英雄教室 8 (ダッシュエックス文庫)

【英雄教室 8】 新木伸/森沢晴行 ダッシュエックス文庫

Amazon
Kindle B☆W

ローズウッド学園の仲間は今日もすくすく成長中! アイン&ツヴァイの霊鳥姉弟が、人間になっちゃった!? 元気すぎるパワーで女帝もたじたじ!
夏!海!南の島にバカンスにやって来た生徒たち。そこでブレイドとクレアの仲が急接近!?
帰ってきた現代学園!アーネストが幼馴染でソフィが転校生!?仮想世界で繰り広げられる英雄教室「日常学園ver.」のゆくえは!?
反目しあう生徒と王都防衛隊の両方に国王から指令が下される!逃げ出した厄介なモンスターを討伐せよ!今回の「実戦的訓練」は犬猿の仲の防衛隊と共同作戦!?しかも能力コピーするモンスターとか!?反則なんですけどーっ!?冒険&青春マシマシの第8巻!
カシームーー!? 皇帝カシムイベントは、なんか学園モノの定番というか、一番お馬鹿な友達キャラを親の参観にかこつけて持て囃すハメになる、というアレなんだけれど、アーネストをあれだけ女扱いすらせずに好き放題やらかす命知らずっぷりは一周回ってカッケエ! となるほどで、何気に後輩に信奉されているというのもわからなくはなかっただけれど、この短編のラストのオチにびっくり仰天ですよ。え!? 平民の子じゃなかったの!?
キャラクターの方向性、似ていると言えば似ているけれど言われないとわからないほどだしなあ。その上、女子からのモテっぷりの差ですがな。まあ、現状極めてモテナイ型の頭悪い男の子ですけれど、ナイスガイではありますし、わりと肝心な時の女の子の扱い方下手ではないと思うので、やはりおとなになったら変わるんですかねえ。
ちょっと「ほえ!?」と思ったのが、このカシムに対してイェシカが何気に気がある素振りをみせたところなんですよね。シリーズ中盤入って有耶無耶になってたんですけれど、確か最初の方ってカシムってクレアのこと気にしてなかったけか。それで、イェシカに対してはクレイがすごい意識してたはずなんだけれど、今回クレアはクレアでクレイのことちょっと気にしてるらしいことイェシカが発言してたし、見事にクロスした関係になりつつあるんだろうか。初期の頃の男子たちのアレが継続しているなら。それはそれで面白そうではあるのだけれど。
今回のシリアスというかしんみり話は、まさかの仮想世界編での展開となりまして。現状、みんなハッピーで悩みも不満もとてもありそうになかっただけに、それこそアーネストがそろそろブレイドとの関係まったく進展しないしブレイドの精神年齢的成長が頭打ちだし(そうでもないっぽいけれど)、鬱憤溜まったんじゃないか、と考えたんだけれど、そうかー、そっちの話があったかー。
ソフィについては、姉妹は精神はソフィの体に緊急避難することで救えたので、それで解決だと思っていたのだけれど、ああして姉妹仲良く暮らしている姿を見せられると、違う個体で存在するということの意義というものを想起してしまう。同時に存在するのと一緒に居るのとは、また別なんですよねえ。
でもまあ、この世界観だとアインとツヴァイがなんとなく人間化できたように、頑張ればなんとかなりそうな気がしないでもないんだけれどなあ。
あと、兄妹でもその歳で一緒にお風呂とかアウトなのに、幼馴染だから一緒にお風呂オッケーとかエロゲでもまず見たことないですから。アーネストさん、そこんところ本当によろしく。

最後の劣化コピーブレイドとの激戦見ると、もうクラスメイト全員人間やめてますよね、これ。それでいて、まだ準勇者級になるかならないかレベルだってんだから、勇者業界のインフレどこまで青天井になってるんだろう。

シリーズ感想