あんたなんかと付き合えるわけないじゃん!ムリ!ムリ!大好き! (HJ文庫)

【あんたなんかと付き合えるわけないじゃん!ムリ!ムリ!大好き!】 内堀優一/希望つばめ HJ文庫

Amazon
Kindle B☆W

高校入学から数ヶ月。大貫悟郎(おおぬきごろう)はその日、長いこと片思いをしていた幼なじみの美少女・杉崎小春(すぎさきこはる)に告白した。
「小春! 好きだ! 俺と付き合ってはくれないだろうか!!?」 「いや、無理ですから」 この一言であえなく玉砕! さらに小春は何を思ったのか悟郎に、「悟郎、あんた彼女作りなさいよ」とムチャぶりまでしてきて!?
両思いなのに付き合えない!? 一途過ぎる少年と本当は彼のことが大好きな少女の、どうしようもない青春大暴走ラブコメ開幕!

これはぁ!! そうか、そうか、そう来たか。そう来たのか!!!
いや、うん、これは絶妙。正直、途中までまったく違和の類いは感じなかった。ラスト近辺に至ってようやく「あれ?」となって、まさかまさか、と狼狽えているスキにもはや取り返しのつかないところまで進んでしまったところで、豹変である。物語の豹変である。
凄いというより素晴らしいのは構成の妙も然ることながら、文章のこうなんというか、握りしめる握力?みたいなものが前半の柔らかなそれが、後半のクライマックスに突入した途端にギュッと固く握りしめられたそれになる、硬度……いや密度というべきか、込められた情感の密度の変化の入り方が、後から振り返ってみると目覚ましいものがあるんですよね。
クライマックスに至るまでの軽快なラブコメ模様、これが周囲の友人たちとの掛け合いも含めて本気も本気、作者の持つ甘酸っぱい恋模様とそれを取り巻く環境醸成のスキルをありったけ詰め込んだ逸品で、ぶっちゃけこのまま進んだとしても作者が手がけた作品の中でも有数の良作になったんじゃないかと思われる出来栄えであり、力が込められていた全力のラブコメだったんですよね。
そこにこの構成を被せてきて、重ねてきて、わずかにひらいた出口めがけてすべての勢いやら展開やらを殺到させた挙句に、その場に立った登場人物たちの、特に悟郎のあの凄まじいまでの想いを、もはや狂気に至ったであろう覚悟を、決心を、執心を、固く固く握りしめきった拳でもって一発で振り抜いて殴りつけてきたわけですから、こちとら一発ダウンどころか殴られた頭が消し飛んだんじゃないでしょうか。
おおう。
これはもう、次巻をもって真価を問われるところだけれど、どうするんだと問うのも無駄だ。ここまでやった以上はもうとことんヤるのだという凄味を、既に味わわされている。覚悟を問われるのはむしろ、読み手側なのだろう。報いなど、定かにあらずというものだろう。読む覚悟は、耐える覚悟は、堪える覚悟は、有りや無しや。

内堀優一作品感想