調することばかりが山積していくばかりで、これ本当に救いがあるんだろうか。最初からもう袋小路じゃないのか、とすら思えてくる。そもそも、武尊はミアを救うためになんでもするつもり、それこそ世界を敵に回すことすら覚悟しているんだろうけれど、肝心のミアを救う手立てが見つかっていないんですよね。現状では、ミアのマインドセットが暴走しないように彼女の前に明確な「悪」を提示し続けて彼女の「正義」に迷いを生じさせないようにするしかない、という対処療法に終始するほかなく、それは寄りミアの正義を確固にするものとなり、逆に武尊の方はどんどん悪へと堕ちていくという双方ともに取り返しのつかない深みにハマっていくという地獄へと敷き詰められた道でしかないんですよね。
お互いを大事に思うほどに距離を置き、そしてそれぞれに人間性を失っていく。悲劇のスパイラルである。
そして、その正義と悪を生み出してしまった財団は、今もなお両者の後ろで糸を引いて現在進行形で悲劇を量産していっている。怪人も正義の味方も出処は同じって、酷いマッチポンプもあったものである。そして、両者ともに財団にとっては実験材料にすぎないわけだもんなあ。
結局、財団の手のひらの上で誰もが踊っているに過ぎない。武尊ですら、抗おうとしながらその手のひらの上を脱しきれていない。どんどん心をすり減らし、一線を越えたあとは殺人殺戮にも躊躇を覚えなくなってしまい、目的のためにそれ以外には何も感じなくなっていく姿は、図らずも壊れていくミアと同じ有様なんですよね。
このどこに「良き闘争」があるのか。旧リヴァイアサンから掲げられた理念「良き闘争」。しかし、武尊にしてもミアにしても、第一種の怪人たちにしても暗躍する財団の犬たちにしても、皆が強いられた戦いであり操られた戦いであり、欲望にかまけた戦いであり、そのどれもが吐き気のするような醜い悪しき闘争でしかない。
そんな中で光り輝くのが、己の戦う理由を、命を懸ける理由を見つけた花音なのだろう。武尊の苦しみを知り涙を共有し、その上今回の一件でミアという少女の素顔を知った花音は、この二人のために、この二人を破滅から救うために、何よりこの二人を幸せにするために戦う、命を捧げる決意を抱くのである。それこそが、彼女の「良き闘争」なのであるという信念を見つけたのだ。自らが報われることなど、欠片も思わずに。
心も体も傷だらけになりながら、花音は武尊の心が悪に堕ちていくのを押しとどめ、自らの意思をもこぼしてしまおうとしていたミアの、希望と意志を呼び起こすのである。誰もが足掻いてもがくか、好き勝手に欲望に走る中で、花音だけが闘っている。生き様を得て、自らの意志と希望と信念を懸けて、闘っているのだ。
まさしく、彼女は「良き闘争」を体現しようとしている。
それは、彼女にとってもまた一つの一線であったのかもしれない。その決意は、一線を越えたということなのかもしれない。だが、他の子たちと違って彼女にはもう後悔はないのだろう。その先が悲劇だったとしても、破滅だったとしても、もう後悔はないのだ。
武尊とミアの行く末とともに、花音の闘争の結末をこそ、最後まで見守りたい、それがどんな結末であろうとも見送りたい。そう思える、ある意味花音のためのエピソードでした。この作品、まさしく正義と悪と、その間に立つ少女との三人の物語なんだなあ。

1巻感想