異世界迷宮の最深部を目指そう 9 (オーバーラップ文庫)

【異世界迷宮の最深部を目指そう 9】 割内タリサ/鵜飼沙樹 オーバーラップ文庫

Amazon
Kindle B☆W

――騙り得ぬ沈黙。

ついにパリンクロンを倒したカナミだったが、迷宮・六十六層の裏で目覚めを果たす。
【五十守護者】ティティーと出会い、一年という空白期間を認識したカナミは、ともに落ちたライナーと迷宮を脱出するべく「地上」を目指すことに。
六十層まで到達したふたりが出会ったのは、『光の理を盗むもの』ノスフィー。
「――あ、あぁっ!! わたくしを迎えに来てくれたのですね! 」
未練を残す守護者がふたり。
語るたびに騙られ、諦観が未練を呼び、誰も彼もが意味をはき違えていく。
その果てにも届かぬ手を伸ばした先に――彼女の『試練』が訪れる。
カナミ・メンタルヘルスケア!
というわけで、悩める守護者さまのこの世の未練を晴らしていく、という精神介護か地縛霊の除霊みたいになってきた迷宮攻略戦。いや、何気に今までもずっと守護者の未練を晴らすという目的は一貫していたのだけれど、何しろ登場人物全員が精神を病んでいるという考えてみると凄まじい状況だった挙句に、肝心の主人公のカナミが一番やべえ状態だったのが長く続いていたので、病める主人公が病める周りの登場人物たちの精神を癒やしていく、というのはぶっちゃけ無茶無理無謀の類で、お互いに足を引っ張ってドボドボと縺れて溺死しまくるという有り様だったんですよねえ、懐かしい。
それがなんやかんやと、ついにカナミンがそのあたりを見事に克服したおかげで、ようやく周りの人たちのこともある程度的確にすくい上げることが出来るようになってきたのが昨今の話。それでも、嫁候補たちが揃って修羅場っているお陰で、カナミン一歩どころか一言間違えるだけで即死惨殺完全犯罪被害者の回の適格者になってしまいそうな勢いで、これまでとは違う意味で精神がゴリゴリ削れて病みはじめていただけに、それらから開放されて自由を! 自由を得たカナミは実は今までで一番精神的に開放された状態なんじゃないだろうか。さらに、ライナーというかつては突っかかってきたものの、今では一番忠実で健気で暴走せずちゃんと人の話も聞いてくれて、男同士色んな共感を得ている親友にして弟分にして最良の癒し系という、今まで出てきた登場人物の中で唯一にしてぶっちぎりのマトモな頼りになる相方の登場によって、もうカナミン最高潮である。
つまり、完全に余裕を持って他人のことを、守護者たちのことを考えてあげられる状態なんですよね。
経験に基づくデッドラインの見極めと危機の感知が、さすがこれまでありとあらゆるやらかしを経験してきただけのことはある、という冴えっぷりで、結構ヤバイ感じアリアリな二人の守護者のこともなんとか落ち着かせて、宥めて、時折散布される地雷や機雷も丁寧に掃除して安定を保ちつつ、二人の未練を解こうとしていたけれど、まあ結局ラインを割ってしまうんだなあ、これが。
とはいえ、「やっちまったー」という失敗ややらかしの結果ではなく、なるべくしてなった、という感じでもあり、カナミは決して選択肢ミスったり地雷踏み抜いたりもせずやれるだけはやった、というカンジがするので、これまでで一番頑張ったんじゃないだろうか。いや、頑張ったというか間違わ無かったというか。それでもこうなってしまうのは、結局始祖カナミの因果であり負債であり、既にもうやらかし尽くしたあとの後始末の段階である以上、穏当に終わるはずがないというカナミとしては実のところもうどうしようもない、はじまった時点で終わっている話でもあるんだよなあ、これ。
結局はそれを清算しないといけないのが、カナミという青年のもう宿命なのだ、と言わざるをえないのか、これ。
つまるところ、ご愁傷様です。
今のところ、ティティーの方がメインで進行しているようなのだけれど、今回拍子はノスフィーだしキャラ人気的にもノスフィーの方がなにやら突出しているようで、これから元嫁の出番アリアリなのか。それはそれで楽しみというべきなのか、既に火がついている爆弾を焚き火に投げ入れるようなものなのか、修羅場的に。
とりあえず良い所というか、肝心の場面で終わってしまったので続きハヨゥ。
それにしても、今回は異世界迷宮の階層を上にあがろう、になっててなんか徹底してタイトルの「異世界迷宮の最深部を目指そう」とポカポカ殴り合う内容ですなあ、本作って。

シリーズ感想