忘却のカナタ 探偵は忘れた頃にやってくる (ファンタジア文庫)

【忘却のカナタ 探偵は忘れた頃にやってくる】 新井輝/ヤスダ スズヒト 富士見ファンタジア文庫

Amazon
Kindle B☆W

「気付けば彼のことを私はヒーローだと感じていた」
忘却社。12階建てのビルの13階にあると噂の探偵事務所には、本当に助けを求めている依頼者だけがたどり着けるという。ヒーローに憧れる女子高生・三倉咲夜は、クラスメイトのストーカー被害を調査するため、誘われるようにここへ迷い込んだ。そこで出会ったのは、社長代行を名乗る青年・岬翼。彼は他人の自己意識の世界“固有世界”に侵入し、問題を解決する“忘却探偵”だった―。忘れがたい者たちが集う新宿歌舞伎町を舞台に、現実と記憶を駆け巡るニューヒーローの物語が今始まる。

12階建てビルの13階、というと同じ新井輝さんの【ROOM NO.1301】が思い出される。あれもまた、幽霊ビルの存在しないフロア。特定の条件に合わさった人物しかたどり着けない13階のフロアを舞台にした物語だった。
まさか、同じマンション? とあらすじを読んだときには想像してしまったのだけれど、どうやらそこのところは全然関係ないらしい。少なくともあのマンションの件のフロアには床屋はなかった、うんなかった。登場人物も全然関係していないようですし。
さて、昨今の探偵は大変良く謎を解いて犯人を見つける活動に勤しむタイプが跳梁跋扈していますが、彼……自称岬翼(床屋の古ぼけた本棚にはキャプテン翼の単行本が)は江戸川乱歩の明智小五郎のような冒険小説で活躍するタイプの探偵であって、別にミステリーのように犯人探しをするわけでは……あれ? でもちゃんとストーカーの正体を突き止めてましたから、犯人探しはしているのか。
「固有世界」という他人の世界に意識世界に入り込む異能力や翼くん自身のなかなかに荒っぽい行動が印象的であったためか、探偵らしい活動についてはとんと意識の外でした。犯人の動機やらを突き止めるよりも、その後の大ピンチからの激しい動的なシーンの連続のインパクトが強かったですしね。
しかし、かと言って翼くんを探偵ではなく、お嬢がイメージしているようなヒーローとして認識するのもいささか難しい。少々胡散臭いところがあるのだ、彼。
そもそも、彼が一体何者なのかがよくわからない。どうしてここで忘却探偵なんぞをやっているのかもわからないし、彼に関する過去も現在も未来もよくわからない。彼にまつわる人間関係も先代忘却探偵だという火村さんとの関係もよくわからない。
彼の人となりがわからない。
まあ、わからないのは彼に限らないんですけどね。幾人もの登場人物が出るにも関わらず、その誰もが妙に中途半端な背景をちらつかせるだけで、肝心のその人がどういう人なのか、物語においてどういう立ち位置でどう関わってくるのか、というのが全然見えてこないんですよね。全体的に関わりやつながりがありそうなことは匂わせつつ、詳しい話どころか触りすら殆ど不明。
とにかくこう……全体的にバランスが悪いというか、スタートの配列が悪いというか、登場人物全員が孤立してスタンドアロン化してしまってて、漠然とした全体像も中心となるべき芯もとっちらかってよくわからない、という物語になってしまっている。とかく、出す情報が小出しすぎて、その一つ一つの意味がさっぱりわからない、というのが大きいんですよね。それぞれを繋げて全体像かストーリーラインを曖昧模糊でも想像想定できたらいいんだろうけれど、それすらし難いほどに小出しすぎるというべきか。冒頭の、おそらく未来の様子と思しきプロローグのみんなが勢揃いしているシーンもこうなるとなんじゃらほい、って感じですし。
お嬢様こと三倉咲夜という子は育ちの良い上流階級の御令嬢という立場にも関わらず、正義感が強く行動派で、同時にヒーローに憧れる子供っぽさ、或いは乙女なところが強く在るというヒロインとして強度の強いキャラなんですよね。こういうガンガン前に進みながらも、女の子らしい柔らかな心持ちをしている子は、物語の牽引役としても稀有な引き手だけに彼女にはなんとか作品全体を引っ張ってもらって、このとっちらかってる現状を収束させてほしいものであります。この巻もある意味彼女の独壇場みたいなものでしたしねえ。というか、彼女しか物語の登場人物として明確な仕事をしてなかったという感じかも。

新井輝作品感想