落第騎士の英雄譚(キャバルリィ)12 (GA文庫)

【落第騎士の英雄譚(キャバルリィ)12】 海空りく/をん GA文庫

Amazon
Kindle B☆W

挑んでくるわ。アタシが知る限り最も強い剣士に――

ルナアイズの宣言によってクレーデルラントとの戦争は、代表戦によって雌雄を決することになった。だが、代表メンバーに選ばれたステラは≪魔人≫たちとの戦いを通して自分の力不足を痛感していた。
そんな彼女が、限られた時間で新たな強さを身につけるため選んだのは、世界最強の剣士≪比翼≫のエーデルワイスに挑戦し自らの限界を超えること!
近づくことさえもできない圧倒的な力量差を見せつけられたステラは、それでも必死の覚悟で食い下がるが、それは想像を超えるほどに過酷な試練の始まりにすぎなかった!
普通の娘さんだったエーデルワイス女史が剣を始めた理由があんまりすぎる!! いや、いいんだけどいいんだけど、その結果いい歳になっても未婚なのを気にしてるあたり、やってしまった感が尋常ではないんですが。
まあそんな理由ではじめたのに、才能がありすぎた結果世界最強の剣士となってしまい、表裏問わずの秩序の要として働かなくなってしまったことへの使命感の醸成とか、立脚点を確立するまで彼女にも色々あったんだろうなあ、と思わないでもないんですよね。王女として強烈な使命感を以って貪欲に強さを追い求めていたステラの、幼少期からの凄惨なまでの克己心に比べると。いや、未だにそのあたりの剣を振るう理由というのは確立しきれてないのか。戦う理由を明確に持っているステラたちに対して、羨ましいという感情を見せていたわけですし。
しかし、そんなステラの在り方こそが魔人への殻を破る弊害となっていた、というのもまた皮肉な話なのですが。多かれ少なかれ、魔人への脱却というのは独り善がりと言ってしまっても過言ではないほどのエゴの追求が必要、というのは意味深ではあるのですけれど。一輝にしたってひたすらに自分のため、という強さの追求の仕方ですしね。本作の戦闘従事者は概ね戦闘狂なので、だいたい素養のある人ばっかりなのですが。しかし、エーデルワイスさん、魔人化するまでにダイエットに勤しんだのか(違
それにしても、一輝は相変わらずコツコツと地道に積み上げるように修行でパワーアップしていくのに……いや、エーデルワイス戦とかで結構一足飛びに強化はしてますけれど、あくまでこう積み木を積み上げるような強さの得方であるんですよね。それに比べて、ステラはというとあれですねー。前の西京先生に叩き潰されたときもそうだけれど、成長の仕方が一度盛大に死ぬまでボコボコにされてから、爆発的に強大化して復活ーー!という、まるで怪獣の類いそのままで、さすがドラゴン枠。彼女だけは魔人化じゃなくて魔獣化とか魔竜化でいいんじゃないだろうか。あんまり人間枠に入れたくないんですけど、モンスター枠だよねこれ。
そんなステラをついつい構って手を差し伸べてしまう多々良。あんた、デレるの早いっすね!! 口では散々、プロの殺し屋のプライド云々と力説して仲良しごっこなんざ虫唾が走るぜ、と曰いながら、ステラがピンチになるとまっさきに顔色変えちゃってるし、甲斐甲斐しくアドバイスしたり、誓約によって生命の危機もあったのに手を差し伸べたり、と言ってることとやってることが真逆!!
なぜか、この手のツンデレ少女から構われる傾向のあるステラさん。珠雫もあれ、結構ステラには肩入れしてしまってましたし、本来なら冷酷非情系の少女たちに見てらんないと良く構われるんですよねえ。そのあたりがステラの面白いところと言えるのでしょうけれど。
ともあれ、これでなんとかステラも強化が完了し戦力化はできたんだけれど、いや多々良の方がこの場合大丈夫なの?と思ってしまうところなんですけれど。これだと、現状参加メンバーで魔人にまでなってないのって、彼女だけですし。とはいえ、そうそう単純化してバトルを格付けしないだろうという期待はあるので、本番のバトルロイヤルがどうなるか楽しみ。

シリーズ感想