ロード・エルメロイII世の事件簿 1 「case.剥離城アドラ」 (TYPE-MOON BOOKS)

【ロード・エルメロイII世の事件簿 1.case.剥離城アドラ】 三田誠/坂本みねぢ TYPE-MOON BOOKS

>Kindle
B☆W

第四次聖杯戦争から十年後、少年は君主(ロード)となった―――。Fateシリーズに連なる魔術ミステリー、ここに開幕!!

『時計塔』。それは魔術世界の中心。貴い神秘を蔵する魔術協会の総本山。この『時計塔』において現代魔術科の君主(ロード)であるエルメロイII世は、とある事情から剥離城アドラでの遺産相続に巻き込まれる。城中に鏤められた数多の天使、そして招待者たちそれぞれに与えられた〈天使名〉の謎を解いた者だけが、剥離城アドラの『遺産』を引き継げるというのだ。だが、それはけして単なる謎解きではなく、『時計塔』に所属する高位の魔術師たちにとってすら、あまりにも幻想的で悲愴な事件のはじまりであった──。魔術と神秘、幻想と謎が交錯する『ロード・エルメロイII世の事件簿』、いざ開幕。
かつて、征服王と呼ばれた英霊とともに第四次聖杯戦争を駆け抜けた少年が居た。7柱の英霊と7人のマスターによる人知を超えた戦争を生き残った魔術の才能を持たぬ彼は、十年の時を経た今、「ロード」を引き継ぐ者として、「時計塔」の地にあった。
人呼んで、ロード・エルメロイ鏡ぁ
これはかつて何も持たざる少年だった男の物語である。
それを手がけるのは三田誠氏。【レンタルマギカ】をはじめとした古今の魔術を題材とした作品を手がけてきたかの人である。三田さんの描く濃密で深淵と闇に親しく、しかして人の業揺蕩う魔術世界は、タイプムーンのそれと親和性が非常に高いと前々から思っていましたが……これほどか!
事件簿のタイトル通り、常識的な物理法則が通じない魔術界の話でありながら、クローズドサークルにて発生していく連続殺人事件を取り扱ったミステリー小説としての皮をかぶっているのだけれど、これがまたこれでもか、というくらいにタイプムーン世界の魔術界としての物語なんですよね、これ。
「根源の渦」と呼ばれる真理にたどり着くことこそがすべての魔術師たちの存在理由。その為に、ありとあらゆる犠牲を許容し、倫理を投げ打ち、未来すらをも消費する。純粋な魔術師であればあるほど、人の枠を踏み外し魔術師という別の生き物へと成り果てていく。そんな魔術師としての闇、魔術師としての業、その深さ、その闇、その陰惨さこそがかの世界の根底を担う色彩なのである。
そんな魔術師としての真理、魔術に溺れた者の業はロード・エルメロイ鏡い鬚呂犬瓩箸靴薪仂貎擁たちにも色濃く根付いている。それは、他作品ではほぼ全部に渡ってコメディ・リリーフとして活躍するルヴィアゼリッタ・エーデルフェルト嬢ですら変わらない。
というか、本作に登場するルヴィア嬢は恐らく唯一と言っていいほど希少なシリアス一辺倒の彼女であり、純粋な魔術師として描かれる彼女であろう。魔術師としての歴史も、伝統も、闇も、業もおぞましさも醜悪さすらも毅然と抱え込んだ、強大にして恐ろしく、そして美しい美貌の魔女。
であると同時に、彼女の清廉にして高潔、純粋な人となりが些かも損なわれず描かれているのは見事という他ない。見惚れるような格好の良い女性として、ルヴィアゼリッタ・エーデルフェルトは描かれている。
人として踏み外した人の皮をかぶった怪物である魔術師たち。彼らが望む頂へとたどり着くには、人としての在りようはむしろ邪魔でしか無く、魔術の高みへと登れば登るほどにそれは人から外れていく。それが、魔術師というもののはずなのに。
真理の探求、混沌の渦への到達に至るための一助を得るために剥離城アドラに集った魔術師たち。彼らを襲った事件、そしてそれに伴って彼らが蠢き、暗躍し、跋扈した結果生み出された謎、闇、惨劇と妄執を、一つ一つ丁寧に取り払い、時として吹き飛ばして、消され伏され隠された先から取り上げた時、そこに浮かび上がったのは。
あまりにも人間らしい、人らしい、心の在りようであり、業であったというのはあまりにも皮肉な話であり、そしてそれこそがタイプムーンが綴ってきた物語らしい姿だったのである。
どれほど人の道を踏み外しても、人の枠を逸脱しても、どこまでいっても魔術師は……「人間」なのだと。
苦しみも安らぎも、妬みも憧れも、優しさも怒りも、愛も憎しみも、あまりにも人間らしい感情であり、たとえどれほど高みを目指そうと、魔術師はそんな感情を持つ人間であることから逃れられない。
これは純粋な魔術師たちの物語であると同時に、どうしようもないほどに「人間」たちの物語であった。登場人物の一人ひとりが、生粋の魔術師として在りながら、見事なまでに一人の「人間」として描かれていた作品だった。
そして誰よりも主人公である彼が、誰よりも魔術を愛し、高みに焦がれ、それでありながら才の欠片もなく底辺を這いずるしかなかった少年は、才の無さこそそのままに、その魔術師らしくない在りように大人の体を伴って、今もこうして手の届かない天を仰ぎ見ながら歩いている。
ウェイバー・ベルベット。彼のその有り様が、成長した姿が、なんとももどかしく、懐かしく、格好良い。
彼の背を見て、その歩みの後ろをとぼとぼとついていく弟子の少女。グレイこそ、未だ魔術師ではなく人間ですらない存在なのだろう。そんな希薄な彼女の目に、じっと逸らさず見つめ続けている師の姿がどう映っているかは、本編をご覧じていただきたい。ただ、彼が彼女に指し示しているのが魔術の道か、それとも全く異なるモノなのかは、さて大人の体を成しながらまだどこにも辿り着いていないだろう若きロードにもわかっていないのだろう。革新的であり新世代の寵児として時計塔でも注目の的となっている名物講師は、ただもがいてかき集めたものを形に整え直しているだけで、何かの確信を持って指導を行っているというわけではないのだろうから。導くではなく彷徨っているというに相応しい師の姿に、弟子が何を見出すのか。
少年から大人になった彼の物語は、まだまだ道半ばである。ああそれこそ、ワクワクする面白さだ。

三田誠作品感想