ファイフステル・サーガ 再臨の魔王と聖女の傭兵団 (ファンタジア文庫)

【ファイフステル・サーガ 再臨の魔王と聖女の傭兵団】 師走 トオル/有坂 あこ 富士見ファンタジア文庫

Amazon
Kindle B☆W

「わたしも、あなたを夫として受け入れるわ」
これより二年の後、古の魔王再臨し、人類は滅ぶ。絶望の未来を塗り替えるため、“アレンヘムの聖女”セシリアと婚約し、最強の傭兵団“狂嗤の団”の団長となる道を選んだカレル。“アレンヘムの聖女”が持つ『自分の死を夢見る』という悪夢に希望の力を見いだしたカレルは、死の運命を回避する力を持った英雄として五芒国平定のため動き出す。一方その頃、幼くして女王の座を引き継いだ妹のため、暗愚を演じ続けていた王子ヴェッセルも権謀術数に長けた英雄として歴史の表舞台に姿を現す。玉座の頂を目指す英雄たちの叙事詩が今、幕を開ける!
ダブル主人公かぁ!
師走トオルさんの手がける戦記モノとしては【火の国、風の国物語】以来となるので随分久々となるので楽しみではあったのですが、まさかの主人公二人。しかも、普通は二人主人公制だと当の二人を好敵手として対立線上に置くパターンが多いのだけれど、本作での国際情勢を見ているとどうも最初から協力路線を辿りそうなのである。ただ表立って堂々と同盟を結んで、とはいかなさそうなんですよね。カレルの陣営もヴェッセルの陣営も強大とは程遠いどちらかというと弱小寄りの勢力であって、国際情勢のパワーゲームの中で決してイニシアティブを握れる立場にはない。だからこそ、ヴェッセルの方は影で暗躍して謀略を巡らすことで主導権を手繰り寄せようとし、カレルの方は強力ではあっても数量、国力の規模から絶対的な劣勢にある上に大国から標的にされて狙われているところを、策略を駆使してちゃぶ台をひっくり返そうとしている。
両者の喫緊の目標、生き残りと突出した大国の勢力を削る、というところが合致しているだけに、表立って手を結ぶと出る杭は打たれるの法則であっちこっちから叩かれかねないので、裏で協力体制を築こう、という流れになってるんですね。
この展開からわかるように、カレルもヴェッセルも圧倒的な武力によって相手を叩き潰す将軍タイプではなく、手練手管を駆使して優位を手繰り寄せていく智将であり政治家なのである。ダブル主人公二人ともがこういうタイプ、というのも珍しいんじゃないでしょうか。それに二人ともカリスマでみんなを引っ張っていくタイプでもなく、もちろん周囲の面々から認められるだけのものは持ってないといけないけれど、指導者としてのカリスマという点から見ると、二人とも相方である「アレンヘムの聖女」セシリアと女王マリアンというヒロイン側に頼っている、というのも面白い。
最終的な目的である、魔王復活に際して人類側の戦力を結集する、という点、特に魔王の復活に対してなんとか対応しなくてはならない、というところでカレルもヴェッセルも一致しているだけに、最後は雌雄を決する、なんて定番の展開にならず一筋縄でいかない共闘関係というのが複雑怪奇に成立しそうな感じで、非常に興味深い流れであります。
二人とも図らずして、少なくとも本人たちはそのつもりがなかったのにそれぞれ組織のトップに祭り上げられた、というところで共通していて、そのやる気原動力動機の少なくない部分にセシリア、妹のマリアンを守りたい、助けたいという野心とは異なる意気があるところなんぞも主人公らしさがあっていい感じですし。
いい感じと言えば、セシリアとカレル、最初は完全に政略結婚という形ではじまるんですよね。これもまた珍しいものなんだけれど、聖女の能力にも絡んでくるのだけれどお互いちゃんと心寄せていき惹かれ合っていく展開が丁寧に描かれているのも良いんですよね。
セシリアがカレルを信じて、またカレルがセシリアの強さに惹かれていくところなんぞも、聖女の能力の過酷さと相まって、非常に説得力がありますし。カレルのあの年相応な好きになった女の子のために頑張る男の子、的な可愛げがまた愛で甲斐のあるところで。結構シスコンなヴェッセルとともに二人して魅力的な主人公なだけに、これは期待のシリーズとなりそうです。たのしみたのしみ。

師走トオル作品感想