柳生但馬守宗矩というと、剣術家としてのイメージでは他の柳生親族から一歩劣る感じだったんですよね。
柳生但馬がそれだけ政治家、組織人としての才を強く見せていたこともあるのでしょう。一代で大名にまで成り上がり、往年の時代劇で大いに活躍した秘密警察的な密偵組織としての「裏柳生」なんてのは創作ですけれど、御庭番衆とはまた別の徳川家の諜報組織の元締め、なんて印象が残ってましたし。

自分の時代だと、やはり柳生十兵衛、尾張柳生の柳生連也斎、剣聖上泉から学んだ柳生石舟斎などと言った面子の方が剣士としては上、というイメージだったんですよね。
だから、英霊として出てきたのが柳生宗矩だった、というのは結構意外だったんですよ。実際、資料などに大坂夏の陣で徳川秀忠守ってその剣腕を見せたことは残っているそうですけれど。
柳生って言ったら、圧倒的に柳生十兵衛の方が有名ですもんねえ。

しかし、このシナリオのメインである武蔵ちゃんの対となる最適なる敵としては、十兵衛ちゃんよりも静謐にして硬質、無念無想にして剣禅一如。いわば完成している柳生但馬の方がピッタリだったんだなあ、と。
多分、十兵衛ちゃんだと武蔵ちゃんと被るんだよね。
とはいえ、まさかここまでくっきりと、武蔵ちゃんが十兵衛ちゃんの役割を担うとは思わんかったけれど。段蔵ちゃんとの戦闘において右目を負傷し、眼帯で片目を覆い隠して隻眼となった武蔵ちゃん。
完全に魔界転生における柳生十兵衛の役である。

りゅーたんとの戦闘自体は、うちアーチャーが質量ともに充実しているので、巴御前と水着アルトリアで充分痛めつけたあとに、アルテミスとエウリュアレの男性拒絶矢の宝具連発で一気に始末させていただきました。ほんとなら、アルテミスやエウリュアレにしばかれるタイプの男男した男性じゃなくて、いい加減枯れたお爺ちゃんなのに男性特攻でボコボコにして正直ごめんなさい、な気分でしたけれど。


天草くんも、BBちゃんをフレンドで借りて、あとは力押しで撃滅。なんか小太郎くんが天草くんには色々と思う所あった様子だったのだけれど、あとで調べてみると結構イベントなんかで一緒になる機会多かったのか。カルデアにいる天草くんとは仲良いだけに、この天草くんは許せなかったのか。
ってか、本来のラスボスである天草くん、殆ど村雨爺ちゃんがいいとこ取りでやっつけちゃったんですけど。美味しいところ持ってったなあ!! しかも、一番ド派手に城を真っ二つにぶった切ってと見せ場たっぷりでしたし。
これは、村雨爺ちゃんの召喚が待ち侘びられているのも無理からぬ。

そして、未熟であり本来の宮本武蔵からは程遠かった女新免武蔵の剣士としての完成。空への至り。
そうか、至ったからには終わらなけれればならないのか。
それは、男の宮本武蔵の終焉ともリンクしている、というのがまた儚くも救いがあって胸に来るんですよね。
ラストの在り得なかったはずの佐々木小次郎との運命の激突は、両者にとっての在り得なかったはずの理想であり、運命の実現であり、この剣の交わりが行えた、ということが座を通じてすべての名無しの佐々木小次郎に共有された、というのは……なんか、最初のFateからこの佐々木小次郎の涼やかな心残りを知っている身とすれば、感慨深い以上の何者でもないんですよねえ。
本来何者でもなかったはずの彼が、ついに空に至った宮本武蔵と決闘した無限に至った佐々木小次郎として成ったのである。

この武蔵と小次郎の決闘は、英霊剣豪七番勝負のオマージュの元となった魔界転生のラスト、柳生十兵衛と宮本武蔵の決闘の再現であると同時に、その魔界転生の十兵衛と武蔵の決闘のオマージュであったとされる吉川英治の宮本武蔵と佐々木小次郎の決闘への反転回帰になっていて……。これ、魔界転生への最高の返礼でもあるんだろうなあ。

世界漂流者、或いは幾つもの世界を旅するストレンジャーとして様々な世界を渡り歩いてきた武蔵ちゃん。本来変えるべき世界を剪定され、故郷なき旅人として生きているのか死んでいるのかわからない存在として成っていた武蔵ちゃん。
それでも彼女は英霊ではなく、ただの剣士として生きて、ぐだ子たちを助けてくれていたのである。
彼女は人であった。生きた人間であった。
そうして、その旅の果てに果てに至った戦いの、剣の理のすべてを見届けて貰った上でその末路すら看取って貰ったのである。
今まで、様々な英霊、サーヴァントが出てきたし、召喚してきたけれど、こうしてマスターの前で生きて果てて、その足で英霊と成って再び戻ってきたサーヴァントは初めてなんじゃなかろうか。
エミヤは、時間的に偏差があるし若干話が違うだろう。
武蔵ちゃんの場合は、文字通りぐだ子との旅によって英霊の座に至るだけの存在の格を育んだ、とも言っていいわけで、マスターとサーヴァントとして無二の関係なんですよねえ。

……これで、武蔵ちゃんがうちのカルデアに居ないって、なんかおかしくないですか!?
スカディ・ガチャ。一部七章までのPUが付随しているのに何故か亜種特異点はないんですか、そうですか!
とにかく、ともあれ、実に歯ごたえのあるお話で面白かったです。やってよかった英霊剣豪。なんでかうちのカルデアでは、英霊剣豪シナリオの鯖が初期からもたくさん来てくれて主力を担い続けてくれていたこともあり、親近感があっただけに、たいへん楽しくもありました。
ようやく、インフェルノさんの真名と宝具開放できましたし。よかったよかった。

さて、次はサマフェス挟んでセイレムだ。