灰と幻想のグリムガル level.12 それはある島と竜を巡る伝説の始まり (オーバーラップ文庫)

【灰と幻想のグリムガル level.12 それはある島と竜を巡る伝説の始まり】 十文字青/白井鋭利 オーバーラップ文庫

Amazon
Kindle B☆W

遙かなるオルタナ――次なる来訪地は海賊の楽園!?

オルタナに戻るべく、ハルヒロたちは山だらけの敵地を突き進んで海を目指す。
冒険に次ぐ冒険の末、ようやく辿りついた海辺には一隻の船が乗り上げていた。
様子を窺うハルヒロたちの前に、なんと付け髭をつけた少女が現れる!
「あたしはモモヒナ! であーる! 名を名乗れーっ! 」
謎の海賊(?)モモヒナとの出逢いに導かれ、大昔から竜が住まうというエメラルド諸島へと向かうハルヒロたち。
到着した一行を待ち受けていたのは、その竜に襲われて大混乱に陥っている海賊の楽園だった――!?
灰の中から生まれた冒険譚が、舞台を海に移し新たな物語を紡ぐ。
これモモヒナよりも出したかったのサハギンのギンジーだろ(笑
作者さんってこの手の鬱陶しくてウザいキャラなんか好きだしなあ。今回はランタがまったく登場しなかっただけに、登場人物ほぼ全員聞き分けのよい物分りの良い鬱陶しくない人たちばっかりだったのでウザい成分注入したくなったんだろうか、これ。ってか、キサラギはギンジーも連れてけよ。こんなん置いてくなよ。他の人らが迷惑だろうに。
というわけで、この【灰と幻想のグリムガル】シリーズの番外編というかスピンオフというか別ルートというか。ハルヒロたちと同じ義勇兵として召喚されながら、職にもつかずに無職のままオルタナを飛び出して、妙な仲間たちを加えつつ冒険を繰り広げるキサラギが主人公の【大英雄が無職で何が悪い】シリーズから、幾人かが出張登場であります。ってか、今どうなってんだそっち。ウェブ連載の方もだいぶ前から止まっていて、現状どうなってんだってところなんですけどね。
最下層のミソッカスからからコツコツと実力を積み上げてきたハルヒロたちと違って、キサラギたちの方は本来地道に辿るべきルートをガン無視して、道なき道をひた走るというかなり破天荒な展開の話で、ハルヒロたちが地道にゴブリンと戦ってる頃には、イチカとモモヒナという最初の仲間たちに加えて、オークや陸サギハンやエルフやドワーフという当時のハルヒロたちの見る世界からすると「え、そんなファンタジーっぽい種族いるの?」というメンツが仲間になるというバラエティ色が強いと言うか混沌としているメンバーでしたからね。ってか、オークが普通に仲間になっているし。普通ではないのだけれど。
その中でもモモヒナは同じ義勇兵だったのだけれど、わりとユメと同じベクトルの天然少女というべきか、ユメからSAN値を大幅に削ったような魔法使いなのにバーサーカーじゃないのか、という魔法使わずに殴りに来るようなキャラで、だからなぜこの娘を残したし。

ともあれ、最近はずっと命がけのサバイバルを続けていたハルヒロたち。逃避行とそこにいるだけで生命の危機!というような危険なフィールドを人類生存権目指して突っ切るぜ、というような気の休まらない厳しい冒険の日々を送ってきただけに、こうしてちゃんと人間種族の集落で落ち着いて休めるのって本当に久しぶりだったんじゃないだろうか。いやマジで何巻ぶりですか、人里で休めるのって。「太陽の昇らない世界」とか完全に異世界で人間全然いなくて、あれはあれでしんどすぎてカウントに入れづらいし。ってかマジで六巻で黄昏世界に暁連隊らと突入して以来じゃないのかしら、まともな人里に戻ってきたのって。
だから、ハメを外して遊んでも全然構わないと思うのよ。ほんともう気が休まらなさすぎて、こいつらストレスで死ぬじゃないかと心配になるくらいでしたし。ただでさえ、メリィはあの状態で不安定なままですからね。ここはハルヒロが甲斐性を見せるところだ、って期待するのはちと酷でしょうか。それでも頑張ったんじゃないだろうか。頑張ったよね? ヘタレとか言わないよ? という以前にもうハルヒロ、メリィのこと好きなの隠さなくなったというか自分を誤魔化さなくなりましたよね。少なくともそのことについて自分を誤魔化したり疑ったりなかったことにはしなくなった。その意味でも前進なんじゃないだろうか。
クザクをはじめとして、周りのパーティーメンバーが暖かく見守ってくれている、というのも大きいのでしょうけれど。特にセトラがめっちゃ気ぃ使ってくれてるんですよねえ。元々ハルヒロに求婚してくっついてきた娘ですし、居丈高な娘さんだけにもっと険悪になりそうなものなのに、それどころかあっちからスゴイ気遣ってくれるというのがなんともいやはや。
クザクもメリィに告白したのはそっちが先なのに、あの全力で二人を応援しようという姿勢。なんなのこの忠犬クザクは。ワンコ!!
いやこのワンコ、今回水着姿というか上半身裸の挿絵見てびっくりしたんですけど。クザクって背だけやたら高いけれどひょろ長くて細いイメージだったんですが……いやいやいや、なんかすげえムキムキマッチョじゃないですか! いやなんか怖いくらい筋肉ムキムキなんですけど。クザク、それもう盾役前衛タンクの体型として十分じゃないですか。上背あってその筋肉量って、十分ですよ。パーティー入りした頃は実際もっと細かったと思うので、なんか鍛えあげたって感じだなあ。
今回は突然街を襲うようになった竜を鎮めるために、竜の巣がある島の中腹に向けて密林のような山奥のような秘境を歩く、いった感じの今までと比べても実に冒険らしいような、わりと何時も通りのヤベえ未踏の地を征くといった感じで……でもワイバーンとは言え相手は竜ですよ。ゴブリンとぽこぽこ殴り合ってた頃と比べると隔世の感だなあ。味噌っかすどもが遠くまで来たもんだ。
ラストはかなり衝撃的と言うか予想外の展開。期間限定とはいえ、そう来たかー。これはちょっと想像もしていなかった。なんか最初期のメンバーを思い起こしてみると、いつの間にかメンバー激変してるんですよね、何気にここまでメンツの入れ替わり激しい作品も珍しいんじゃないだろうか。

シリーズ感想