暗殺拳はチートに含まれますか?3 ~彼女と目指す最強ゲーマー~ (ファンタジア文庫)

【暗殺拳はチートに含まれますか? 3 ~彼女と目指す最強ゲーマー~】渡葉たびびと/きただ りょうま 富士見ファンタジア文庫

Amazon
Kindle B☆W

ゲーム三昧の恋人ライフを送る俺と葵の前に、実家で暮らす妹・二葉が現れた!恋人生活に興味津々な二葉のアドバイスに、葵は―「裸エプロン…鋭一、よろこんだ…!」勘違い全開で、イチャイチャもさらに加速する!?その頃、巷ではチートプレイヤー出現の噂が!?強豪ライバルたちが敗れていく中、チーターの正体に二葉が関わっていることが判明して…!?バトルロイヤルの開催が決定し、犯人を捕らえるため、そして、二葉のために、俺と葵も参戦することになったけど―。暗殺拳VSチート、勝つのは…!?
あー、ちょっとこれは打ち切りっぽいなあ。ラストのシメの文章もそうだけれど、全体の展開的にもマトメに入っていましたし。
ただやはりその分、話の展開の方に比重が寄ってしまってキャラを魅せる、というあたりが前巻までに比べると随分と薄味になってしまっている。特に、一番のキラーコンテンツである葵がもう一つスポットが当たりきらずにもったいないことになってたんですよね。バトルの面でもラブコメの面でも。
主軸としてタイトルと絡めた意味もあるだろうチーターとの対決と、もう一度改めて鋭一と葵の恋人関係を洗い直すという部分があったんだろうけれど、そもそも葵との関係って既にもうラブラブもいいところで葵の認識が特殊であろうとこのふたりのカタチで完成はしてたんですよね。そこをもう一度鋭一がもやもやを覚えて関係をはっきりさせたい、と思い始めるのに前振りとなるものがあまり感じられなくて唐突な感じすらするのです。本来ならシリーズ続いた上で二人の関係に大きく揺れるものがあって、そこでお互いの関係を見つめ直す機会というのが訪れてこそ、関係の再認識というものは必要になってくるはずなのですけれど、今回のそれは無理やり終わりに向けてねじ込んできたみたいな不自然な感じがしてしまって、ちょっと余分だったような気がします。その話の展開を持ち込むなら、前回のアカリが二人の間に割って入ってきたときに何らかの形で動きがあって然るべきようにも思えますし。
あと肝心のチーターとの対決が個人的には盛り上がりにかけたんですよね。次々とこれまで出てきたキャラクターを撃破していくファントムのそれは、ゲームのルールを逸脱したもので正しく「ズル」でしかなくて強大な敵が現れた、という感触ではありませんでした。倒される側もほぼ一方的でしたし、やられながらも最後に託していくという展開もHPは削っていって貢献はしてたかもしれないけれど、一矢報いるというよりも学習能力に寄って善戦しても最後は完敗される、という感じでカタルシスを感じるものではありませんでしたし、せっかく前までに出てきたキャラクターたちが全然活かされないまま消費されてしまった感じで。
本作の目玉である葵の戦闘演出についても、今回はほぼ目立たない形になっちゃってましたし。最後の鋭一のそれは主人公の面目躍如ではありましたけれど。
きれいにまとまってはいましたけれど、全体的にフワフワッとしていて前巻までに作り上げられていたしっかりとした土台を踏みしめたドッシリとした感じが掴めなくて、なんとも印象に残りにくい薄味の仕上げになってしまっていたかなあ、というのが正直なところです。
なにはともあれ、一番映えるべき葵という強力な素材が今回は殆ど機能していなかったっぽいのが辛い。これで本当にシリーズ終わりというのは、なんとも未練が残るところです。個人的にも前巻までクリティカルヒットな作品だっただけに。

1巻 2巻感想