東京ダンジョンマスター ~社畜勇者(28)は休めない~ (ファミ通文庫)

【東京ダンジョンマスター ~社畜勇者(28)は休めない~】 三島 千廣/荻pote ファミ通文庫

Amazon
Kindle B☆W

おっさん勇者と愉快な仲間たちの、異世界ダンジョン攻略記!!

かつて異世界を救った勇者の上総も、現代に戻った今は一人の企業戦士。今日も残業を終えて帰宅すると、そこに現れたのは、異世界の仲間である王女リリアーヌとメイドのクリスだった。彼女らを六畳一間の自室で養うことになった上総は、その後秋葉原駅で出会ったJK巫女の紅に弱みを握られ、彼女や同居人たちと共に異世界の魔物が跋扈するダンジョンに足を踏み入れることになる――。サラリーマンと愉快な仲間たちのダンジョン攻略記、開始!
28歳はおっさんと違うわー!! と、アラフォー熱く絶叫する。
いやマジで。ほんとにマジで、28歳ってのは若者ですから。肉体年齢的に!
十代の学生からすると28も38も変わらないようにみえるかもしれませんけれど、絶望的に違いますから。
でもおっさん呼ばわりされて笑ってられずに本当にショックを受けるのは、自身でおっさん化している自覚がある場合なので、上総は精神年齢的にちょっと老成というか草臥れているところがあったので、余計にガツンと来たのかもしれないなあ。気が若けりゃあ、子供におっさん呼ばわりされても笑っていなせるものでしょうし……いやでもわりとこの年代の方がおっさん言われるとショックな記憶も無きにしも非ず。

異世界から戻っても、何の保証も余録も社会的特典もなく、もちろん大学進学への補助も推薦入学もなく、ただ行方不明だったわけですからそりゃ帰ってきてからが辛いです。それでも、高校中退からちゃんと就職してのけた上総は偉いと思うのだけれど、異世界勇者生活がハードすぎてブラック企業で働いててもそれほど疑問にも感じない、というのはなんかもう世知辛い!!
ただ、まんま勇者の頃の身体能力とか残っているならそれを利用した職につけたら有利に働いただろうに、と考えたところでそう言えばこの鬼畜な労働環境を体も壊さず乗り切れてるのって人並み外れた身体能力のお陰か、と思えばちゃんと有効利用していると言えるのか。
あまりにもあまりにも、だけれど。
そんな社畜と化し、ひたすら働くために生きている、みたいな有り様と成り果て、かつての勇者の栄光どこへやら、という格好になってしまっている上総ですけれど、そんな環境にも関わらず彼の精神というのは勇者の頃から何一つ変わっていない、というのは立派ですわ、ほんと。異世界から彼のもとに。ただただ、彼と生きるために元の世界を後にしてこの世界へと飛び込んできたリリアーヌとクリスが、今の上総と再会してなお失望も幻滅もせずに居られたことこそが証左でありましょう。違う世界で生きる覚悟を決めてきた姫様たちの肝の据わり方も確かにあるのでしょうけれど、かつてと変わらぬ上総の人となりが、再会してみれば一回りも年上の男性となっていてなお、何も変わっていなかったことこそが彼女たちに大きな安心を与えたと思えば、立派な大人になってるじゃあないですか社畜なのはともかくとして。
なによりこの上総という勇者の在りようというのは、頼まれたら断れない、困っている人が居たら見捨てない、という性格で、それはもちろん優しいとかお人好しとかに分類されるのかもしれないですけれど、それよりも強く感じたのが「侠気」というやつなんですよね。
仁をもって義をなす。
義によって仁を尽くす。
或いは、義を見てせざるは勇無きなり、とも言うべきか。
彼の行動を見ていると、その優しさや人を助ける行為に対して無責任な甘さがなく、ごくごく自然に自分の行いに対して責任を負う覚悟を持ってやってるところがあるんですよね。それはバッサリとした割り切りとも少し違うようで、これは頼りがいがある漢だよなあ、と感じてしまうわけですよ。
普段の情けない言動とは裏腹の、その懐の深さと背中の頼もしさは、この手のお人好し系主人公にはなかなか見られない、ピリッとした侠客的な味わいをかんじて、なるほどさすがまだ未熟な未成年勇者とは違う、おっさん呼ばわりされてもいいんじゃないかな、という大人の風格でありました。

異世界のダンジョンが現代社会に現れて、という作品は昨今だいぶ見かけるようになってきましたけれど、そこに現代側の魔術サイドが絡んでくるのはともかくとして、それ以上に突如都市部に降って湧いていた「災害」という側面を、一般人の被害状況も含めて如実に描いている展開は、物語の迫真性や緊迫感に勢いと重心をもたらしていて、このタイプの話としてはかなり歯ごたえがありました。読んでて面白かったですね。
ヒロインの一角の紅が、さすがに狷介に過ぎていて、対人不信と色々拗らせまくってる原因があるので、仕方無いっちゃ仕方ないですし、やっとこ心許してくるラストあたりはちゃんと可愛くなるんですけれど、管狐くんが取りなしてくれなかったらさすがに途中でしんどくなってたでしょうね。いや、あの管狐の取りなしって、上総は全然気にしてなかったのを考えると完全に読者に対して向けられてたよなあ、と思わないでもない。その意味ではちゃんと効果的ではあったんじゃなかろうか。紅の抱えているものの説明としても大切でありましたし。
しかし、ここまで日本の術者側の実力が太刀打ちできない格差がある、というのは辛いものがあるなあ。