デーモンロード・ニュービー2 ~VRMMO世界の生産職魔王~ (GA文庫)

【デーモンロード・ニュービー 2.~VRMMO世界の生産職魔王~】 山和平/伊藤宗一 GA文庫

Amazon
Kindle B☆W

「うーみーだぁーっ! 」

次世代VRMMO『ダブルワールド・オーバークロス』で魔王としてゲームを始めたアキカは、妹や仲間の魔王たちの協力も得つつ、ゲームを楽しんで過ごしていた。そんな中、運営サイドからの要請により近日開催の「夏の水着イベント」への参加を準備していたアキカだったが、お忍び中に正体不明のPK(プレイヤーキラー)に襲撃されてしまう。

果たしてアキカ達は無事に夏イベントに挑み、最後までクリアすることができるのか!? GA文庫大賞《優秀賞》受賞作。読めばゲームがしたくなる!! 初心者魔王の生産職プレイ。第二弾でも楽しみ尽くします!
この執拗なまでの岩手名産グルメネタはけっこう好きだったりする。いや、なんでそこまで、と言いたくなるような頻度で東北地方から送られてくる産物を、主人公兄妹が当たり前のように受け取って捌いて料理して食っちゃってるわけだけれど、意外とこれがゲームの世界に対して、ちゃんと現実世界でも兄妹が生活している、という実感を与えてくれるポイントにもなってる感じなんですよね。ふと我に返ると「岩手グルメ」が襲ってくるのである。ヴァーチャルにばかり没頭してられないw
さて、運営からくじ引き的に選ばれた魔王職の方々。それぞれに、協力しあいながらこの魔王プレイを楽しんでいるわけだけれど、魔王だからということで一般プレイヤーと完全に断絶させて敵味方陣営を区切ってしまうのではなく、結構あれやこれやと魔王様方がお忍びで正体隠して街に繰り出したり、協力プレイなんかも出来るように展開しているのは面白いなあ、と思うんですよね。ちゃんと、簡単気軽に協力できないように趣向をこらしているのも、魔王職を単なる便利な強キャラ扱いにしまいとしているのも好印象ですし。
魔王の家臣募集できるようになったのも面白かったんですけれど、これはもっと濃いキャラ集めた方が良かったかもしれない。あんまり現状ではちゃんと機能している感じではないですし。やっぱり魔王の臣下と言えば色んな軍団があって、四天王とか揃ってないとねえ。今のところ、他の魔王たちと半分パーティー組んでるみたいなふうになってて、同格の魔王たちが仲間というようになっているので、家臣制は扱い難しいのかもしれないのだけれど。下手に家臣団を充実させてしまうと自分のところだけで完結できてしまいかねないですし。
しかし、アキカ、初心者がどうこう言う以前に人前であれだけペラペラ喋れて司会進行とかオーディエンスを意識したトークが出来るとか結構意外なんですけど。魔王職というだけでゲーム内でも広告塔扱いなんですが、彼女……彼?自身その素質あるんじゃないだろうか。わりとカリスマあるみたいだし、イベントでの盛り上げ役というか姫役みたいなのをそつなくこなしてましたし。主人公なのになかなか面白いポディションで遊んでるなあ、この娘。というか、もはやホントは男だとかあんまり関係なくなっていてますよね。
ふいに登場してきてしまった幼馴染も、あんまり男だとか女だとか気にしてないっぽいですし。それ以前にガチでヤンデレすぎて相手の性別どうでもよさそう、という範疇なんじゃないだろうか。怖い。でもこの主人公のアキカ、相手がヤんでるとか全く気が付かずに素で受け入れてしまいそうなタイプだけに、大丈夫なのかしら。いやでも、一度実害受けてるだけに安心はできないけれど。

1巻感想