ネトゲの嫁は女の子じゃないと思った? Lv.15 (電撃文庫)

【ネトゲの嫁は女の子じゃないと思った? Lv.15】 聴猫芝居/Hisasi 電撃文庫

Amazon
Kindle B☆W

修学旅行は大波乱!残念で楽しい日常≒ネトゲライフ、大願成就の第十五弾!

残念美少女・アコたちネトゲ部(二年生組)に修学旅行の季節がやってきた!
そこで英騎が抱いた野望は――「修学旅行でアコとファーストキスをしたい!」
……こないだやった? こないだのはノーカン! 最高のキスでアコのファーストキスの想い出を上書きしてやる!
そんな修学旅行に襲いかかるのは期間限定の周回クエスト。旅行中にこっそりネトゲをするための条件は『修学旅行を最高に楽しむ』こと!?
真のファーストキス達成へ向けて、ネトゲとリアルを同時クリアするための挑戦が始まる……! 残念で楽しい日常≒ネトゲライフ、大願成就!?の第15弾!
もう、めちゃくちゃ楽しそーだなー!!
学生生活、ここまで満喫してる子たち、ラノベ業界見渡しても居ないんじゃないですかね? 100%完璧に、満喫しまくってるよ。
修学旅行だって、普通に観光して回ってるだけで特別な事件とか起こらないのにめちゃくちゃ楽しそうで面白そうで、一生モノの思い出になるだろうな絶対、というような様相なんですよね。
一人先輩ということで修学旅行からハブられた会長がどうなんだろう、と思ったらルシアンが相談したアコとファーストキスしたい、という話に付き合って、うまいこと適度にサポートとして電話越しだけれど旅行に介入してきて、それも邪魔するでもなく一緒に旅行楽しんでいるような感じで入ってくるので、全然ハブられてる感じしなかったんですよね。また、あっちはあっちで妹たちが会長のお相手しててくれてて、一人寂しくというわけではなかったですし。近くに居ないほうがなんか頼もしかったぞ、会長w
何気にあっちこっち回る観光のアクセントになっていたのが、猫姫先生が旅行中にネトゲのイベントにかまけないように、と先生として寄越した修学旅行を楽しむためのクエスト集、なんですよね。
特に難易度が高いわけじゃない、その観光地でならすぐに出来るような簡単なものなんだけれど、中身が現地についてから開かないとわからなかったり、ただ観光地を見て回るだけにならないアクセントになってて、凄くいい具合に旅行を盛り上げる要素になってたんですよね。あれは猫姫先生、先生としてグッドジョブすぎるお仕事でしたよ。
いつかの合宿みたいに、外で遊ぶことそっちのけでひたすらネトゲ、みたいなことにならないか、という心配は猫姫先生もセッテさんと同様に見ているこっちも考えることだったのですけれど、アコ含めて全員修学旅行の方楽しみすぎてて、いやはや、なんかこっちまで多幸感が……。
だいたいさー、このグループ仲良すぎるんですよねえ。マスター含めて、茜にしてもセッテさんにしてもルシアンに対しての好感度、めちゃくちゃ高いんですよね。好感度95/100とか、ほとんどフルコンプ間近じゃないですか。これ、他人から見てじゃなくて、茜の直答というのがまた。セッテさんの80だって、アコに気を使わないとねー、と公言しながらのものですから、実際はもっと高いよー、と言ってるようなものですし。
これでカップリングとしてはアコとルシアンで揺るぎなし、なんですからなんかもうすごい。ここまで見事に恋愛臭を出さずに男女の仲の良さを体現しているのも、あまり見たことないですもんねえ。まあルシアンとのそれ以上に、女性陣同士の仲がもう無茶苦茶良すぎるというのもあるんでしょうけれど。親友通り越して心友レベルだもんなあ。まあそれでも、茜なんかは特に内心思うところはあるのかもしれませんけどねえ。でも、我慢しているという様子はまず見えないし、そこはきっぱりすっぱり割り切ってるんだろうなあ。
今度はマスターも連れて、普通にギルドのメンツで旅行行ってもいいんじゃないだろうか。でも、時間に追われながらの旅行って急かされるばかりで楽しくなさそうなのに、この子らはタイムアタックのノリで駆け回りながら、その場その場では全力で楽しみ切っていた、という旅路でしたので、下手にじっくり回るよりこの子たちはこういうタイプの旅行の方が合っているのかしら。いや、じっくりあっちこっちを見て回るタイプの旅行でも関係なく存分に満喫しそうだし、今のこの子たちは何してても100%楽しめるんだろうなあ。羨ましいし、ほんと素敵ですわ。

シリーズ感想