軍師/詐欺師は紙一重2 (講談社ラノベ文庫)

【軍師/詐欺師は紙一重 2】 神野オキナ/智弘 カイ 講談社ラノベ文庫

Amazon
Kindle B☆W

隣国スウェニカの侵略を智恵と詐術で食い止めた、セリナスに伝わる伝説の軍師の孫・カタル。祖父・リュウゾウの健在もアピールししばらくは落ち着くかと思われた。だが、もう一つの隣国・マンタロムの動きが怪しい。野盗の集団を装い襲撃を繰り返すのだ。試すかのような動きにうんざりしながらも対応を続けるが、カタル自身を直接狙ってくる刺客まで現れる。ラウラが身代わりに負傷するに至り、いよいよ本格的な対処を検討する中でマンタロム王から親書が届く。カタルの軍師としての才を確かめるため、演習をさせろと書かれていて―!?智恵と謀略が冴え渡るシリーズ第2弾!
こういう屁理屈のゴリ押しが罷り通ってしまうのが軍事大国のいやらしいところなんだよなあ。特に自分の方はまったく約束事や契約、条約を守る気がさらさらないにも関わらず、一方で相手にはその誠実な遵守を迫ってくるところとか。どう考えても無茶苦茶言っているのは向こうにも関わらず、一方的に悪者にされてしまうのだ。たまったもんじゃない。それで文句を言おうものなら、容赦なく棍棒で殴ってくる。そんな理不尽様が今回のお相手である。
こういう相手にはとにかくつけ入る隙を与えず、屁理屈も相手の土俵の上に乗った上でねじ伏せて、裏で無茶苦茶仕掛けてくるのを、これも大義名分を与えないように露見しないように立ち回りながら叩き潰していかなくてはならない……胃が死ぬか理性のネジが吹っ飛ぶかしかねない凄まじいストレスが掛かることが容易に想像できるのだが、これを一つ一つ冷静に対処していくカタルと若き女王、摂政閣下の冷静沈着さには頭が下がる思いだ。それ以上に、他の貴族や軍の首脳部、或いは中堅層がまったく暴発の気配すら見せないというのは、この国が女王と摂政のもとにどれほどまとまっているか、そして軍師という存在への信頼の深さが垣間見えるというものである。
これはカタルによって、それだけ信頼されて自分の言も重く用いられる、ということは余計な調整とかに気を回さずに済んでやりやすい、ということもあるんだろうけれど、それだけ国の行方が自分の双肩に掛かっているという重圧を強く感じることだろう。実際、前回では自分の命を賭けに乗せてベットしたわけですし。今回に至ってはついに祖父の威名に頼るわけにはいかず、軍師カタルとして自分の名前で戦うことになるのですから。
幸いなのは、マンタロムという国が居丈高な侵略国家であると同時にマンタロム王もまたその国是に則った王である、と見せかけて陰では着々と国政を改革し続けているやり手である、というところなんでしょうか。こういう相手って、野心や理不尽が外には向いていない上に何だかんだとプレイヤーとして指し手を交わしてくれるんですよね。理不尽にルールを捻じ曲げてそのまま押し通してくる、ということは極力しない。ある意味、対話ができ交渉ができる相手である、と。
まあだからこそ、そんな希少な人物の権力基盤をこちらが勝利することで揺るがしてしまうことに、カタルは危惧を覚えて悩む羽目になるのですが。今、この最低限ルールに則っている勝負で勝利を収めてもそのために将来にルール無視の暴虐を以って大きな危機を招かれる危険性がある、となると判断が難しくなりますもんね。かと言って、今負けても失うものが大きすぎる。
これはやっぱり軍師一人ではどうにもならない領域であり、その意味でも女王様と摂政がちゃんと「政治」を持ってしてちゃんと軍師の「勝利」を未来の担保につなげてくれる、というのはありがたいものである。しかし、カタルはライラとまとめて年上の女性陣に色んな意味で「コロコロ」されてるなあ。その意味でも、ラウラはカタルにとって「安心」できる女性なのかもしれない。

1巻感想