10月入って半月となりましたけれど、とりあえず見られた作品から雑感を。


【妹さえいればいい。】
冒頭から見る人を一気にふるい落としていくなあw
最初のこの狂気バシった妹小説からすると、シリーズが進むにつれて彼の小説はだいぶ落ち着いてくるのだけれど、ライトノベル作家としてのスタンスは同じラノベ作家モノの【エロマンガ先生】のマサムネとはだいぶ傾向が違うんですよね。ひたすらに自分の書きたいモノに対する拘りを譲らないタイプ。このあたりの違いはなかなか興味深い。
それにしても、千尋くん。これ、どう見たら弟に見えるんだろうというくらい女の子なんですけどww いや、さり気なくお尻のラインに拘りを感じるデザインである、さすが。
いきなりボードゲーム、どころか思考ゲームで遊び出すのを第一話でやるってのは凄いなあ。こういう話なんですよ、というのを表すにはうってつけだったんだろうけれど。わりと確かにこういう遊びばっかりしてる作品ですしね。
一方で、最後には那由多との出会いをはじめとして、人間関係とそれぞれが抱いている想いというのもしっかりと描写していて、一話で見せるべきをしっかり詰め込んできたあ、という印象。地に足の着いた良作になりそう。
あと、アシュリー先生が動くとやばいw


【Infini-T Force】
うわ、オールCGなのか。うわぁ、と見た瞬間は思ったのだけれど、動いているとこれが意外なほど馴染んでいて、3DCGアニメもここまで違和感なくなったのか、と感慨深いものが。
「科学忍者隊ガッチャマン」「宇宙の騎士テッカマン」「破裏拳ポリマー」「新造人間キャシャーン」のクロスオーバー作品、ということでそれはそれで面白そうなんだけれど、自分の世代(あらふぉー)でもこの四作品、大昔の作品でちゃんと見たことないんですよね。
それでも十分面白そうなのですが、ヒロインの子が「イマドキの若い女の子」という悪い側のイメージを凝縮したような子なのが、わざわざそんなキャラにしなくても、と思わないでもない。
あと、ガッチャマンが一人だけ凄まじい昭和臭というか、古い価値観を迸らせている昭和のおっさんなのがワラタ。


【お酒は夫婦になってから】
至福〜〜。何気に既に夫婦という関係なのが、この場合味なのよねえ。遠慮なくイチャイチャできるし。おのれ新婚。


【牙狼<GARO> -VANISHING LINE-】
今度の牙狼は、おっさんだー!! 今期、おっさん率が高い気もするけれど、特撮系ヒーローはもうイケメンがやるのは実写の方で、アニメはおっさんに移行しつつあるのだろうか。
牙狼のアニメでは、現代モノというのははじめてか。中世ヨーロッパに平安時代、という流れでしたしね。この濃さはやっぱり好きかも。


【血界戦線 & BEYOND】
うほほほ、来たぜ来たぜ血界戦線来ましたぜー。この日刊世界の危機な日常が相変わらずすぎて、ヒャッハーでんがな。
いやもう、改めてこの街、やべえなんてものじゃないよね。人が自由に死にすぎぃ!!
でもやっぱり面白い。見てるとテンションあがってしまう。
何気に冒頭の妹のシーンで保険屋コンビの人形が置いてあって、遊び心満載なのがまたいいんだよなあ。
個人的にはホワイト、大好きだったのでOPでも一話のラストでも彼女の余韻を描いてくれたのは凄い嬉しかった。


【3月のライオン 第2シリーズ】
野口先輩は改めて見てもとてもじゃないけれど高校生には見えんよなあ。どうやったらあそこまでの貫目を出せるようになるんだろう。あと髭。
隈倉健吾九段のおやつタイムの描写、力入りすぎだろうこれw なんかこれ見ただけで、見た甲斐あったと思えてしまうほどの大迫力。ケーキとはこれほどまでに凄まじい食われ方をされる食べ物だったのか。ケーキ食いたい。


【十二大戦】
あれだけ長々と猪子の始まりからの回想シーンをやっておいて、最後のドーンですか。これも原作読んでないんだけれど、西尾維新作品の中でもわりと殺戮系の寄りなのかしら。ってか、これまんま決着が十二支の順番通りだと勝者まるわかりなんですけど、どこかで流れ変わるんだろうか。
そう言えば、何気に西尾維新作品のアニメ化でシャフト以外なのってはじめてなんでわ。


【ネト充のススメ】
将来、何になりたいですか? どんな夢がありますか? と問われるならばこう答えよう。
ニートになりたい。
これは、それを実際に叶えてしまったエリート・ニートの独身女性の充実したネトゲ生活の物語である。ってか羨ましいなあ、もう。
ただ実際これやると、将来への不安から押しつぶされるだろうから、とてもじゃないけど出来ないんだけれど。宝くじさえ当たれば、というやつですよね、はい。
いやでも思いの外面白いな。リアルでは女だけれど、ネトゲでは男のキャラでプレイしていて、可愛い女の子キャラのプレイヤーと遊んでいくなかで、「女の子の気持ちわかんねーー! 女なのに!」と悶絶するシーンとか、もうなんちゅうか、ねえw


【ブレンド・S】
おおう、これは確かに【WORKING!!】っぽい。ドSキャラってけっこう難しいと思うんだけれど、苺香のあの蔑むような目は絶妙すぎて、素晴らしいww
コメディのテンポもよほど軸がしっかりしているのか、隙なくポンポンと流れていくし、見てて心地良いくらい。これは良作になりそう。


【鬼灯の冷徹(第弐期)】
あれ? なんか普通に座敷わらしの双子が既にいるんですけれど、第一期のTVシリーズではまだ登場してなかったですよね、この子ら。OVAで加わったんだろうか。
相変わらずの身も蓋もないノリで、面白い面白い。原作も好きなんだけれど、アニメもこれ面白いんだよな。イザナミ様の屋敷の玄関の柱オブジェの酷さとか、アニメで見るとシュールさが増々すぎて、なんじゃこれw
茄子のセンスで改装された柱オブジェ、動きと声が付くと威力が半端なくなってるんですがw
EDはマキちゃんのソロですよ。アイドル・マキちゃんが歌歌ってる! 最近、体当たり芸人な仕事ばっかり見てたんで、結構新鮮ww


【魔法使いの嫁】
最近、第一話のアバン、いきなりOPからって逆に珍しいんじゃないだろうか。でも、そのOPがもう威力満点すぎて、初っ端からハンマーパンチ喰らいましたがな。この歌ってる人、マクロス△のワルキューレの人なのか、納得。
いやでもこれはすごいわ。中身もすごい。ただただ見てて圧倒されたというか、見とれていたというか。まだ突端で、チセの変化とエリアスに与えていく影響が描かれていくのはまだまだこれからなので、はじまるのはこれからと言っていいんだけれど、これは物凄い期待できそう。
しかし、今から見るとこの人買い、というかオークションの取次の人、最初から非常に丁寧かつ誠実にチセに対して接しているのが見て取れて、なるほど色々と納得してしまった。チセからすると、この時点から信頼に値する人だったんだろうか。


【UQ HOLDER! 〜魔法先生ネギま!2〜】
うわ、うわーー! これはずるい。まさかのOPが「ハッピー☆マテリアル」。ぶっちゃけ、「ネギま!」のアニメに関しては良い思い出が一つもない自分にとってすら、郷愁と感慨が溢れてきて、なんか「うわー」となったんだから、想い入れある人にとってはこれとんでもない威力だったんじゃないだろうか。
冒頭からグロゲチョな、不死人という要素を如何なく使いまくって人体ずんばらりんしまくる展開なんだけれど、そのへん妥協せずにしっかり血と肉がブシャーってなる描写を徹底していて、かなり感心した。というか、アクションかなりちゃんと動いてるよね。
はっきり言ってしまうと赤松先生の作品、「ラブひな」も「ネギま!」もアニメとしては本当に筆舌に尽くしがたい出来栄えだっただけに、ここに来てようやくまともなアニメ化が成ってて、なんか感動してしまった。ラブひなにしてもネギまにしても、あれほどの作品がどうしてあんなんなったんだ、という憤りが、未だに燻ってるもんなあ。それだけに、それだけに。
ほんと、本作は「まともに」このまま続けてほしい。