我が驍勇にふるえよ天地6 ~アレクシス帝国興隆記~ (GA文庫)

【我が驍勇にふるえよ天地 6 ~アレクシス帝国興隆記~】 あわむら 赤光/卵の黄身 GA文庫

Amazon
Kindle B☆W

宿敵レイヴァーンとまさかの共同作戦を決断するレオナート。
いざ、アドモフ本土攻略へ進み出す!!

「貴軍に共闘を要請したい。謝礼はアドモフ一国、御身に差し上げる」
悲願のリント奪還を成したレオナートの下に怨敵レイヴァーンがもたらした衝撃の共同作戦。元帥皇女軍と名を改めたレイヴァーンは祖国を裏切りレオに助けを乞う。信念を貫こうとする彼の覚悟を知り、レオはこの最も憎むべき敵を迎え入れた。
行く手にはアドモフ帝国の大軍団。新皇帝ウィランが待ち受ける首都を目指し、レオは敵地を突き進む――。

いざ、アドモフ本土攻略へ!
因縁を超えて手を取った宿敵同士の同盟が歴史的戦術を凌駕する!!
痛快にして本格なるファンタジー戦記、激震の第6弾!!
皇帝ウィラン、なんか才気煥発って感じではないけれど、清廉な若さとやる気に満ちた熱血な好青年じゃないですか。そう、好青年なんですよね。姉に裏切られながらもまだ情を残していたり、その抜群の能力を活かす機会を与えられないし受け取ってもらえない親友に地団駄を踏んで悔しがったり。自分のために働け、って事じゃなくて、その親友が才能を発揮しない、世間に知らしめられないことそのものをもどかしく思い、悔しがってるってのは徹頭徹尾相手のことを思っての事なんですよね。
これで超保守派という政治スタンスでなければ、と思わないでもないのだけれど、始祖のレゴ帝と同じ偉業を残すのだ、と意気込んでいるウィランに立ち塞がっているのが、そのレゴの遺した体制であり、皇帝としての権力を満足に振るえない立場に立たされている、というのはずいぶんな皮肉なのではないだろうか。レゴに成るためにはレゴの遺したものを破壊しなければならない、という事実にいまだ彼は気づいていないように思える。あくまで現体制の延長線上に理想を体現しようとしているのがなあ。その食い違いさえなければ、元帥皇女が形成しようとしていた改革派と決して相容れないことはなかったようにも思えるのだけれど。
ぶっちゃけ、あのかなり趣味悪い姉さんよりも人間的には好ましいだけに……。
というか……ふーむ。
今回、元帥皇女派であるレイヴァーンが、皇姉の大逆罪による捕縛によってまさかの叛逆、レオナート軍と共同歩調を取る、というか実質従属するという体を取ってアドモフ本土決戦に一気に突入してしまったのに合わせて、一気にアドモフ側のキャラクターもたくさん登場してきたわけですけれど、みんなこうなんというか……一癖も二癖もある面々ばかりではあっても軍人としては気骨あるいっそ気持ちよいと言っていいくらいの面々なんですよね。
人間としてクズの割合がかなり多いレオナートの本国の貴族たちと比べると、それは顕著な値を示していて……むしろ、レオナートの性格からするとアドモフ人の民族性とか気質とかって相性ピッタリなんかじゃないか、と思うくらいで。それにレオナートもアドモフは敬愛するロザリアを喪い長年領土を占領されていた仇敵なんだけれど、その原因となったのは本国の貴族たちの後背からの卑劣な一刺しであって、アドモフとは正々堂々相争った相手という認識だし、占領されていたリントも取り戻してみれば荒れることもなく穏当に統治されていて、本拠の城なども以前と同じに保たれていたり、と敵国の文化を踏みにじったい蔑ろにしたりしない在り方が、アドモフの国風として根付いていることに大きな敬意を抱いてるんですよね。
本国に憎しみに近い感情を抱いているのと比べると、えらい違いなんですよね。
これは、話の展開次第では前巻のラスト並の大どんでん返しがあるんじゃないか、と期待してしまう。というか、あれこそがお膳立てというか前振りというか前例の構築なんじゃないだろうか。
元のレイヴァーンの軍勢を仮にとはいえアランが別働隊として率いることになって、お互いがお互いの戦い方に感化される、両者の戦い方がまだお互いに困惑しながらだけれどハイブリッドされていく萌芽みたいな展開になってるところなんぞ、まさにまさに。
あと、レイヴァーンってこうなってみると参謀長ポディションがえらいしっくり来るんだよなあ。元々レイヴァーン軍の幹部連中がレイヴァーン当人も含めて参謀集団って感じではあったんだけれど。意外と軍師であるシェーラたちとの住み分けもついてる雰囲気ですし。
いやこれ、アドモフ本土戦、ただ敵を倒していて首都を急襲する、というだけに収まらないナニカが待っていそうで、楽しみじゃあないですか。

シリーズ感想