若者の黒魔法離れが深刻ですが、就職してみたら待遇いいし、社長も使い魔もかわいくて最高です! (ダッシュエックス文庫)

【若者の黒魔法離れが深刻ですが、就職してみたら待遇いいし、社長も使い魔もかわいくて最高です!】 森田季節/47AgDragon ダッシュエックス文庫

Amazon
Kindle B☆W

魔法学校に通う青年フランツは、卒業間近にもかかわらず就職先が決まらなくて焦っていた。フランツはダメ元で、白魔法と違って「キモイ・キタナイ・キケン」の3K魔法業界と言われ、若者に全然人気のない黒魔法の会社を受けてみた。すると、その会社は若者でも快適に働けるように、職場環境を改善しまくっていた。しかも、フランツと黒魔法の相性がよく、いきなり上級使い魔のサキュバスまで召喚できてしまう!就職できない彼をバカにしていた同級生をやり返しつつ、天使のような犬耳娘の社長に認められ、優しいエルフの先輩と一緒にドラゴンスケルトンに乗って出張へ!かわいい使い魔も一緒に、ゆるく楽しい社会人生活が始まります。

ひたすらホワイトな職場環境を描くだけで一作品になるのかー。森田さん、ガガガ文庫で芸能界に即した業界モノで、働く社会人の世知辛いというか身につまされるお話を書いてたんだけれど、その反動ではないんだろうけれど、なんかもうひたすらホワイト、ホワイト、ホワイトな会社で働くというネタで作品一つ作ってしまうとは。
昨今、みんなブラック企業に勤めて社畜化し続ける話か、ドロップアウトしてニートと化したりアングラ入りしてしまったり、あの世に旅立ってしまったり、そのまま異世界まで転生してしまったり、と忙しいご時世だけれど、そうだよね、異世界に行く前に現実世界でホワイト企業に勤めるほうが幸せを掴むには近距離だよね。チート能力貰うよりも、ホワイト企業に就職できる方が色々と早いよね!
というわけで、初任給は一般企業の倍。勤務内容は従事者の事をよく考えた健康にも優しくやりがいのあるもので、勤務時間や有給取得も自由度が高く、コンプライアンスはしっかりしていて、会社福利厚生も充実。会社の業務は多大な社会貢献にも通じていて、働けば働くほど世のため人のためになる。上司や同僚の先輩は優しく頼りになって、何より美人だったり可愛かったり。そしてなにより、努力は正当に報われる。
という夢のような会社に就職してしまった新社会人の夢のような新社員生活なのである。
そんな会社、経営やってけるのかよ、と思いたくなるところですけれど、結局従業員や社員に負担を、それも要らん余計な負担を強いないと利益をあげられない、というのは経営者の不徳の致すところなんですよね。まあ待遇あげればそれで全部上手く回るか、というとそう簡単なものでもないのですけれど、少なくともこの黒魔術会社の社長は超やり手です。多岐にわたる手腕を持つ彼女ですけれど、その一番の経営者としての才覚はやはり人材発掘、人を見る目、なのでしょう。不遇をかこつ人材を直接スカウトしてくる社長、それは単なる救済ではなくちゃんと自分の会社で活躍できるかを見極めた上でのスカウトでもあるので、少数精鋭の社員たちみんな業界でもそれぞれ唯一無二であろう能力や才覚の持ち主なんで、そりゃ新入社員にあれだけ出せるだけの稼ぎはじき出してますわー。
それでいて、自分の会社だけ儲ければ良し、という姿勢ではなく業界全体をイメージアップさせて底上げさせていこう。その為なら、別に自分とこの社員が別の会社に転職したり独立したりしても構わないという一貫した方針を立てているわけですけれど、いやこれ出ていくわけないでしょうに。のんびりやりたい人も、ガンガン自分を高めて行きたい意識高い系の人でも、両方思う存分やりたいようにやれる会社ですし、上司ですし、社長ですし、これだけ大切にしてもらったら社長への恩を感じて、とてもじゃないですけど出ていきたくならないでしょう。
これもまた、ある種の読者に対するストレスフリーを徹底した、夢を見させる作品、というやつなんだろうなあ。なぜか、若干自分の目から光が失われていくような心地も並行して味わったような気がしないでもないですが……ふふふ。

森田季節作品感想