りゅうおうのおしごと! 4 (GA文庫)

【りゅうおうのおしごと! 4】 白鳥士郎/しらび GA文庫

Amazon
Kindle B☆W

人生で最も熱い夏が今、始まる。
「わたし、もっともっと強くなって……絶対に勝ちますっ!!」
小学校が夏休みに入ったその日、あい達は東京を目指していた。
目的は――最大の女流棋戦『マイナビ女子オープン将棋トーナメント』。
女流棋士やアマチュア強豪がひしめくその大会を、あいと天衣は破格の才能を武器に駆け上がって行く。
一方、その師匠はというと……弟子に隠れて美人女流棋士と将棋番組でイチャイチャしたかと思えば、その翌日は別の女の子と原宿で手繋ぎデート!? しかもそのお相手は……銀子!?

将棋に全てを捧げた女性達が織りなす灼熱の祭典を描いた第四巻!
人生で最も熱い夏が今、始まる。

姉弟子(かわいい)!!!

くそぅ、面白い、面白いよぉ。べらぼうに面白いってんだよぉ!!
八一の弟子であるあいと天衣の二人のデビュー戦。地元関西では既に名前が響きだしていた彼女たちですが、東京では未だ知名度ゼロ。
一線級の女流棋士やアマチュアの強豪たちが集う女性棋士たちの祭典であるこの『マイナビ女子オープン将棋トーナメント』に、そんな無名の小学生たちが殴り込み、並み居るプロたちをバッタバッタとなぎ倒していく、というこの痛快さと来たらもう。
天才小学生、なんて肩書、普通なら迫力や貫目に乏しいものなんですが、これまでの3巻で嫌というほど読者はこの二人の「アイ」の空恐ろしい実力を目の当たりにしている。天才なんて軽いもんじゃない。
将棋のプロ棋士、という人外のバケモノたちに堂々と肩を並べる、本物の怪物たち。それが、この二人の「アイ」であることを、自分たちは知っている。思い知っている、と言っていい。
だからこそ、二人の快進撃が並み居るプロたちを蹴散らしていく、なんて軽々としたものじゃないのを体感として理解している。あれは、あれは
「食い散らかしていく」
そう言って過言ではない、怪物たちの百鬼夜行なのだ。彼女たちの進撃の後を見るがいい、その惨状を、食い散らかされた跡たる敗者たちの有り様を。残酷と言うなかれ、これこそがプロの世界。その無情にして凶悪極まる現実の中で、女流棋士たちもまた生きているのだ。
ここでは、プロ棋士と女流棋士との明確な違い、格差もまた容赦なく謳われている。永世名跡という女流棋士の女王とまで呼ばれる女性が、自分たち女流棋士の凄惨な在り方を、弄ばれ踏みにじられ、それでもマスコットとして生きてゆかねばならない残酷な生き様を、滔々と語る姿は凄まじく印象的で、その上でそんな生き様を晒しながらもなお、勝つ、勝利への渇望を、飢餓感を、プロ棋士と同じ勝利に対する執念を、女流棋士は持ち続けなければならないという宿命を、彼女は炎のように語るのだ。その熱は、その火は、確かに女王たる彼女の元から、幾多の女流棋士へと燃え移り、プロ棋士の世界と何ら変わらぬ煉獄を作り出している。
才能があろうが無かろうが関係ない。勝つために、勝つために、勝つために、女流棋士たちもまた己の魂を燃やし尽くしているのだ。銀子も、鹿路庭珠代も、夢潰えて消えていこうとしている瀬戸際の棋士たちも、何ら変わらぬ熱量で、寿命を削るようにして戦っている姿を、この四巻ではこれでもかというくらいに突きつけてくる。
あいと天衣がたった今、足を踏み入れた世界は、そんな煉獄なのだ、と思い知らされる。そして、そんな煉獄を、彼女たちは目から火花を飛び散らせ、口から炎を吐きながら、背中に真っ黒な雷雲を背負うようにして地獄の鬼さながらに、その煉獄の真ん真ん中を突っ切ってくるのだ。まさに鬼であり悪魔であり、怪物そのものたる凄まじい新星なのである。
一方で、その足元でジタバタとのたうち回りながら、七転八倒しながら、鼻水垂らして大泣きしながら足元をふらつかせ、倒れ倒れて這いつくばって、それでも這うようにしながら一歩一歩、泥まみれ血まみれ反吐まみれになりながら前へと進み続ける女が一人。
華々しいデビュー戦を飾って快進撃を続けるあいと天衣の傍らで、彼女たちと比べるべくもない有り様を晒しながらも、それでも勝利を食いつなぎ、綱渡りの綱を落ちかけながらも運良く渡りきり、見るも無残な姿になりながらそれでも、それでも勝ち残っていく桂香さんの、敢えて言おう「勇姿」を見るがいい、見てほしい、見るんだよ!!
それはあいと天衣に比べれば、本当に無様としか言いようがないでしょう。それでもしがみついてすがりついて、同じ夢を共有した同志を足場に踏みしだいて、辿り着いた夢の先。そのみっともない姿の、なんと眩しいことか。なんと輝かしいことか。
どの対局も、もう身体の体温があがってしまうかのような熱戦ばかりで、手に汗握るなんてもんじゃないテンションのあがりっぷりなのですが、とにかくもう頑張れ頑張れと必死になって一番応援してしまうのは桂香さんの対局なんですよね。この才能のない凡人筆頭の彼女のジタバタした戦いっぷりには、見ていて涙が出てきそうになる。本当に好き。もう大好き。

そんな女性たちの戦いとはまた別に、ひたひたと近づいてくる「竜王」の防衛戦。その前哨戦である八一の親友と「神」たる名人の一局。もうこれが、凄まじかった。絶句、絶句、絶句である。なんていう境地なのか。これ、人間のたどり着ける領域なんだろうか。
「神の一手」
囲碁や将棋の作品では決して逃れられない一瞬ですけれど、もうこれたまらんかった。「ぞわぞわっ!!」とならざるをえなかった。対局を見ていた日本全土のあらゆる人間が、言葉を失って意識を飛ばされた、人外の一手。もうこの作品、ヤバいわ。表現の仕方というか演出の魅せ方がもうパないどころじゃないよ。
魂持ってかれる!!
ふわーーっ!
これ、前哨戦でこれって、本番どうなるのよ。どうなるってのよ。今から心臓バクバクしてるんですけど。この後すぐ読むつもりなので、テンションあがりまくってるんですけど。どうしようねー。

あとね、冒頭でも書いたのだけれど、姉弟子(かわいい)がもう天辺取っちゃってるんですけど、どうするんすかこれ?
八一は、敢えてこれ意識的にそっちの考え消してるんだろうか。もう銀子さん、あからさまもいいところじゃないですか。ってか、街中でずっと手を握ったまま東京から大阪まで繋ぎっぱなしって、言い訳しようがないんですけど。この逢引としか言えない逢引を、あいたちに教えなかった、秘密にしていた、という時点で自身でどう言い繕おうが八一も意識しまくってるとしか思えないんですよね。
個人的にはもう圧倒的に銀子推しではあるんですけれど、前巻からこっち将棋のキレっぷりが尋常でなくなってきた、凄まじいレベルアップを果たした八一と、その「眼」に追いつけない銀子という描写が印象的なところで挟まれるようになってきたのが少々気になるんですよね。棋士として、対等から遠ざかっていっている二人。その才能の差こそが、竜王ハーレムとかなんとかなっちゃってますけれど、そんなん障害じゃなくて、才能の格差こそが二人の間に横たわっている最大の障害なのかもしれないのか。

さあ、ともあれさあさあ、次だ。次だ。次ですよ。ついに来た、対名人戦。シリーズ最大にして最凶のホットスポットが来たれりか!!

シリーズ感想