誰が為にケモノは生きたいといった (ファンタジア文庫)

【誰が為にケモノは生きたいといった】 榊一郎/ニリツ 富士見ファンタジア文庫

Amazon
Kindle B☆W

「目のやり場に困ってるんだよ。それとも誘ってるのか?」
上官殺しの罪で現世には二度と戻れないという絶対流刑の地『棄界』に送られた魔術猟兵のイオリ・ウィンウッドは、湖で溺れかけていたところを少女に救われる。獣の耳と尻尾を生やし身の丈ほどの大剣を持つ全裸の少女はタビタと名乗り、匂いを嗅いだりとイオリに興味津々で…。
そして父親の仇であるイオリを殺すため自ら『棄界』に来た女騎士ユーフェミアも巻き込んで、タビタの地竜狩りを手伝うことになるのだが…。
「イオリが行く所、私、行く」
生きなければいけない呪いを背負った少年と、ケモノの少女が紡ぐサバイバルファンタジー!
これ、髪の毛と大剣が繋がってるってイラストからじゃわからんなあ、と思ってよくよく見ると、表紙絵にしても口絵にしても巧妙に連結部分を隠すような配置になってて、そもそもわからないようにしてあった、のだろうか。作中ではタビタ登場から程なく髪と大剣が繋がってる描写はあるのでネタバレではないと思うのだけれど。
片言の小動物系ヒロインというと、榊さんの作品ではやはり【棺姫のチャイカ】のチャイカが思い起こされるのだが、こっちのタビタは見事なまでにケモミミ少女である上に大剣使いという属性付き。まあ、チャイカのあの対物ライフル型の魔法杖というアクセントの強烈さをもってするとなかなかインパクト勝負では抗いがたいのだけれど。
個人的には、榊さんの作品では厭世型の青年が主人公の方が真面目だけが取り柄みたいな少年が主人公の話よりも好きなので大いに期待している。このタイプの主人公、みんなその道のプロフェッショナルなので安定感があって、動的な場面でもどっしりとして基盤になってくれるので安心して読める、というのもあるんですよね。
特に今回の物語では、『棄界』という得体の知れない異界を舞台にして、かつてこの地に墜とされた王族の末裔をゲットして地上世界に連れてかえらなければならない。そのためには、同じ任務で落とされた罪人たちに支給された地上帰還用の指輪を連れ帰る王族の分も含めて確保しなければならない、というサバイバルとバトルロイヤル要素が物語の根幹に備わっていますからね。その上、『棄界』に来る際にいきなり想定外のトラブルが降って湧いているあたり、既にこの段階で「陰謀」が巡らされている節もありますし、早々に生き残るための算段と勝ち残るための作戦を練らないといけない状況にあり、そこで主人公のイオリの魔術猟兵といういかにも特殊戦に慣れ親しんでいるようなプロの判断力と決断力は頼もしい限りでしょう。彼と行動をともにすることになるタビタとユーフェミアは「戦闘」に対する適正はともかくとして、それ以外に関しては素人っぽいですし、ユーフェミアに至っては「くっ、殺せ!」が口癖という、そろそろ一周回って珍しくて逆に新鮮味を感じるポンコツさんですし、これイオリ一人だけ負担重くない?
と、思ったんだけれど、なにやらユーフェミアの方に変な「ナニカ」が取り憑いているみたいで。そもそもイオリが犯罪者となった上官殺し、ユーフェミアの父親の殺害に関して一切何があったか語られていない事も含めて、まず主人公の過去、背景周りから殆ど情報があがってきてないからなあ。ここまで殆ど何も明かさないまま話を引っ張る、というのはなかなかに珍しいことかも。特に榊さんはそのあたり明快なことが多いですし。それだけ、根幹にまつわる話なのか。
まあともかく、明かされる情報が少ないだけに物語の大筋としては、前提となる『棄界』に送られ王族を見つけなければならない、という任務の再確認とタビタという少女の出会い、にほぼ限定されるので、敵さんも黒幕からは縁も遠い殆ど現地の山賊、みたいなのが相手だったので、実は物語的には大きな動きはあんまりない、キャラと舞台設定の紹介という導入の一巻らしい内容でした。
あまり掴みのために派手にしない、という意味では堅実というべきか地味というべきか。

榊一郎作品感想