落第騎士の英雄譚(キャバルリィ)11 (GA文庫)

【落第騎士の英雄譚(キャバルリィ) 11】 海空りく/をん GA文庫

Amazon
Kindle B☆W

「守ってみせるわ。誰一人傷つけさせたりしないんだから! 」

紆余曲折を経つつもステラの故郷ヴァーミリオン皇国の人々に受け入れられた一輝は、隣国クレーデルラントとの『代表戦』選抜として準備を進めていた。
そんな中、クレーデルラント側からの招待により、一輝はステラやその姉ルナとともに隣国へと向かうことになる。そこで待っていたのは国をあげての盛大な歓待。だが背後ではステラに異常な執着を示す《傀儡王》オル=ゴールの、想像を絶する悪意が蠢動し始めていた。
すべての人々を救うため、一輝とステラ二人の極限を超える戦いが始まる!
昔、神宮寺理事長と西京先生の現役時代のエピソードを聞いた時、桁違いを通り越してもう次元の違う能力に「登場する漫画がこの人たちだけ間違ってる」てな感想を抱いたものでした。しかし、どうやら彼女らのレベルでないと舞台に上がれないステージというものが存在していて、この第二部というのはまさにその領域での話になってきてるんですよね。
何気にもう学園モノという括りからは解き放たれてしまっているのだけれど、デビュー作の【断罪のイクシード】を彷彿とさせるこの異能力バトルは、作者としてはこっちも大好きなんだろうな、というのが伝わってきてしまって、なんともむず痒い気分である。いやだって、自分も好きだもの。【断罪のイクシード】めっさ好きだったもの。
ただ、まだ作品の空気感として、ステージが変わったことにまだついていけてないというか馴染めておらず、うまく噛み合わなくてチグハグになっている雰囲気はあるんですよね。読んでいるこっち側の意識のみならず、中身の登場人物たちの意識も変化に乗り遅れている感があるのだ。その最たるものが、メインヒロインのステラである。単に強さの境界を突破できていなくて足手まといになっている、というだけでなく、覚醒した魔人たちの世界観に彼女、まだ全然ついていけていないし、理解が及んでいないのである。彼らが見ているものを、ステラは見ることが出来ていない。その自覚があるだけに、余計に空転している節もある。状況が状況だけに、余裕をもって周囲と自分を見つめ直して立て直す、なんて真似が出来るようなありさまでもありませんでしたしね。もしあのまま状況が推移して、西京先生をはじめとした援軍を迎えて巻き返しを図ったとしても、ステラは追随できずに置いてけぼりをくってそのまま絶望的な距離をおいてしまったでしょう。その意味では、ルナ姉様の行った仕切り直し、というのはステラに追いつく猶予を与えてくれたのと同時に、新たなステージに至った作品の世界観がステラを通じて定着するまでの猶予でもあった、というべきなのかもしれません。
しかし、まさか間一髪で現れた助っ人が、多々良幽衣だったというのは意外も意外じゃないですか? 暁学園のメンバーとしてステラたちと戦った敵手でありながら、今度は味方として、という展開は大いに燃えるところなんですけれど、この娘って確かステラにぶっ飛ばされてた娘でしたよね。魔人サイドのメンバーと因縁ありとはいえ、ステラですらあのありさまなのに大丈夫なのかこれ。それとも、まだ見せていない真打が隠されているのか。その意味でも、超強い助っ人の登場、ではなくて今回ボコボコも良いところのステラに前にボコボコに負けている娘をここで持ってくる、というのは逆に面白いかもしれない。ある意味、先に行ってしまった一輝と違って、ステラにとって切磋琢磨できる立ち位置ですしねえ。まあ、悠長にせめぎ合ってる時間的余裕もないし、キャラ的にもまず馴れ合わないタイプだろうし、どう処理するのか非常に興味深い。

シリーズ感想