ソードアート・オンライン オルタナティブ ガンゲイル・オンラインVI ―ワン・サマー・デイ― (電撃文庫)

【ソードアート・オンライン オルタナティブ ガンゲイル・オンラインVI ―ワン・サマー・デイ―】 時雨沢恵一/黒星紅白 電撃文庫

Amazon
Kindle B☆W

第三回スクワッド・ジャムの死闘から約一ヶ月。
全国各地に散るSJプレイヤーのもとに、ある一通のメールが届く。それは、過去三度開された大会の上位入賞チームのみが参加できるという新ゲーム、“20260816テストプレイ”への招待状だった。
GGOの運営会社《ザスカー》からの依頼によって開催されるスクワッド・ジャムとは全く趣旨の異なるゲーム。そのミッションとは、最新AI搭載の敵NPCが守る“拠点”を攻略するというもので――。
SHINCと交わした再戦の約束を果たすため、消極的ながらも参加を決意したレン。彼女が目の当たりにするNPCの脅威とは。
時雨沢恵一&黒星紅白が贈る“もう一つのソードアート・オンライン”第6弾が登場!!
今回はスクワッド・ジャムじゃないからか、サブタイトルからちゃんとスクワッドジャムが消えてるんですね。お陰でこれまでよりはタイトルが短い。しかしそれでもタイトル長い!
個人的にはレンと一緒で、スクワッドジャムの形式よりもこっちのゲームルールの方が好きだなあ。協力プレイ、というのは抜きにしても、スクワッドジャムはレーダーに拠る居場所の暴露や、時間経過によってフィールドが狭くなってくる、というプレイにどんどんと制限がついてくるシステムなので、それを込みに戦略を立てるにしてもどうもプレイヤー側に選択肢がどんどんなくなってくるのでかなりバタバタしてくるのがちと不満だったんですよね。
その制限を、今回はキレイに取っ払ってあったので、それぞれのチームのポテンシャルが邪魔されずに発揮されている感があって、なかなかに楽しかった。
まあこれだけ回数を重ねると、相手チームも固定というかメンバー見慣れた連中ばかりになってきたんで、そろそろ催しとしてもただいつものメンバーでガンガンやりあう以外の要素がほしいなあ、と思っていたところだったので、なりゆきの結果とは言え全チームでの共闘戦、になったのは非常に面白かった。
てか、わりとイロモノよりだったマシンガンラバーズとか近未来フルアーマー軍団が味方になるとこれ異様に頼もしいことになってて、嬉しくなってしまった。なんだかんだとあのピーキー軍団好きなのねー。活躍してくれる嬉しいじゃないですか。あれだけ尖った性能の連中、諸兵科連合に組み込むと何気にカードとして使いやすいし強いんですよね。ここぞという時の使い所がたくさんある。それを言うとレンのような高機動型もそうなんだけれど、各チームからとある能力に秀でたメンバーを選抜して、作戦に投入という展開は普段のゲームよりも戦術の幅が異様に広がってて、メリハリもあっていいんですよ。いつも敵同士でやりあってた連中が、協力して戦うというシチュエーションはやっぱり大好物ですし。あのチームの強みとか特色とか、何度も戦ってた敵だからこそわかっている、という通じ合っている感もね。
一方で、このスクワッドジャム・チームのどんちゃん騒ぎな雰囲気とは裏腹に、NPCとされる敵サイドの空気感がまた全然違うのである。スクワッドジャム・チームの方は全くその空気感の違いに気がついていないのだけれど、お互いの空気が絶対に交わらないまま戦闘ポイントでグチャグチャに入り乱れているのが、また気色悪いのである。双方、同じ光景を見ながらまったく違うものを見て、違うこととして捉え、違うように考えている。この錯誤、ズレが異様なのである。
実のところ、似たようなズレに関してはスクワッドジャムの第一回のあるチームとの対戦でも薄っすらと浮かび上がっていたのを、今回読んで思い出したのだけれど、今回の話でのそれは以前のそれよりも遥かに顕著だったんですね。それは、ゲームと理解しているかいないか、の違いだったのかもしれません。
これ、レンたちのサイドから見たらほんと楽しいだけのドンパチなのだけれど、あちらさん視点からの話を見ると確かに怖いわ。レンの自爆のときなんかが特にそれで、ちょっとゾッとするものがあった。
思えば、冒頭のレンとフカのリアルでの会話はフリだったんだろうけれど、だからこそ余計に冒頭でレンが見せていた忌避感ってのが、フカに突っ込まれたように言い訳でしかなかっただな、というのがよく分かる。
なにげにこの交わらない味気の悪さみたいなものって、作者のキノの旅シリーズとかアリソンシリーズでもたまにプスプスとまち針で差し貼られたそれっぽくて、教訓じゃないんだけれど頭の隅っこに忘れないようにザクリと刻まれるような感覚は、やっぱり時雨沢さんらしいなあ、なんて思ったのでした。
しかし、これだけみんなのリアルの方の顔が知れてくると、アバターじゃなくてリアルの方の姿でドンパチやってくれたら楽しそうなんだけどな。いや、リアルでガチのドンパチやれ、と言ってるわけではなく、SHINCなんかアマゾネス軍団じゃなくて、女子高生軍団の方がやはり見た目的な映えというかギャップがさあ、ほらw

シリーズ感想