超人高校生たちは異世界でも余裕で生き抜くようです! 6 (GA文庫)

【超人高校生たちは異世界でも余裕で生き抜くようです!6】 海空 りく/さくらねこ GA文庫

Amazon
Kindle B☆W

「きゅっ!? 求愛、ですか!?」

帝国統治下のヤマト自治領に調査のため乗り込んだ司たちは、住民の幸せそうな様子に驚かされる。しかも監査官ジェイドと自治領主マヨイの歓待の最中、リルルと林檎に司への告白チャンス到来!? どこまでも平穏なヤマトでの外遊。しかし、その裏に潜む暗い情念はヤマト全土に確実に影を落としていた。
一方エルム共和国では総選挙が開始。ヤマト自治領に対する方針を巡り、テトラ率いる《原則派》とユーノ率いる《改革派》が繰り広げる選挙戦は必要以上に過熱し、留守を預かるゴッド暁に困難な選択を迫ることに!
異世界革命物語第6弾!!

超人高校生の中で最も意識が常識人であり一般人である暁だけれど、あそこで情に流されず権力に迷わず自分の役割を一切間違えずに貫き通せるのだから、伊達に司たちの仲間ではなく、皆から信頼されているわけじゃないんだなあ、と納得させられた。
暁の姿勢が一貫して「意思決定への不介入」であったことに象徴されるように、エルム共和国で初めて行われる国政選挙に、超人高校生たちは殆ど、いや一切関わらないまま状況は進んでいく。
そこで浮かび上がってきたものは、超人高校生という異邦人たちによって解放された自由と、もたらされた思想、そして与えられた理想、それらすべてが借り物にすぎず、概念として行き渡らず、身につかず、中世相当の専制社会の中で生きてきた彼らにとって、未だ高価なおもちゃに過ぎなかった、という現実であった。
司が目論んでいたのは、まさにその事実を当事者であるエルム共和国の政治家となろうとするもの、官僚として国政を支えようとしている者たちに、それが未だ持て余す借り物であると自覚を促すと同時に、この選挙を通じてそれらを借り物ではなく、彼ら自身のものとすることだったのだろう。
選挙戦を通じて、理想高く未来を見据える《原則派》と《改革派》の領袖たち、テトラやユーノはそこで徹底して現実に打ちのめされる。自分たちが掲げ、訴える理想は、何の力も実態もない、一番届いてほしい市民たちに、届かず触ってもらえない、まだ身の詰まっていない殻だけのものなのだと、思い知らされるのである。とても尊い考え方が在ると知り、それがどんなに素晴らしいものかを実感し、調べ考え学ぶほどにその奥深さに震え、その考えのもとに国を立ち上げ、国民と共に進み、やがては世界すべてを変革していき、みんなに幸せをもたらすのだという理想。
それが、現実の前に木っ端微塵に砕かれるのだ。
現実は非情である。
暁は、そうやって理想が踏みにじられていく様子を、希望が潰えていく様子を、未来が陰っていく様子を、間近でずっと見守り続けていたのだ。自分が介入すれば、この理不尽な現実が覆されて、今悪意に苦しんでいる人たちが救われ、正しさが踏み潰され捻じ曲げられようとしているのを食い止めることが出来ると知りながら。
耐えるのである。
なぜならば、神が介入した瞬間に、人の意思が死ぬからだ。
芽生えようとしている民主主義が死ぬからである。
もはや二度と、この国は自分たちだけで歩き進んでいくことができなくなるからである。
どれほど愚かな選択でも、民は自らの選択に責任を負わなくてはならない。神に選択を委ねた瞬間、それは市民の国ではなくなるのだ。
たとえ、人が死のうとも。たとえ、正義が潰えようとも。
そんな「理想」を置き土産にしようとする司は、怖気の走るほどに冷徹非情な政治家と言えるのでしょう。それとも、政治装置というべきか。
その司の試練とも課題とも取れる難題に、原則・改革両派の立候補者たちと、選挙を管理する官僚たちは向き合い、挑むことになります。理想破れた先にある、現実を前にしたその上での理想を掴むために。
空っぽで上っ面だけではない本当に中身の詰まった、自分たちが振るう旗の重さを知り得るために。
踏み越えて、乗り越えて、倒れて挫けて折れて心砕けても、信じた理想が、掲げたユメが、素晴らしいものだと知っているから。エルム共和国という国が産まれたとき、あの超人高校生たちと共に戦って手に入れたものを、今こうして自分たちの腕の中に抱えている、その重みを忘れていないから。その暖かさを、幸福感を今まさに胸に宿しているからこそ。
彼らは立ち上がるのである。負けないのだ。そうして、もう一度宣誓するのである。
エルム共和国という自分たちの国の誕生を。
正直、超人高校生たちがもたらした改革のあまりの急速さに、エルムの人たちがとてもついていけているようには見えず、与えられた民主主義という御旗に自分たちが振り回されているようにしか見えず、民は常に賢明ではなく、彼ら超人高校生たちが去ったあとに訪れるかの国の未来絵図は、無残なものしか想像できなかったのですが……。
よもやここまで、いやこの段階でここまで徹底して彼らが初めて手にした理想を踏みにじりボロボロに蹴り飛ばし、折り砕くとは思いませんでした。そうやってぐちゃぐちゃになるまで思い知らせた上で、残った超人高校生たちの手助けがあったとはいえ、彼らが自分で考え、自分で選び、自分たちで襲い来る現実に立ち向かい、歪みを正そうとし、そうしていく過程で虚だった理想が、本当の意味で彼らの身となり血となり肉となり、彼らの実になっていく様子がなんとも言えない感慨をもたらしてくれたのでした。
偉い、偉いなあこの人たちは。

あと、超人高校生の中で桂音さんはマジで人間じゃないんじゃないですか!? もはやアスクレピオス並かそれ以上なんですけど!

シリーズ感想