以下に収納


【ONE PIECE】
ビッグママが大事にしているママの写真。映っているの比喩的な意味でのママかもしれないとも思ってたけれど、なんか実際のビッグママのママっぽいなあ。
着々と進む暗殺計画だけれど、ビッグママを暗殺できたとしてもこれだけのメンツが集まった中で「暗殺後」も生き残るの相当難しそうなんだが。
そしてサンジ、既にプリンちゃんの正体わかってるのにまだデレるのかw


【食戟のソーマ】
あ、ソーマたちの対戦ばかりにスポットが当たってたけれど、ちゃんと一色先輩たちの方も同時進行してるのか。相手誰だろうと思ってたら、なにこれ? 新十傑とか参戦してたの!? 完全に噛ませ犬なんですが。十傑から追い出されたのって、女木島・一色・久我の三人だから補充されてるのって葉山と今回のに加えてもう一人居るのか。
さて、話によると一色先輩も名家の出身らしいけれど、薊体制から追い出された事からも本家からはドロップアウトしている、というのは事実なのか。ようやく、十傑一色の実力が見られそうで楽しみ。


【ぼくたちは勉強ができない】
試験を前にして体調を崩してしまった文乃の看病回。と見せかけて、何気に水泳少女・武元が家庭的なスキルの持ち主、というのをスキ無くアピールしてくる。けっこう文乃にも甲斐甲斐しく世話してるし、何気に女子力高いのよなあ。
理珠と異なって、文乃の方は家族の姿が見えない、というのもポイントかも。武元が世話していたように、病気で寝込んでいる娘を放ったらかし、ということでもあるわけですしねえ。


【腹ペコのマリー】
タイガがブチ切れたの、自分にちょっかい出されたのが理由だと知ってめっちゃドキドキしてしまってるアンナさんが赤面可愛い。ってか、告白以来無自覚なアピールを重ねるタイガにアンナさん、クリティカルヒット受けっぱなしなんだけれど。お弁当作って渡すのだって、マリーへの供物という理由こそあれ、ちょっとあれこれ考えちゃってるよねえ。中に何入れたかも気になるところだし。
タイガが告白したという事実がタイガの中で忘れられてしまっている、という事実が逆に進展の推進剤になっているというのは面白いなあ。
とやってる間に新キャラ登場。


【Dr.STONE】
ちゃんと簡易ながらも服を着せてから石化を解いてあげる男の子たち、めっちゃ紳士だ。
少なくとも大樹が見ている前では紳士で好意的な姿勢を見せ続けていた獅子王。大樹からすると、彼を不穏視する要素は一切なく、それなのに強烈な敵対姿勢を見せる千空を全幅に信頼して、自分が居ない間にお前がそう考えることがあったんだろう、と疑いもしないあたり、この二人の絶対的な信頼関係が伺えて、ほほう、となる。大樹ってどの人間も信じて疑わないタイプだと思ってたので、もっとゴネるかと思ったのだけれど。
そして、獅子王が幼い子供たちとその両親と思しき石化した人たちのうち、親の石像を破壊してしまうことで、彼の思想がどれほど独善的で凶悪なのかを見た目で一瞬で理解させるシーンがまた強烈。