デュシア・クロニクル 十二騎士団の反逆軍師〈リヴェンジャー〉 (ファンタジア文庫)

【デュシア・クロニクル 十二騎士団の反逆軍師〈リヴェンジャー〉】 大黒尚人/ゆらん 富士見ファンタジア文庫

Amazon
Kindle B☆W

西方大陸最強のグラニヤ帝国“黒天騎士団”がひとりシオンは、母国に裏切られ家族を壊された。復讐に燃える少年は「武」に勝る「知」の力を得て、軍師アートルム卿の名を継ぎ強大な帝国に復讐を誓う!そして現在、東部のエルザイム王国は、帝国の脅威に晒されていた。抗戦か、講和か。国論は二つに割れ、王国は内乱の危機にある。抗戦派の旗印ローゼリア王女に仕える女騎士セレインは、海辺に流れ着いたシオンを介抱する。シオンは正体を隠したまま彼女と行動を共にするのだが、この出会いが後に大陸史を塗り替える『デュシア大戦』の幕開けとなるとはまだ知る由もなかった―いま、逆襲の戦記が幕開く!!
この作者さんは、フルメタル・パニックのアナザーを書いてた人ですな。ちゃんとオリジナル作品を出せてよかったよかった。その大黒さんが新しく手がけるのは、正統派の戦記モノ。元々一騎当千の武を誇っていた青年が、国を追われてから大陸に名を馳せる大軍師のもとで勉強し、その軍師の名を継いで帝国の侵攻を受ける国の一つに助力する、という流れで、シミュレーションゲーム的に言うと一人で武力と知力を90オーバーみたいな感じですか。これはずっこい。ただ、大軍師アートルムの威名を借りる身としては、その正体が流浪騎士シオンというのは明らかに出来ないだけに、シオンとして戦う時は正体を隠して動かなくてはならないために、けっこう面倒くさいことになってるんですよね。
国を追われる際に一緒についてきてくれた従者の娘が、影武者を務めてくれるのでシオンとして動いている時にはアートルムが居ない、なんて不具合はないのでその点は安心だけれど、それでも身代わりは出来ても能力的には代理は出来ないだけに、この二足のわらじは結構大変、というよりも話の自由度を制限しかねないので、先々登場人物が大変というよりも書く方の作者の方が大変なんじゃないだろうか、これ。
ストーリー展開そのものは紆余曲折あって、なかなか面白いと思うのだけれどうーん、なんか微妙に物語そのものに華が感じられないのは、実のところフルメタ・アフターの頃からの傾向のような気がする。盛り上がっているわりにドキドキ・ワクワクが湧いてこないというかなんというか。
何気に味方陣営のキャラクターにあんまり印象が残らないというのも微妙なんですよね。ヒロイン何人か登場しているんだけれど、あんまりパッとしなかったしなあ。実のところ、敵側となる宰相の葛藤や決断の方が目を引くものがあって、忠臣であるが故に国を、民を、王や姫を守るためにも、強大で勝ち目のない帝国に膝を屈し、味方を売り、王を操るという行為に手を染める決断をしなければならなかったという苦悩に苛まれる、という立ち位置は、その保身を考えず優秀であるが故に現実を見据えて動かなければならなかった無情さも相まって、かなり魅力的だったんですよね。
あの展開は、作品的にも実は勿体なかったんじゃなかろうか、と思わざるをえないんですよねえ。彼の行ったことを考えると、断罪は絶対に必要だったとしても。
アラクネの人の扱いもそうなんだけれど、この辺自分的には不要な非情さだったんじゃないかと思えてならない。残しておいた方が物語上の扱いとして考えても面白い要素になり得ただろうに、と考えてしまいます。いずれにしても、お膳立てがちょっとあからさますぎて、もう少し深度が欲しいなあ。
次回以降、どれだけ映えを持ってこれるか。それ次第だろうか。

大黒尚人作品感想