FGOハロウィン三年目イベントも後半に突入しました。AP消費も30になってさらにあがったのですが、その分取得経験値もガガン!とあがってくれたお陰で、コンスタントにレベルアップしてAP満タンになってくれるので、むしろ前半よりも周回ペースはあがってきたかもしれません。
ただ、その分敵さんも強くなっていたものですから、フリークエストはかなり青息吐息。幸いまだ全滅こそしてないものの、あと一騎というところまで追い詰められるのもしばしば。
しばらくは曜日クエストに費やすリソースもないものですから、厳しい戦闘を続けなければならないようです。それでも、後半に入ってから特にザクザクとお菓子と素材がドロップしてくれるので、モチベーションはあがりっぱなしなのですが。
始めた時には途方もなく先に思えた勾玉などを始めとした素材の必要数もこのペースだとある程度は確保できそうですし、なんとかやりくりしてゲットしていきたいと思います。

それにしても。

繰り返しになりますが、まだ三章入ったばかりのストーリー序盤勢であるわたくし。今回のイベントに出て来るサーヴァントたちは殆どが初見となるのですよね。人気のあるキャラクターは色んな機会でお目にかかることも多いのですけれど、特にアガルタ勢なんかはファンコミックなんかでも自分がうろつく範囲ではあんまりお目にかからなかったので、どんなキャラなのかも具体的には知見を得る機会もなかったのです。

君のことだよ、CEO!!

所見だけれど、貴女そういうキャラでいいんですよね! 初登場から意識高い系なんですよね。意識高すぎて何言ってるかわからないから話通じないバーサーカーなんですよね、アマゾネスドットコム!
アガルタシナリオに到達する日が今から楽しみです。きっと、メガネを掛けたハイソサエティな配送会社CEO兼配達員の人が迎えてくれるのでしょう。いったい、どんなシナリオなのか想像もつかないのですけれど。
なんか、同じくあっちでも「死にたくないですー」と引きこもってる人が居たようなきがするので、同じく通販で死にたくない人の立てこもりを補給面で支援したり、逆に配達にかこつけて扉を鉄球で破壊して「死ねーー!」と突入する特殊部隊的な活躍をするのですね、わかります。

エルバサさん、欲しくなってきたゾ。