即興ワルツ 青遼競技ダンス部の軌跡 (富士見L文庫)

【即興ワルツ 青遼競技ダンス部の軌跡】 佐々原史緒/くじょう 富士見L文庫

Amazon
Kindle B☆W

成島拓海は同大学の橋本秋帆に狙われていた。彼女は拓海の長身を頼みに―共に“競技ダンス”で日本一を目指そうというのだ。さる事情から人付き合いを避けてきた拓海に、よりによって女子の手を取り笑顔で踊れだなんて!当然断るものの、諦めようとしない秋帆の真剣さに屈し、拓海は期間限定で入部する契約を交わす。優雅なイメージとは裏腹、体育会系な活動に絞られる日々を送る拓海。やがて応援に訪れた大会で、予期せず出場することとなり…。ダンスにかけるふたりたちが描く、青春と人生の心躍る軌跡。

燃える闘魂!! というのがヒロイン橋本秋帆の印象でした。
競技ダンス、というと最近では少年ジャンプでマンガ連載がはじまったお陰で最低限の知識は得ていたのですが、思っていた以上にスポーツという側面が強いんですなあ。まさに、闘う競技なのだ。ダンスに懸ける情熱、というよりもむしろ闘争心を剥き出しにして気炎を上げて挑み続けるハードスポーツなんですよね。
面白いのは、競技ダンスというジャンルの中で大学生の大会だけが「団体戦」というジャンルがあるというところ。パートナーと二人、とは言え他のチームメイトと協力してプレイするような団体競技ではなく、あくまで自分たちだけで完結している競技ではあるものの、自分たちの成績がそのままチームの成績へと繋がっている、という意味ではまさに自分たちだけで闘っているのではない、みんなで闘う競技である、と。これを「駅伝」に例えていたのは、なるほどなあ、と納得させられました。
ダンスは、自分ひとりでは踊れない。自分と踊ってくれるパートナーが必要。であるがゆえに、人並み外れた長身(女性ながらに180センチ超え)に育ってしまった秋帆は、ダンスに対して狂的なほどの情熱を、闘魂を注ぎながらも、それを共にしてくれるパートナーに巡り会えずにずっとグツグツと内なる炎を煮え滾らせていたところに、自分よりもさらに長身の、しかも剣道経験者で運動神経も抜群な拓海という逸材に出会ってしまい、なりふり構わず彼をパートナーにするために奔走することになります。
その爆発する火山のような炎に、やる気のなかった拓海も押し切られ、その手を握り続けるうちに彼女の炎に彼の冷え切った情熱も炙られていくわけですが……同時に、秋帆の闘いはある時点までただただ彼女自身の一人の闘いであったのです。団体、チームとして闘う大学競技ダンスであるのに、彼女は自分のパートナーとなる相棒の事すら本当の意味では手を取っていなかった。
その生い立ちから自己評価も低く、また何かに本気になることも、誰かを信じて懸けることにも及び腰だった拓海と、方向を見失ったまま自分の中の溶岩を爆発させて一人で踊ろうとしてしまった秋帆。すれ違いにもならない噛み合わなさは、おそらく必然だったのでしょう。
でもここからが、秋帆の炎が消沈してしまったところから、いつしか彼女の炎が燃え移り、その熱量に魅入られていた拓海の本気が、男役リーダーとしての自覚が、生まれた情熱が、止まりかけた物語を推し進めていくのである。でも、逆に拓海が自分が引っ張る、というのではなくて、自分の魅入られたものの素晴らしさをもっともっとみんなに認めて欲しい、見て欲しい、俺ではなく彼女を見ろ! とばかりに気炎をあげるのは何とも彼らしいというか。作者の描く男性主人公って、気合入ったというか色々と開き直ってる女主人公に比べて女々しいというか、ウジウジしたところが散見される場合が多くて、この拓海もわりとそっちなんだけれど、まあらしい開き直り方だったかな、と。
ちょっと残念だったのは、秋帆の元パートナーとなる四条くんのヤバさが触りしか描いていなくて、ガチンコでぶつかるに至らなかったところと、肝心のダンス描写があんまりイメージ湧かなかったところかなあ。同じ競技ダンス部の面々はなかなか個性的で面白いメンバー揃ってたと思うんだけれど、それだけにもうちょいこの人たちとの絡みも欲しかったんだけれど、これはシリーズ続いてくれないと一巻では無理か。

佐々原史緒作品感想