六人の赤ずきんは今夜食べられる (ガガガ文庫)

【六人の赤ずきんは今夜食べられる】 氷桃 甘雪/シソ ガガガ文庫

Amazon
Kindle B☆W

生き残れるか!?戦慄のパニックミステリー

名声のために罪を犯した過去を恥じ、いまは猟師として各地を旅する「私」。ある日、迷いこんだ村の村長から奇妙な警告を受ける。
『森には、秘薬を作れる「赤ずきん」と呼ばれる少女たちが住んでいる。赤い月の夜、彼女らはオオカミの化け物に喰い殺されるが、決して救おうとしてはならない』と。
だが、出会った「赤ずきん」のひとりに、かつて見殺しにしてしまった少女の面影を見た「私」は、警告を無視して彼女たちを護りぬくことを決意する。
「私」の策は、森の外れの「塔」に、六人の「赤ずきん」とともに朝まで籠城すること。だが、その途中で「私」たちは化け物から思わぬ襲撃を受ける。そうして、「私」は知ることになる。「赤ずきん」のなかに、裏切り者がいることを――。
息詰まる攻防の果てに、「私」は少女たちを護りきれるのか? 第12回小学館ライトノベル大賞・優秀賞受賞。戦慄のパニックミステリー!
色んな童話や伝承をごった煮、というよりもその物語に出てくる記号を名前だけ借りたようなものか。話自体はこれ独自のもので、それぞれの童話などは全然関係ないものね。……関係ないよね? 特に意味が込められてたりとかないよね。「私」がかの人物だった、というのもそれ自体に裏や意味があったように思えないし。あれってあっと驚く展開だったんだろうか。
ハッピーエンドではなく、実はホラーな終わり方だった、という示唆を含んでいる。なんてこともあんまり考えられないし。猟師の「私」の後悔は、狂気に至る前にここの赤ずきんたちを護ることで区切りがついたように見えるわけで、彼のその名前が恐れとともに語られる要因が発生する可能性も乏しいように思えますし。

この中に1人、裏切り者がいる。
赤ずきん全員が意思疎通が不可能と思われる獣に狙われている、という状況で裏切り者ってなんだよ。自分の首締めるだけじゃないか、という当然な疑問が生じるのですが、それもこの赤ずきんの血族が、毎年一日だけ「ジェヴォーダンの獣」に狙われ食い殺される、という状況そのものに秘められていた真実が明らかになるにつれて解消されていきます。
なぜ、どうして、誰がどんな目的で、どうやって、こんな事をやっているのか。あからさまに怪しい動きをしている人なんかも居ますけれど、ちゃんと全部に理由づけがなされていて、謎が紐解かれていくのはミステリーとして、なかなか整然としていて面白かったです。
ただ、赤ずきん個人個人に関しては掘り下げも少なく、それぞれの人間関係ももひとつ踏み込みが足りなかったせいか、表面をさらったくらいの感触でしか無くキャラクターに対してあんまり関心を寄せることは叶いませんでした。黒幕の正体についても、あんまりサプライズでもありませんでしたし。いやなんちゅうか、ポディション的にあからさますぎません?(苦笑
とはいえ、作中では殆ど怪しい素振りを見せなかった、というのはそれだけ作中の登場人物たちに怪しまれない、という意味でもあり、あれだけ切羽詰まった状況で精神的に追い詰められている場面では、そりゃ怪しいやつから怪しまれるのは当然だしなあ。
当面の脅威であるジェヴォーダンの獣からして、ただの怪物ではなく狡猾どころではない立ち回りで迫ってきますし、一度ならずちゃぶ台をひっくり返される展開もあり、ただのミステリーではなくパニックミステリーという肩書に相応しい緊迫感が最後まで続いていて、手に汗握るものがありました。