我が驍勇にふるえよ天地5 ~アレクシス帝国興隆記~ (GA文庫)

【我が驍勇にふるえよ天地 5 ~アレクシス帝国興隆記~】 あわむら赤光/卵の黄身 GA文庫

Amazon
Kindle B☆W

リント攻防戦、最佳境へ!!

レイヴァーンの策により壊滅間際まで追い詰められたアレクシス軍。
だがレオナートは奪還した故郷リントを早くも発ち、戦況を打破する豪胆な一手へ向けて走りだしていた。
それは知謀シェーラが示す電撃作戦。不利が有利へ塗りかわり、敗走が大戦果への活路となる!
興奮必至のリント攻防戦、最佳境へ――!!

「急げ。次へ行く」
闇を往く百騎の死神。今宵、我らの英雄譚は終わらない――
終局まで読み切り、正着手を打ち続けるレイヴァーンの作り上げた、盤面全てを覆せ!
魔法がないから盛り上がる、痛快・本格ファンタジー戦記。両軍雌雄を決する第5弾!!
戦記モノって一種の群像劇だと思っているんだけれど、本作のアレクシス軍のキャラクターの多様性はなかなか類を見ない広さだわなあ。これだけ多士済々いるのも珍しいんじゃないだろうか。好漢が粒ぞろいに揃っているというタイプはよくあるんですけどね。お陰で味方陣営の人間模様を眺めているだけでも十分に面白いのだけれど、これが戦場での様子を描くとまた違った側面が出てきて、その上本作って味方が圧倒的に強いばかりではなく、敵側も常に強敵ばかりで一敗地に塗れるときもある。今回なんぞその極地であり、全軍崩壊敗走という憂き目にあうのだけれど、そういった局面だからこそ普段では見えてこない側面なんぞも見えてくるんですよね。
心弱ったジュカの捻くれまくったデレっぷりも、この一敗あってのことでしょう。ってかこの娘、予想以上にアランのこと大好きなんじゃないのこれ? 刺々しい語り口に誤魔化されそうになりますけれど、言ってること客観的に見てみると、めちゃめちゃ恥ずかしいことばっかり言ってないですか?
キスの約束反故にされたときのものすげえガッカリっぷりには笑ってしまいましたがな。シェーラに負けず劣らずの可愛らしさなんですけど。
一方でこの敗走で目立ったのがやはりアランのしぶとさでしょう。士気が崩壊して規律も何もかもがボロボロになった中でさえ、きっちりと軍をまとめて抵抗を続けられた、というだけで名将の器でしょう。このあたりは、同じく軍人としても騎士としても極めて有能であること疑いなしであるフェルナント卿が、戦う集団として指揮下の勢をまとめられなかったことでより引き立っている。いや、フェルナント卿もあの状況で部隊を四散させてないだけで大したもののはずなんですけどね。
最初は将としては特に特徴のない可もなく不可もなく、という塩梅に見えたアランだけれど、巻を重ねるごとにレオナート以外では唯一大軍を任せられる総司令官タイプ、というのが見事に浮き彫りになってきたんじゃないだろうか。
そんでもって、やっぱり一番派手なのがトラーメですよねえ。この忠義心の一切の無さは見事なくらいで、レオナートの方も彼のことはまず間違いなく嫌いなのに、この主従としては面白いほどの噛合いっぷりときたら。見てて一番面白いですわ、この人は。
今回の潰走は、機を見るに敏であり裏切るタイミングとしては最適であり、トラーメみたいなタイプがどう転ぶにしても一番暗躍して好き勝手する機会であったにも関わらず、ある意味一番彼が使い尽くされ働かされ倒す結果になってるわけですしねえ。
それで褒められて喜んでしまっていながら、自分で気づいていない姿ときたら。いやはや。
トラーメを要とした、全面潰走という絶体絶命のピンチからの起死回生の一手。これは、そりゃ後世に渡って軍記物なんかの語り草になるわなあ。なんというか、絵面がもう伝説的じゃないですか。
逆に、あそこまで全面的に勝っていながら、ヤバいとみるやそれまで多くを費やし積み重ねてついに切り出した一手を、まったく拘らずに放り出して致死になりかねない一撃をあっさりかわしてみせたレイヴァーンの徹底した合理性は、空恐ろしさしか感じませんでした。戦場の帥としては極みに至る一人なんじゃないだろうか。
だからこそ、その無謬の合理性をついてみせたシェーラの見ている景色の高さに背筋を震わされるのですが。
ジュカのそれが戦争芸術とすれば、レイヴァーンのそれは鉄血の合理性。そしてシェーラのそれは、血も涙も夢も何もない非情な戦争の現実に、【フォークロア】という浪漫と未来と希望で彩ってみせる演出家。煽動者であり語り部でありコンダクターというわけだ。レイヴァーンも、自ら状況を作り出せる戦略家だけれど、彼の場合それは自分の手が及ぶ範囲なんですよね。シェーラのそれは、ステージが一つ上側に違うと言っていい。そりゃ、前線の将帥の一人にすぎないレイヴァーンからすると想像つかんかもしれんなあ。
彼の手の長さの限界というのは、ラストシーンにも及んでいて、だからこそのあの度肝を抜かれるような仰天の展開に繋がっているのでしょうけれど、あれはまさかまさかだわなあ。
予想外過ぎて、もうどう転ぶにせよワクワクするしか無い展開ですがな。どうすんだこれ!

シリーズ感想

とっとと