以下に収納


【舞妓さんちのまかないさん】
同じ故郷から舞妓を目指して一緒に出てきて、しかしキヨちゃんは舞妓になれずこうして屋形のまかない担当として働く中で、すーちゃんの方は順調に舞妓見習いとして頑張っていて、この度舞妓としてデビューすることに。
嬉しい、本当に嬉しいけれど、その喜びをドロップ・アウトしたキヨちゃんの前であらわすのはどれほど残酷なことだろう。一瞬でその事に思い至り、吹き出しそうになった歓喜を詰まらせて思わず一歩退いたすーちゃんを、即座に前に踏み出して抱きしめて、目一杯の笑顔で祝福してみせたキヨちゃん。
この僅かな間の一歩の退きと一歩の全身。伸ばそうとして引っ込めて胸の前で握りしめた手と、スッと伸ばして縮こまった幼なじみの体を抱きしめた腕。この描写の呼吸が本当に素晴らしかった。
道別れてしまった二人だけれど、いい友達だわぁ。


【BIRDMEN】
ドイツのBIRDMANはエデンの袖付きなのかー。はじまりの七人の一人だというチャイカ。なんかパンク系姐さんだけれど、強かそうに見えて大丈夫なんだろうか。利用するつもりで利用されている、ということは往々にしてあるからなあ。しかも、アジデーター・煽動者って……先導者と違って煽るだけ煽って自分は後ろにいるってタイプってことじゃあ……。


【天野めぐみはスキだらけ!】
幼なじみの家のこたつで寛ぐ寛ぐ。自分の家のごとくくつろぎまくるこの娘さん、ついにはこたつで寝るわ、脱ぐわってやりたい放題。もう寝てるのを触るくらいいいんじゃなかろうか。


【絶対可憐チルドレン】
カガリたち、止めに来たと思ったら説教しながら澪のこと助けちゃうのかー。まあ放っておくよりついていく方がまだマシかもしらんけれど。
しかし、罠とはいえ待ち構えていたのがナオミとティム・バレットかー。てっきりこの子らは谷崎主任がこっち側にいるからバベルから逃してると思ってたんだが。ナオミさん、なんだかんだとレベル6って高さもさることながら、その万能性もチルドレン除いたら日本じゃ殆どトップだもんなあ。敵に回ると非常に怖い。


【双亡亭壊すべし】
修験者のチンピラ、燃やしちゃったけれどあれって入れ替わった相手なのか、それともガチで死んじゃったのか。他の連中はともかく、森田さんがあれで死んじゃってるというのはなかなか受け入れがたいものがあるんだけれど。


【だがしかし】
何気に学校の描写ってはじめてのような。学校だとサヤ師のアドバンテージが凄まじい。というか、そこはお弁当だろうサヤ師、パンじゃなくってさぁ。


【BE BLUES!〜青になれ〜】
天才は天才を知る、か。小早川は、見方によっちゃあ主人公やってても不思議無いくらいのプレイヤーだもんなあ。というか、あの薫姉ちゃん存在感強すぎて姉弟でなんかロマンスでもあるんじゃないかと疑いたくなるレベルだもんなあ。色々と事情あるみたいだし。


【魔王城でおやすみ】
モンスターの「仲間を呼ぶ」って、近くにいるだろう同種のモンスターを呼び寄せるんじゃなくて、各地から「転送」してたんかよ!! それは絶対現れるわー。
そして、でびあくまのきぐるみパジャマで寝ようとしていた姫様、仲間扱いで冒険者との戦闘に召喚されるの巻。
さあ、ついにモンスター相手だけじゃなくて人間の冒険者相手にも残虐ファイトがはじまったぞww
この姫、魔物も人間もまるで区別しねえww